2006年01月25日

3年生の志望校

クラブチームを卒団した3年生達。
高校受験を間近に控えていますが、大まかな志望校が決まりました。

強豪私学へのセレクション合格者は1名。
しかしその合格者は結局は一般の県立校へ受験を決めました。

随分と悩んだようですが、決め手になったのは
『試合に出れる学校』 という部分だそうです。

その私学なら、場合によっては甲子園も狙えます。
ただ、チームは甲子園へ仮に出場出来たとしても、
そのベンチ入りメンバーに入れる保証はありません。

そこは部員数も大所帯。何人かは県外からの野球留学者もいます。
当然 競争は熾烈。ベンチ入りメンバーに入るのは至難の業でしょう。

前述の選手は、どうやらその部分で尻込みをしてしまったのか?

でもこうした考え方も有りかな? と最近は思います。
強豪校で一度も公式戦を体験せず、高校生活を終えるか、
一般校で試合に出るのを選ぶか? 本人と周囲の気持ち次第でしょうか。

チャレンジ精神からすると、強豪校で挑戦してほしいのですが、
現実問題として捉えるなら、悩ましい選択ですよね。

『甲子園』という目標は皆が持つものとは思います。
でもその思い入れの強弱は個人差がありますよね。

選手の能力にも関係してきますし、最悪の事を覚悟の上で飛び込むのか?
甲子園は望めなくても、純粋に「野球」をする環境を選ぶのか?

口で言うのは簡単ですが、その子は相当悩んだ事と思います。
その決断を とやかく言うつもりはありません。

うちも近い将来、こうした選択に悩むでしょうが、
親としての希望を言わせてもらうなら、
ゲンジには試合に出れそうな学校に進んでほしい。

自分の技術レベルに応じた学校。という意味です。
背伸びをしてまで、甲子園には拘ってほしくないです。

ちょっと消極的な考えかもしれませんが、これが私の今の本音です。
私も違う競技ですが、高校時代は部活に明け暮れていました。
ですから そうした部分の悲喜は色々と目の当たりにしてきましたから。

ゲンジがどう考えているか? まだ先の話ですからハッキリしませんが、
その場になったらアドバイスしようと思ってます。

他の卒団生もほとんどは県立。しかもほぼ全員が野球部に入るとの事。
これは嬉しいですね。 高校でも存分に暴れてほしいものです。

まだ受験が終わっていませんから、ちょっと早いかもしれませんが^^
posted by ドラ夫 at 23:49| Comment(27) | TrackBack(0) | 軟式と硬式 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世の中ではこんな本まで出ているようです。

高校野球実力ランキング
甲子園出場を目指す親子のための進学ガイド
http://www.m-port.ne.jp/page047.html
著者は手束仁さん

ドラ夫さんにしても,ゲンジくんにしても,きっと,この類の本には見向きもしないでしょう。
仮に読んだとしても最終的には自分自身が決める事ですしね。

でも,読み物としては面白いかも?と思いました。
Posted by K太父 at 2006年01月26日 00:32
一時はS徳学園としきりに連呼していたまーぼですが、例の事件以来、あまりその学校名を言わなくなってしまいました。

自分の実力と学校のレベルを秤に掛けて、どんな結論を出すのかは人それぞれですから『試合に出られる学校』という選択肢だってアリだと思います。
要はどんな学校を選ぶかではなくて、卒業時に選んでよかったと思える3年間を過ごすかどうかでしょう。毎試合出られてもまったく勝てない高校だったらやっぱりつらいだろうし、甲子園常連校に入って練習についていけず、挫折して野球をやめてしまうなんて事があってもまたつらいだろうし。夢は夢で大事だけど、そのために背伸びしないというのもドラ夫さんの言う通りだと思います。

↑K太父さんの紹介された本、立ち読みしました。私立は良いんですが、県立だと指導者が転勤することがあるから、息子が受験のときにどうかって、その時になってみないとわからなかったりするから、今買ってもどうかと思ってしまいました。

夏の予選の楽しむための資料としては結構おもしろいかなとは思いましたね。
Posted by かに at 2006年01月26日 04:54
おはようございます。今朝も上州名物からっ風には悩まされました(笑)

