2009年10月28日

80点の試合と30点の試合

日曜日は準公式戦が2試合組まれていました。

当初に掲げた目標順位は、緒戦のライバル対決に敗北で厳しい状況。

この日に2連勝すれば、まだ望みは残っていた。
ただ第一試合の相手は俗に言う強豪校。

昨年も同じリーグに入り、コールドで大敗した。
今年は少しでも接戦に持ち込みたいところ。

ところが試合は好ゲームになりました。
エースは上々の立ち上がり。中盤以降も時折ピンチに立つものの、
要所をピシっと締めて得点を許さない。

あわよくば勝てるかも?・・
そんな期待も抱きましたが、8回、ついに失点を許す。
自軍も好機を幾つか作りましたが、決定力不足でした。

僅差の敗戦で悔しいものの、逆によく善戦した。
そんな感じのゲームで、甘口ながら相手を考えれば80点くらいの出来。

休憩を挟んだ第二試合。この相手は俗にいう【勝たなければならない相手】
部員数も少なく、今年の公式戦の実績等を踏まえても、
こちらが有利であるのは明らか。

ここを勝てば最終順位も最低限の目標を確保出来る。
誰もが勝利を確信していたのですが・・

序盤に先制を許すも、直後にすぐ逆転。
同点に追いつかれたのはアンラッキーなポテンヒットですが、
まだまだ選手も保護者も余裕を感じていた。

ところが好機を続けて、これもまたアンラッキーな併殺が続き・・
逆に相手に追加点を奪われ、ズルズルと終盤に・・

最終回も粘りを見せる事なく無得点・・
よもやの敗戦を喫してしまった・・

結構ショックでしたね。愕然としてしまいました。
最初の試合とメンバーはほぼ同じ。
にも関わらず、この試合は無様なもの・・ 30点ですねぇ・・

腰痛で大事をとり、この日は代打のみの出場だったゲンジ。
自分の故障がこの結果を招いた。そのような認識も持ってほしいところ。

それにしても、午前と午後でここまで内容が変わるなんて、
まだまだチームに力が足りませんね。

次は最終戦です。エースを万全の形で投入出来る。
ガムシャラな姿勢を見せてほしいものです。





posted by ドラ夫 at 10:52| Comment(20) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ガムシャラな姿勢を見せてほしいものです

うんうん、そう思います。
今シーズンを気持ちよく終わらせる為にも、選手達のそういう姿見たいですよね。
Posted by ハッシー at 2009年10月28日 11:00
えっ!?
これが同じチーム!?
って思うことよくありますよねぇ。。。。
ほんと野球って分からないですねぇ〜。
Posted by ヨウボン at 2009年10月28日 12:54
1試合目、強豪校との善戦で力を使い果たしちゃったのでしょうか・・・

ホント、最終戦ではスッキリと良い内容で、かつ、勝利が欲しいですね。
Posted by PAT at 2009年10月28日 22:17
お久しぶりです。^^;
久しぶりにブログに戻ってきたら、ゲンジ君の体調不良で驚いています。
こんな時は、こういったチームの現状を客観的に見て、今後の野球に活かす勉強期間にしたいですね。
Posted by スマイルヒット at 2009年10月28日 23:46
よくあるパターンですよね〜…
相手に合わせてしまうというか、見ていて歯痒いもんです。
きっちりと勝ちぬく自力をつけたいですね。
Posted by ズンドコ節 at 2009年10月29日 01:22
1試合目が勝ってれば、2試合目も勢いが衰えずにいけたと思うのですが、
どうしても波に乗り切れなかったというところでしょうか?

