2009年06月18日

アピールする姿勢

土日は連戦が続いていますが、1年生の起用もどんどん増えています。

B戦での出場がメインになりますが、ほぼフル出場の子、
2〜3イニングの子、代打・代走などの単発の子。
この3つのパターンになっています。

一部の選手はA戦での起用も多い。
1年生の中でも、実力面、監督の期待の度合いに序列が出来つつあるようです。

故障者を除き、ほぼ全員になんらかのチャンスが与えられていますが、
アピールする姿勢はそれぞれ違います。

特に打席に入った時なんですが、見逃しの三振が多い・・
しかも絶好球を ^_^; 折角のチャンスなのに勿体ないですねぇ。

起用頻度の低い子こそ、それが顕著です。
中学時代にも野球部経験があるので、今更緊張とは思えないのですが。

フル出場の選手なら、3〜4回は打席が巡ってきますが、
単発の選手は1度だけ。そんなチャンスをモノにして、
はじめて次回は、より長いイニング出場のチャンスを貰えるもの。

今年の1年生は、キャラクター的に控えめの性格の選手が多い。
目立ちたがり屋は不在ですね。もう少し元気が欲しい^^

人数も多いので競争も厳しい。だからこそ、アピールする姿勢は持ち続けてほしい。
奮起しないと、差は広がる一方です。

素材的には2年生を脅かす選手も多いと思う。
それでチーム全体のレベルも上がってゆく。

新チームが今から楽しみです^^





posted by ドラ夫 at 00:39| Comment(26) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
代打の子は、1球で勝負をつけなくてはいけないですからね。う〜ん、見逃し三振はいただけない。振らない限り何も起こりませんもの・・。
こういう部分でどんどん差がついていくのも事実。素材が揃っていそうなので、尚更積極的になって欲しいです。1年生の中で、リーダーシップ取れるような元気のいい子の出現、期待します。
Posted by ハッシー at 2009年06月18日 09:18
ウチの5年生みたいです。
兎に角、大人しく、真面目な子が多いんです。

見逃しの三振も多いですね。
攻撃だけではなく、守備も譲ってしまうとか、
前に出てこない。
最上級生になると変わるのかな。
Posted by 穴金空歩人 at 2009年06月18日 09:52
振りさえすれば、振り逃げやエラー、
あわよくばヒットになる可能性が出てきますが、
ハッシーさんの言うとおり、見逃してしまうと何も起こりません。
打席での迷いが金縛りを生む原因ではないでしょうか?

ところで代打で出た場合や得点圏にランナーがいる場合、
ストライクなら1球目から振るか、
それとも真ん中以外は見逃して、出来るだけ粘るのか
どちらが良いと思いますか?

初球打ちで好結果が出た時は、チームにも勢いがつきますが、
凡打した時の虚しさは・・・
私は粘る派です!
Posted by よっぴーの父さん at 2009年06月18日 15:26
先生の言うなりで、おとなしくしてればOKですが...
 ?な、何かをすれば…直に(職員室へ)内部告発され
不快な出来事がちょいと起これば、責任逃れで、各家庭へと度々直々の連絡
 以上が---かび臭い現在の中学校(教育委員会マニュアル?)異様です。

