2009年11月30日

三塁手(サード)

高校入学以降、この秋の大会までずっとキャッチャーのゲンジ。
しかしチーム事情でサードでの起用が増えてきました。

春の大会は2年生がサードのレギュラーでした。
しかし夏の大会は1年生が抜擢された。
荒削りな面もあるのですが、将来性を買われたのでしょう。

秋の公式戦も同じ布陣で挑んだのですが・・
前後の練習試合も含め、内野のエラーが目立っていたんです。
特に2年生でレギュラー格の2人が不振。

前述の1年生レギュラーも安定した結果を残せず、
監督も大規模なコンバートに着手。

テスト的にゲンジをサードで起用。無難な結果を残し、
以後はそのポジションが固定されつつある。

勿論、私もゲンジ本人もキャッチャーが第一志望。
ゲンジの代わりに捕手を務めている1年生、
肩に難があり盗塁阻止率が低い。

父兄同士の雑談の中でも、今回のテストには反響も大きい。
大半はゲンジをキャッチャーに と推す方が多い。
ただ内野の守備で試合を落としてきた事実もある・・

野球はセンターライン重視。こういう傾向が多いのは、
先日エントリーした【ポジションの優先順位は?】↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/132756440.html

この時のコメントでもそれは明らか。
その優位性を崩してまで、ゲンジをサードに置く起用は
私自身の考えとしては疑問符がつく・・

そうはいっても起用は監督の権限。
こちらも強く物言いは出来ないので、ある程度は従うしかない。

思い起こせばこのサード、中学軟式のチームの時も
ここがウイークポイントでした。
どの子を起用しても、ファーストへの悪送球が多かったですね。

今回のコンバートも、一番の原因はやはり悪送球。
ゲンジは不慣れなポジションではありますが、
ダッシュと送球は及第点。後はカバーリングや細かい面で課題も多い。

強烈な打球が襲ってくる。またバントの時は前に出なければならない。
サードは長嶋茂雄さんの影響か、華のあるポジション。
そんなイメージが私の世代では多く抱いているかもしれない。

この冬はこのサード、キャッチャー、そしてピッチャーの練習が目標か。
来春の大会ではどこを守っているのか?

現選手の底上げがあるか、新1年生で有望な内野手が入学するか?
これらの部分でゲンジがどこに入るのか、決まってくるかもしれません。

くどいようですが、私はキャッチャーを諦めていません (^_^;)
実力で奪われたなら納得ですが、そうでないなら、やはりゲンジが捕手の座に座らないと。
そうしないと勝てない・・ 自惚れかもしれませんが、私はそう思ってます。



posted by ドラ夫 at 10:11| Comment(29) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 そうですよね!
 ゲンジ君以上のキャッチャーがいないのなら、
やっぱりゲンジ君がそこに座るべきだと…
…思うのですけれど…。
 サードの悪送球が敗因だというなら、
サードの送球練習を徹底してやる…とか…
それじゃあ駄目なんですかねぇ?
Posted by でぃあ at 2009年11月30日 10:23
>そうしないと勝てない・・ 自惚れかもしれま せんが、私はそう思ってます。

そのくらいに思ってていいんじゃないでしょうか。だって、野球を始めた時からどんな時もゲンジ君と苦楽を共に過ごして来たドラ夫さんだもん。

悪送球を続けるとどうしてもその悪いイメージが潜在意識の中にインプットされてしまいますよね。次男のチームには外野手で悪送球を繰り返してしまう選手が居たのですが、彼の場合は送球時のリリースポイントがバラバラなのが原因です。
キャッチボールを普段から意識してやれ!と毎回注意されていましたが、結局直らず終いでした。

ゲンジ君のところの内野手の悪送球の原因は何なのでしょうね。
Posted by ハッシー at 2009年11月30日 11:20
監督さんに、どんな考えがあるのでしょうねぇ〜!?
チーム事情もいろいろあるでしょうし、難しいですね。
私もゲンジ君のキャッチャーを期待します。
Posted by ヨウボン at 2009年11月30日 11:36
ゲンジ君のキャッチャーは、本当は監督さんが一番希望されているのではないでしょうか。