試合の流れと言うか歯車と言うか、どちらも元に戻すのは難しいですね。
最終戦に期待しています。
Posted by よっぴーの父さん at 2009年10月29日 09:56
色々な要素があって、そうなるのでしょうが。
強いチームは、この波が高い位置で一定なんでしょうね。

最終戦は、頑張ってもらいたいですね。
Posted by 穴金空歩人 at 2009年10月29日 13:33
中学・高校は周囲環境...
 関係者や指導者で決まっちゃうんですねぇ。。。
実際、個人の意思や希望よりも強い存在で...
 そうそう現実のバケモノへ 個々の力のみで対抗は、できません
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2009年10月29日 14:14
次で最終戦ですか、寂しいですね。

シーズンもオフになるので、この時期に毒を出しておき、課題を冬場に克服して春に大輪の花が咲くことを期待しています。

ゲンジ君、我が息子ケロ共々、この冬場に体をケアして故障を克服したいですね。
Posted by ケロの父 at 2009年10月30日 21:48
保護者さん達は・・・納得いかないですね。

試合に臨む選手全体の「気持ち」が大事ですね。

強豪相手にでも全員がまとまって「勝ちたい!」気持ちが強いと・・・ドラマや奇跡が生まれます。

1試合目負けて、全体の気持ちがまとまらず、「一部のスタメン、選手がただ参加しているだけ」状態だったら、・・・相手につけこまれます。

要は、相手チームより「勝ちたい気持ち」がいかに強いか!・・・どんな相手(強豪や下位など)でも、いつも同じ真剣な気持ちで試合に臨んでいる、こんなチームが理想ですね。

(おごりNG、余裕NG、細心の注意を持って最大の努力が重要!)
Posted by ひろ親 at 2009年10月30日 22:01
ハッシーさん ありがとうございます。

残された時間も少ないですし、終わってからアレコレと後悔はしてほしくないですし、しっかりと考えてほしいものですよね。


Posted by ドラ夫 at 2009年11月01日 18:18
ヨウボンさん ありがとうございます。

もう信じられない光景でした・・
ゲンジの故障も響きました。。。


Posted by ドラ夫 at 2009年11月01日 18:20
PATさん ありがとうございます。

日程が不利だった・・ というのもあるんです。
当たる順番とか。
まぁそれを言い出しても仕方ないんですが、エースを連投させる訳にはいかないので・・


Posted by ドラ夫 at 2009年11月01日 18:22
スマイルヒットさん ありがとうございます。

お久しぶりです。復帰、なによりです^^
どうされたのか心配でしたよ〜
またこれからもよろしくお願いします^^


Posted by ドラ夫 at 2009年11月01日 18:25
ズンドコ節さん ありがとうございます。

ようするにまだまだ地力が無いという事なんですね。
選手がそれを認識し、考えを改めてほしいです。


Posted by ドラ夫 at 2009年11月01日 18:27
よっぴーの父さん ありがとうございます。

ひたむきな姿勢がこのところ見えません。
また不満を言わせてもらうなら、起用面も練習試合の延長 そんな部分もあります。
なので本当の部分で「真剣勝負」 というものも見えてこない。
熱い保護者の一部だけが騒いでいて、現場は・・
という感じなんですよねぇ・・


Posted by ドラ夫 at 2009年11月01日 18:32
穴金空歩人さん ありがとうございます。

選手層やレベルの高さなど、強豪校とそれを比較するのはここでは無意味ですが、
強いところは何かが違う。それは間違いないですね。
自分達はそれを何で補うのか? 
しっかり行動してほしいです。


Posted by ドラ夫 at 2009年11月01日 18:34
ぶっ叩け〜!!さん ありがとうございます。

そうですね。高校生は特に周囲の大人が色んな意味で介入しています。
まだ子供 というのもあるんですが。

菊池君はライオンズでしたね。
将来のメジャー入りを考えるなら、良い球団なんでしょう^^


Posted by ドラ夫 at 2009年11月01日 18:37
ケロの父さん ありがとうございます。

長いオフですよ・・
でも紅白戦が出来る人数がいますので、雪が降るまでは楽しめそうです^^


Posted by ドラ夫 at 2009年11月01日 18:40
ひろ親さん ありがとうございます。

1試合目の5回が終わった時、私は下に降りていき、主将に『この試合は勝てるぞ!』
と檄を飛ばしたんです。選手も気合が入ってました。

2試合目は我々を含めて、やはり油断していたんですね・・
終わった直後は情けなくて・・・
過ぎた時間は戻ってきません。
皆はそれが判っているんでしょうか・・


Posted by ドラ夫 at 2009年11月01日 18:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。