この話題、私もとても気になっているのです。

先日、ボーイズの見学に行ったことはご存知のことと思います。そのとき私の頭の中に将来のビジョンが垣間見えました。
もし、ねまあがボーイズに行かなかった場合、中学の軟式野球部でしょうから進路は様々ですが、ボーイズに行った場合はある野球有名高校への道が近くなるのです(理由は後日)
仮にもしその有名校がねまあの選択肢に入るほど実力が身についた場合、こちらのブログにある3先生のような悩みをかかえるかもしれないと思いました。
一応ですが今の段階の『夢』はプロです。プロが目標ならそれになるべく有利になる選択を選ぶのが理想だと思います。
でも実際そのころになると自分の実力がプロになるほどのものなのか、「挫折」というと大げさかもしれませんが、誰にも「理想と現実」というものが付きまとうはずですよね。
その3年生の子も自分自身の実力を把握した上での結論だったのでしょう。「理想と現実」とのハザマで親子で悩まれたと思います。

ゲンジくんとドラ夫さんにもすぐに「この日」がやってきますね。この3年生、そしてゲンジくんの選択と申しわけありませんが、我が家のねまあの参考にさせていただきたいと思います。そのときのゲンジくんの判断、ドラ夫さんの心境などお聞かせくださいね。
Posted by ゆうちろ at 2006年01月26日 07:35
私立強豪高で甲子園を狙えるレベルでは確かに大所帯ですよね。私の知っている某大学付属高では、ベンチ入りメンバーでない2軍?選手の方が試合に出られる機会が多く、甲子園を狙えるメンバーに選ばれなくてもいいからと受験する野球児が多いです。甲子園を狙うメンバーでなくても練習は一緒であればかなりの技術を学べるでしょうし、2軍とは言葉がよくないかも知れませんが、そういう選択もありだと思います。また、高校で硬式でなく軟式野球部も存在するところもありますし、硬式に拘りがなければ軟式だっていいですよね。
Posted by たんぽぽパパ at 2006年01月26日 08:18
ここでの選択って想像を絶します・・
我が子がこの時期に来たら、どうなってるんだろう?
ゆうちろさんの仰るように
年齢はまったく違いますが我が子にすり合わせながら、参考にさせて頂きたいと思っています。
他人の人生の大きな決断を参考に・・・と
不謹慎かもしれないですが、お許しを頂きたく・・・

でもまだまだ期間があります・・・
こういう悩みなどまったくなくなるくらいの、更なる飛躍を期待します(^_^)
Posted by Shin at 2006年01月26日 10:54
クラブチームを卒団した3年生達がほぼみんな野球を続けてくれると言うのは嬉しいですね。
2年後、ゲンジ君は強豪私学を選択するのか、公立高校を選択するのか、コーチに右打ち4番を宣言したゲンジ君の性格を考えるとその経緯もまた楽しみでもあります。

先日OBで公立高校を選んだ子のお父さんに質問してみました。そのお父さんが言うには、息子はずっとキャッチャーだったんだけど、キャッチャーを欲しがる高校は多いんだよ。強豪校からスカウトも来たけれど、結局は母親が、私はあんたが3年間応援席にいる姿は見たくない。弱くてもいいからグラウンドにいるあんたの姿を見ていたい。と言ったそうです。

お父さんの方は息子さんの意見を尊重しようと思ったらしいですけど、結局は母親の意見が尊重されたようですね。

どちらが良かったのかは、未だに分からないって言ってました。ただ、やっぱり上を目指すなら、設備が整っていて、いい指導者のいる学校を選んだ方が近道なんじゃないかな〜とも・・・。