キャッチャーを軸にポジションを決めていくと、どうしても弱点のサードに行きつく。

サードを強化した布陣を考えると、キャッチャーの肩を犠牲にしなければならない。

盗塁、サードゴロ捕球、送球のリスクのうち
どれを優先的に改善したら勝利に結びつくか、
監督さんは悩んでいるのでしょうね。

やはり内野ゴロでアウトカウントを稼げる時に、
確実に稼ぐことを優先的に考えているように思いますね。

「よしっ」と思った内野ゴロをエラーしたり、
悪送球したりしてランナーを残すことが一番苦しいのかもしれません。

盗塁は塁に出さなければ・・・という考えもあるかもしれません。

内野ゴロを確実にアウトにすること・・・ウチの息子も監督に言われているようです。

Posted by 高校野球.com at 2009年11月30日 12:46
何となく、監督さんの考えに納得。
ゲンジ君という保険があるうちに
1年キャッチャー君を育てたいんじゃないですかね。
キャッチャーって難しいですから。
本番では、キャッチャーで行くんじゃないですかね。
全然、違ったりして(^^ゞ
Posted by 穴金空歩人 at 2009年11月30日 13:13
ゲンジ君はキャッチャーで行くべきでしょう。

ところで悪送球の原因はナンでしょう?
中学まではサードからワンバン送球もOKだったのですが、
高校になるとノーバン送球を要求されていました。
遠い目標に速い球でストライクを投げなければならないというプレッシャーが、
悪送球(送球イップス)を生むのではないのでしょうか?
もちろん正確なキャッチボールの方法を教えることも大切ですが、
最初はワンバンでもOKというところから、
徐々に慣らしていけば良いのではと思います。
Posted by よっぴーの父さん at 2009年11月30日 21:31
ひょっとして、ゲンジ君の守備負担を減らして、打撃アップの効果をも狙っていませんかね?
次世代の捕手を育てつつ、得点力アップも視野に入れるって感じ。
で、最終的にはゲンジ君が捕手の位置に戻る気がするなぁ。
Posted by スマイルヒット at 2009年11月30日 22:08
チーム事情、監督さんの考え方・・・色々とありますもんね。
このブログを長く読ませていただいてる私としても、ゲンジ君=キャッチャー、というイメージがありますので、サードへのコンバートというのは非常に意外な感じを受けちゃいます。
ゲンジ君の場合、どのポジションでも、チームを引っ張っていく立場であることには変わりはないと思いますので、頑張って欲しいです。
Posted by PAT at 2009年11月30日 22:56
チーム事情の詳しいドラ夫さんが、ゲンジ君を捕手に押しているのだから、その方がしっくりくるのでしょう。

個人的には、ピッチャーのゲンジ君がいいなぁ〜
肩が良いのですから!
でも何処を守るにせよ、中軸としてチームをしっかり引っ張って行って甲子園に挑戦ですね!!

Posted by ケロの父 at 2009年12月01日 10:13
 ゲンジ君の代わりの捕手(1年生)は、「肩に難があり盗塁阻止率が低い」とのことですが、普通のキャッチングと3盗阻止もペケなのでしょうか?サードへの打球処理が統計的に多いと監督が判断されているのであれば、打撃をもっと磨いて、A・ロッドになるという道もありますよ!ドラ夫さんのお気持ちは解ります。捕手は魅力的です。が、チームに頼られていることはもっと大事ではないでしょうか?
Posted by DAN at 2009年12月01日 16:48
詳しい事情がわからないので想像ですが
ケンジ君をサードにコンバートして現サードの
子達をあおっているということはありませんか?

ただその子達が既に何処かにコンバートされていたらその可能性は無くなってしまうんですが。
^^;
サードは危機感、キャッチャーはチャンスを与えてみるという考えなのかな?と思い書き込ませて頂きました。
Posted by 父だぬき at 2009年12月01日 21:56
九州の名も実績もない高校一年野球小僧の父です。


福岡の西日本スポーツ新聞(11/ 30)に、ホークスドラフト2位指名川原弘之投手(185kg79Cm)
福岡大濠高校(早稲田大学大石投手の母校でもあります)

川原投手の父の言葉


「夢は数年では叶わない。 10年は言い続けてみろ。 たゆまぬ努力をすれば
夢は現実になるんだ。」

と川原投手が、小学生時代から、苦しいとき、励みにした言葉として、記載されていました、


サードVSキャッチャー論、気持ちが解るたけに…、残念です。

野球は、相手より、1点多く点数を取るケームです。
ヒットを10本打つことではありません。
ヒット0本、三振27うばわれたとしても、1点相手よりおおければ、勝ちです。