その前に、ウチは1年後中学で野球を続けるかの方が先決問題ですけどね(笑)
Posted by ハッシー at 2006年01月26日 11:32
この手の悩みは硬式系クラブチームでは恒例となっています(笑)。
世に誤解されている事として「あの硬式チームに行けば、あの高校へ推薦してもらえ、入学できる」ということです。
正直なところ、あたってもいますが、はずれてもいます。
といいますのも、先の言葉を正確に言うならば
「あの硬式チームに行けば、あの高校への紹介はできるので、セレクションを受けることができる「可能性」が高い」
ですね。(実質のセレクションは非公式ですから、公募はありません)
その目指す高校へセレクションを受ける場合、中学チーム側で「必ず大丈夫だろう子」は問題ないのですが、「この子はちょっと、そこまでは・・・」の場合が悩みます。つまり、チームと高校側との関係で合格にしてもらえる可能性が高いが、レギュラー(もしくはベンチ入り)は無理だろう・・・という場合ですね。中学チームによっては実績作りのために、それでも無理やり入れてしまうこともあります(本人もどうしても頑張りたい前提で)。
このとき、相手高校のチーム状態と監督によって「伸びる」か「潰される」かのどちらかです。
つまり、見込みのない子でも見てもらえるチャンス(またはちゃんと練習させてもらえるか)がめぐるチームか、全くそれがないチームか、ですね。 大量に入部OKとする強豪高校の中には、入学前の段階(現時点)で内定者を1〜3軍にわけています。もちろん、2,3軍の子はそれを知りませんが、入学直前にそれがわかることが多いです。
つまり、入学前練習にお呼びがないといことで。。ですが、硬式チームの多くは事前にそれを知ることが多いです。なぜなら、これまでの実績で高校側からそのこの待遇を教えてくれたりしますから。
これらの各高校による子供への扱いとその子の性格、力量を考慮してチーム側は進路指導しなければなりません。
例年、これらは悩んでも悩んでも正解はないと思います。
実際に、レベルの同格の子で一方は強豪高校でベンチ入りが難しいのに、同じレベルで公立高校へ行った子
が1年からレギュラーを取っている。。。。本人の性格でどちらがいいか決まりますね。
Posted by touch at 2006年01月26日 11:58
選択肢は悩みどころですね。
甲子園常連校へ行って近道を選ぶか、
そこそこの強豪校へ行って打倒常連校か、
私は後者でしたが・・・。
それぞれの思い入れがあるでしょうから一概には言えませんが、どちらにしても目指すは甲子園に違いありませんね。
Posted by Fastballer at 2006年01月26日 12:18
ガクッと低次元ですみませんが・・・。
息子のチームのOBで、県外の有名私立高校の誘いを断った先輩や、実力があるのに高校では野球をしていない先輩がいます(みんな、イケメン)
聞くところでは、野球と彼女との選択肢で彼女を選んだとか・・・。
そういう年頃だとは思いますが、これまでがんばったのにもったいないなと・・・。今の息子を見ていたら「色気より食い気」「食い気より野球」って感じですが。



Posted by てんてん at 2006年01月26日 13:07
てんてんさん、こんにちわ

>これまでがんばったのにもったいないなと・・・。今の息子を見ていたら「色気より食い気」「食い気より野球」って感じですが。

もったいないと思う子はいますよね、でも仕方ないんです。彼らにとって「野球」はその程度の位置づけだったわけですから。
うちの次男(中2)なんて高校から声もかからないし、セレクションでも合格できないレベルですから、羨ましいことです。
そういえば、うちの次男は野球強豪高校への進学を諦めました。それは今のレベルや本人の性格からして難しいと私も判断しましたので。そして、今は進学高校で野球を続け、出来れば投手をしたいということで、投手としての自主基礎練習に切り替えました(野手としては難しいので)。
兄はたぶんこの春に甲子園出場を果すと思いますので、弟としては悔しいでしょうが、仕方ありません。親としては、高校で勝負が決まるわけではないと言い聞かせ、これまで同様に全力で努力して欲しいものと思っています。


Posted by touch at 2006年01月26日 13:38
touchさんへ
長男さんの甲子園出場は本当に楽しみなんですよ。
まるで私の親戚の子が出るみたいな気分です。
正直言って、私は野球を知らないばかりに甲子園を甘く見ていました。息子も出られると・・・。
そのために常連の有名私立に行かせたいと。ただ私が甲子園球児の母になりたかっただけでした。(反省)
ブログをきっかけに、次男さんのように公立の進学高校への道を頭に置いています。(主人も)
息子も膝の痛みを経験してから、野球一本では自分はダメだと感じたみたいです。
私達より、前を歩いているtouchさんのコメントはすごく参考になります。
クールで、好きなものにはドップリはまる(凝る)、そんなイメージ浮かべていますが・・・どうですか?