監督は、特に高校野球の監督さんは、夏に何とか、なんとか勝たしてやりたいと、高校球児を鍛えています。 監督を信じる。それが、高校球児のバイブルではないかと、私は考えています。
Posted by 九州の高校一年野球小僧の父 at 2009年12月02日 10:38
【ポールパークいっぱいの笑顔】


自分の子供は、かわいいです。野球をしてくれていたら、なおさら、可愛いです。

野球は、もしかしたら個人競技の集まりかも知れません。
でも、チームの力で勝つ、

だから、私は
、野球が好きです。


ボヤボヤしていたら、来年は、サッカー南アフリカワールドカップの影響で、
少子化の中、サッカー少年ばかりになってしまいますよ。(実際、少年野球部員集め大変だったでしょう)

野球少年を、いっばいにして、楽しいボールパークにしましょうよ。


高校野球、
スタメン9名。メンバー登録20名(甲子園は18名)

背番号なき、されど誇り高き仲間達が応援している姿、仲間に願いを託せる、ともに、戦っている誇り高き球児も。


私は、大好きです。


ステキではありませんか。
Posted by 九州の高校一年野球小僧の父 at 2009年12月02日 13:21
でぃあさん ありがとうございます。

えぇ・・ 私ももう少しサード候補だった選手を鍛えてみたら? と思うんです。
見極めが早いというか、簡単に見捨てないでほしいのですがね・・


Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 15:50
ハッシーさん ありがとうございます。

やはり捕手への拘り、長くやってきてますから、
簡単には引き下がれないかな (^_^;)
送球難、どのチームでもあるようですね。
中学の時も塁間のボール廻しを何度もやりました。
気持ちの問題もありそうですねぇ。。。


Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 15:53
ヨウボンさん ありがとうございます。

色んなお考えがあるでしょうが、浸透するまで時間がかかりそうです・・


Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 15:55
高校野球.comさん ありがとうございます。

内情をバラしますが、秋の大会も大事なところで連続エラーがあったんです・・
送球ですが、上手いファーストなら捕球できる程度のもの。
なのでサードばかりを責めるのも酷。私はそんな想いでした。
ご指摘のように、打ち取ったゴロは確実にアウトを稼ぎたいもの。
人数はそこそこいますが、層がまだ薄いのかもしれません・・


Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 16:00
穴金空歩人さん ありがとうございます。

はい。私もそう思いたいです。
この秋だけの限定の布陣と (^_^;)

Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 16:02
よっぴーの父さん ありがとうございます。

>中学まではサードからワンバン送球もOKだったのですが、
高校になるとノーバン送球を要求されていました。

↑ 私もそう思いました。高校ではワンバン送球はあまり見ないですね。
軟球の時は敢えてワンバンで投げさせたものですが。
苦手な部分をどんどん練習で克服してほしいのですが、それをやる前にコンバートするので、ちょっと変だな とは思います・・


Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 16:08
スマイルヒットさん ありがとうございます。

確かに守備の負担はキャッチャーは大変ですね。
息子もサードのほうが身体は楽 そう申しておりました^^
それで打つほうも負担が減るならいいですが、
そう簡単にはいかないでしょうね (^_^;)


Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 16:11
PATさん ありがとうございます。

はい。やはりブログのイメージからするとキャッチャーですよね^^
でも息子も中心選手の一人ですから、どこを守っていても引っ張る力は発揮してもらいたいです。


Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 16:16
ほんとにお久しぶりです。
いつも読ませていただいてはいるんですよ。
まず、ゲンジ君と同級の我が息子の近況から。
1年から主軸を打たせてもらっている息子は順調に育ち、今は4番を任されてます。
ただ、1年で正捕手をとったあと、すぐに肩を故障。そのままファーストを守っています。
1年のときは最後の打席が終わると守備固めの子と交代。
それまでは守備の要であったのに、なかなか苦悩してたみたいです(笑)。
でも、それでよかったと思ってます。
ひどかった内野ノックも今は無難にこなすようになりましたし(笑)。
ゲンジ君、たぶん春からはまた普通にミット持って座ってますよ(笑)。
指導者もそれは判ってる上での、今の時期でこそのシャッフルだと思います。
理由のひとつはチームのため。
チームすみずみまでの戦力を底上げする時期は今の時期から3月まででしょう。
現に尻に火がついて危機感を持った子もあらわれているでしょうし。
ふたつめは、ゲンジ君自身のためだとおもいます。
上のステージで早く試合にでるためにはツーポジション。
なおかつ捕手と内野手の二足のわらじ。かなり有利です。
同級生にプロ級のキャッチがいたら4年間冷や飯ですしね・・。
監督は、ゲンジのためだ、とプラスにしか考えてませんよ。
上で野球をやる子、又は上で野球ができる子と思ってるからこその二つめのポジションです。
現状知らずの、外野の意見ですけど、春にはいるべき所にちゃんと戻っているはずです。
ところでおたがい、本当にあと少しですね。
こうと解っていれば男の子もう一人作っときゃよかった(泣)。
Posted by どかべん at 2009年12月02日 17:31
ケロの父さん ありがとうございます。

本文中ではキャッチャーに拘りを持っている私ですが、
かすかなな想いでは投手にも・・ と思ってます^^
まずは目標140キロ これは現状では可能な数字だと聞いております。
なのでそちらも楽しみにしてます^^


Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 18:19
DANさん ありがとうございます。

守備の負担が減れば、打撃にも少しは専念できますよね。
ここは利点の一つだと思ってます。息子にもそのように伝えてあります。
ある意味、プレッシャーをかけているんですがね^^
主軸として期待は大きいです。負けずに頑張ってもらいたいです^^


Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 18:22
父だぬきさん ありがとうございます。

まさにご指摘の通りでして、外された元3塁手候補の選手達、
このまま終わってもらっては困りますよ^^
ゲンジがもし捕手に戻るなら、サードのポジションが空いているわけですからね。
そこはきっちりと狙ってほしい。そう思ってます。


Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 18:25
九州の高校一年野球小僧の父さん ありがとうございます。

今回のエントリー、私も躊躇したんです・・
親のエゴが丸出しではないか?・・と

ご指摘のように、監督は全体を見て考えておられるはず。
野球観の違いはあれど、私の主張は息子主体によるもの。
そう思われても仕方ないですもんね (^_^;)
どこになっても思い切りよく そう息子にも話をしました。
気持ち的な部分で準公式戦では揺れていたのも事実です。
今はもう割り切っている感じです^^

強豪校では部員も多く競争も厳しい。
ポジションより、まずベンチに入るのが目標。
それを思えば息子は現時点ではレギュラー確保組。なので贅沢は言っておれませんよね。

当地でも野球をする子が減ってきています。
なんとか盛り上げていかないと・・

今後もご指導・ご鞭撻、よろしくお願いします。

Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 18:33
どかべんさん ありがとうございます。お久しぶりです^^

まずは息子さん。入学早々から順調のようですね^^
今も4番との事。素晴らしいですね!
ただ肩の故障が気掛かりですね。現在はファーストですか。
故障が癒えたらまた捕手に戻りますかね?

今回の件、息子の野球キャリアを考えれば、悪い話ではない。そう思ってはいます・・
ようするに私のエゴが (^_^;)

どこのポジションも大事。贅沢は言えない。
そう自分に言いきかしています。
春、本当にどうなっているやら^^
もう12月。オフなんて過ぎてしまえばアッという間ですよね。
息子もテストや修学旅行が重なり、ここ最近は練習量も不足気味。
来週から少しペースを上げてやろう そう思ってます。
暇があれば寝転んでゲームしてます・・・

高校野球も残りわずか・・ うちももう一人男の子が欲しかったなぁ^^
孫が出来るまで我慢します (^_^;)

Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 18:42
ケンジ君と親子鷹で、
もっと、もっと、上をめざしてください。

九州の野球小僧の父は、
急に、割り込んで来て、初回から、辛口のコメントを寄せてしまい申し訳なくおもっております。


楽しく、熱く、愛情と、研究熱心なこのblogのぞかせていただいて、たくさんの事を、私自身教えられてきました。ありがとうございます。

ケンジ君は、強く深い愛情の、お父さんを持ち、
【しあわせ者】ですね。


今晩の月きれいです。

お月様と同じように、
野球の神様が、そのがんばり見ていてくれていますよ。
Posted by 九州の高校一年野球小僧の父 at 2009年12月02日 20:02
九州の高校一年野球小僧の父さん ありがとうございます。

辛口なんてとんでもないです^^
真摯なご意見、こちらも有難く思っております。

ブログでこうした交流が持てるのも楽しみの一つ。
これも励みになるんですよ^^

当地も今夜の満月は綺麗に見えてます。

息子が大学でも野球を続けてくれること。
それが今の一番の願いですが、その前に大学に入れるかどうか? ここが肝心ですね (^_^;)

Posted by ドラ夫 at 2009年12月02日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。