Posted by てんてん at 2006年01月26日 16:43
てんてんさん、応援ありがとうございます。
正式に長男の甲子園出場(学校も息子も 笑)が決まったらお知らせしますね。
次男については、実は私が1月に入って県内外の進学高校8校を巡ってみました。うちのシニアの情報では進学高校での野球環境は疎いので。そして、練習環境、進学先を中心に調査し、監督に会って話を聞いてきました。もちろん、シニア関係者との立場を利用して(笑)。そして、次男との相談のうえ、そのうち数高に絞って進学を考えています。これから1年後、そこからさらに絞られるでしょうね(苦笑)。

ドラ夫さん、個人的なこと書いてすみません。
Posted by touch at 2006年01月26日 17:14
K太父さん こんばんは。

面白い本のようですね^^ 購入意欲がわいてきました!

私達の生まれ故郷の愛知は、まさに野球王国ですね^^
しばらく低迷していましたが、名電の活躍でまた盛り返してきました!

亡くなった祖父からよく戦前の「愛知黄金時代」の話をよく聞かされましたよ^^
Posted by ドラ夫 at 2006年01月26日 20:04
かにさん こんばんは。

うちの息子は、「何がなんでも甲子園へ!」 という気持ちは無さそうです^^
ある部分での「悟り」ですかね?
もう少し欲を出してほしい気もします。

まーぼ君、どこの学校を志望するか? 楽しみです。
県外志望は相変わらずですか?^^
Posted by ドラ夫 at 2006年01月26日 20:11
ゆうちろさん こんばんは。

毎朝のランニング、お疲れさまです^^

硬式チームの事情は、touchさんが懇切丁寧に毎回コメントをくださるので、とても参考になりますね。

ねまあ君の目標がプロ。以前から承知してましたが、その気概は羨ましいです。
うちの息子も見習ってほしいものです。

「現実の世界」を知るのも良い面と悪い面があると思います。
でも挑戦しないで諦めるのはどうかな? と息子を見ていて思いますね。

まぁ彼の人生ですから、私が型にはめすぎるのも考えものですが^^

この問題はこれから触れる事が多くなると思うので、その時はまたよろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2006年01月26日 20:20
たんぽぽパパさん こんばんは。

実は「高校軟式」も私は興味を持っています。
ブログ開設当初の頃に、この件はコメント欄で言及した事があるのですが、軟式の高校野球もマイナーですが色々と調べた事がありました。

息子がそれを選択する可能性は低いですが、一応は私も頭の片隅には置いてあります^^
Posted by ドラ夫 at 2006年01月26日 20:24
Shinさん こんばんは。

こうした事をブログで提起するのも、私の使命だと思ってます(^^;

中学から高校。これに限らず、小学校から中学など、チーム選びはその後の運命を左右しますからね。
Posted by ドラ夫 at 2006年01月26日 20:26
ハッシーさん こんばんは。

そのお母さんの気持ち、私にはよく判ります。
私もそれに近い感覚です^^ 
目標をどこに置くか? これが全てですね。

ゲンジは甲子園というのは今の所、あまりピンと来ていません。ただこの先は不明です。
ひょっとしたら、夢が変わるかもしれません。
まずは今年、チームで良い成績を達成する事です。
そこで自信を持てば変わる可能性もあるかもしれません。


息子さん、中学では絶対に野球を続けてくださいよ!^^
Posted by ドラ夫 at 2006年01月26日 20:32
touchさん こんばんは。

硬式チームと高校野球の関係、毎回touchさんのコメントには感謝いたします。ありがとうございます。

うちの息子もお山の大将ではなく、外の世界で揉まれたほうが将来のためになるかな? とも考えてしまいます。
でもやっぱり、グランドでプレーをする息子を見ていたい。
本当に複雑な問題です。

長男さん、吉報が届くまであと数日ですね^^
それにしても凄い事です。

次男さんの決断、これも参考になりました。
でも野球は続けるわけですし、野球は高校で終わるものではありませんから、大学野球も視野にいれて励んでほしいです。応援します!^^
Posted by ドラ夫 at 2006年01月26日 20:42
Fastballerさん こんばんは。

>そこそこの強豪校へ行って打倒常連校か、

そうです! 私の今の気持ちはここなんです!^^
実は私の母校もここに該当する学校です。
常連ではないですが、ベスト8以上はコンスタント。でもその上の壁は高い。そんな学校です。

でも平成に入ってから2度甲子園に出ています。
息子もこうした学校で、なんとかベンチ入りを目指してほしいのが私の本音です。
実際はもっと厳しいでしょうが、甲子園常連校と比較するなら、少しは可能性があるかな? と思ってます。
Posted by ドラ夫 at 2006年01月26日 20:49
てんてんさん こんばんは。

自分の中で何を優先させるか? ここが人により異なるのでしょうね。
でも実力がありながら、野球から離れるのは勿体ないです。
でもひたむきに努力を重ねる子を、私は応援したいですね。

うちも野球が一番か? そう言われると、返答に困りますが^^
でも少なくとも女性と交際するのと、野球を天秤にはかけないと思います。そう信じたいです^^
Posted by ドラ夫 at 2006年01月26日 20:53
一応、息子が高校生の私からひとつだけいいですか?

息子は、夏の時点で(大した強豪校ではありませんが)セレクションを受けて通ったのですが、結局受験をして普通の高校へ行きました。その高校も、直前の秋の大会ではそこそこの成績だったし、部員も大勢いたので「まぁ、野球やるにはいいかな?」と思いました。ところが、入部して少し事情が違いました。
息子は、中学で大きく(野球の技術が)成長したのですが、高校では全く伸び悩んでいます。もう、私が手取り足取り教える年齢でもありませんし、その時間もありません。やはり、高校の指導者やその野球部の環境が大きく影響することが分かったのです。指導法もそうですが、やはり練習試合の相手にも恵まれませんから、自然とレベルは停滞してしまいます。東京は学校の選択肢も多いですから、もし野球を楽しむだけではなくて、そこそこ上手くなりたいと思うのなら、もう少し学校選びも違ったかもしれないと思っています。
ドラ夫さんのところは事情が違うかもしれませんけど、やはり学校を選ぶ基準(野球じゃなく勉強中心なのか、その両方なのか、野球一筋なのか)を明確にした上で、学校と野球部の環境(たとえば、どんな高校と練習試合しているか)を充分に調べた方がよいですよ。
Posted by 少年野球コーチ at 2006年01月27日 09:08
少年野球コーチさんのコメント、その通りですよね。はっきり言って高校野球の場合、練習試合の相手も実戦練習になる相手としかやりませんから、強豪高校は強豪高校としかやりません。この練習試合相手探しというのも、ほとんどの場合、監督のツテですから。A高校の監督とB高校の監督は大学野球部時代の先輩後輩関係とか、出身高校野球部が同じであるとか。進学高校の野球部の監督は(たいての場合)そういう野球界のツテがありませんし、チーム自体も強くないから練習試合相手も当然ながら同程度相手となってしまうんですよね。残念ながら、このあたりの環境は良いとはいえないですね。

ところで、ドラ夫さんの母校って・・・もしかしてO高校では???
Posted by touch at 2006年01月27日 18:45
少年野球コーチさん ありがとうございます。

取り組み度合いは3つですね。
うちは勉強と野球をどちらか一方。と言うのは無いと思います^^
でうから両方ですね。 練習試合の相手ですか。なるほど、言われてみればそうですね。
強豪校も得る部分が無い学校とは、試合を組んでも仕方ないですよね。

また研究してみたいと思います。
Posted by ドラ夫 at 2006年01月28日 02:23
touchさん ありがとうございます。

練習試合の件、相手探しも色々とあるんですね。
学校や監督のツテがないと、思うようにはいかないんですね。

私はO府高校ではありませんよ^^ あそこは3回よりもっと甲子園にでていますから。

私が教えられる最大のヒントです。本当はあまり公表したくないんですが^^

私の学校は愛知ではありません。ですから「東海地方」なんですよ。これ以上のヒントは出せませんよ^^
Posted by ドラ夫 at 2006年01月28日 02:30
ドラ夫さん、詮索するようになって申し訳ありません。
実は、私は愛知県の隣県の高校を出ておりますのでちょっと気になっただけでした(苦笑)。
Posted by touch at 2006年01月28日 10:38
touchさん こんにちは。

>実は、私は愛知県の隣県の高校を出ておりますのでちょっと気になっただけでした(苦笑)。


ひょっとして、私と同県かもしれませんね! 私も気になります^^
Posted by ドラ夫 at 2006年01月29日 10:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。