たかが2年ですが、源治君=天真爛漫の中学時代とは変化してて
 私も、チビからの情報で把握し、正直にビックリてます。

時には同じ目線の高さで話さないと 見えてこないモノです
 一年生君達とは…
  そこから、何か答えが見えてきそうな気がします

^^ 軽く考えてて、気が付かなかった こちらの話ですがね
Posted by 梅雨入り at 2009年06月18日 16:33
阿る、なんていう変な意味じゃなく、アピールの上手い選手っていますよね。逆にアピールが下手な選手も・・・
学童野球なら、指導者の方も、その子の真面目さ、陰の努力等を見ようとしてくれますが、高校ともなると、やはりプレーでアピールしないとなかなかチャンスも増えてこないのでしょうね。
チャンスが少ないからこそ、そのチャンスには大胆にアピールしていかないとダメですよね。上級生に遠慮してるのかな・・・
Posted by PAT at 2009年06月18日 22:38
アピール出来る出来ないもその子の実力ですよねぇ〜!!
いい物持っていてもアピール出来ないのは、その子の実力なんですねぇ。。。。
ただほんとうにいい選手はそんなに意識せずともアピール出来るんですよねぇ〜。
Posted by ヨウボン at 2009年06月18日 23:16
結果を出さないといけないと言うのは、本人達もわかっているのでしょうが、端から見ていると感じられない子ってやっぱりいますよね。
どんな場面でも前向きに捉えて、積極的な姿勢を見たいと思っちゃいますよね。
Posted by trytry at 2009年06月18日 23:30
与えられた場面で結果も出したいですが、その前に気迫がある選手になって欲しい。
大きな声が出なくても「なんとかしてやるっ!」という姿勢の子は、見てて感じますからね。
Posted by スマイルヒット at 2009年06月19日 07:20
少年野球でもそうなのですが、自分自身を分かっていない子が実に多いです。足が速いのか?力があるのか?頭がいいのか?、コーチの型にはめられている選手が多いのかな。アピールは大事ですからもっと個性を出して欲しいですね^^それが魅力だと思います。
Posted by T−31 at 2009年06月19日 08:08
下級生の底上げでチーム力UPが期待ですね。いいアピールをして上級生へ危機感をもたせたい所ですね。
目指せ甲子園! ^^V
Posted by ケロの父 at 2009年06月20日 06:26
夏に向かって日々鍛えられていますね。

それに、新1年生もチャンスをもらえて良いですね。

試合で目立てなかったら、やる気(声、全力疾走、人より先に行動など)でアピールし、再度チャンスをものにする姿勢があればいいですね。
Posted by ひろ親 at 2009年06月20日 06:50
戦う姿勢を持つ野球大好きな野球小僧が一人いると
チームがしまりますよね。

サードとかにちょっと小柄で元気な野球小僧がいると
敵のチームでもちょっと応援してしまいます。

野球が大好きなこと、少年野球だと最大なアピールです。
Posted by 青空 at 2009年06月20日 19:48
ハッシーさん ありがとうございます。

萎縮するんですかね^_^; イケイケでアピールが欲しいですよ。
1年の中でリーダーシップ、まだ見えてきません。
3年引退後に期待したいです。


Posted by ドラ夫 at 2009年06月21日 07:11
穴金空歩人さん ありがとうございます。

まだ入ったばかりなので仕方がないかもしれません。
でもそろそろ慣れてほしいところ。
闘争心を前面に出す子が少ない気がします。
新チームでどう変わるかですね。


Posted by ドラ夫 at 2009年06月21日 07:13
よっぴーの父さん ありがとうございます。

粘るのか、初球から行くのか。
難しいテーマですね。その時の状況によって変わるのでは?
相手投手の調子、打席の選手の性格、そこに至るまでのプロセス・・

実は昨日の試合、ゲンジは2死満塁で打席に入りました。
2者続けて死球。という状況でした。死球は共にカーブのスッポ抜け。 
初球はストレートの確率が高い場面だと感じました。
案の定、ど真ん中のストレートでしたが、ゲンジは平然と見送り・・
狙って欲しかったです。結果は外のカーブに手を出し三振でした。
監督から、「初球の棒球を見逃しているようじゃダメだ」 と言われたようです。
この場面に関しては、私も同じ意見です ^_^;


Posted by ドラ夫 at 2009年06月21日 07:20
ぶっ叩け〜!!さん ありがとうございます。

今の学校教育の在り方も、なんだか変な方向に向かっているんですかね?
モンスターペアレントも困りますので、学校も過敏になるのは判るのですが、ちょっと本質から外れているような件にも遭遇しますよね。


Posted by ドラ夫 at 2009年06月21日 07:24
PATさん ありがとうございます。

要領のいい子。これはある意味で得だと思うんです^^
うちの息子は無骨で要領は悪い部類ですが・・
大所帯の部なら、名前を覚えてもらうのも大変ですからね^^


Posted by ドラ夫 at 2009年06月21日 07:26
ヨウボンさん ありがとうございます。

技術面だけでなく、例えば練習前の準備や後片付けなど、そういう部分でも指導者は見ているものですよね。
一生懸命やっている子は、目をかけたくなります^^


Posted by ドラ夫 at 2009年06月21日 07:28
trytryさん ありがとうございます。

>端から見ていると感じられない子ってやっぱりいますよね。

同感です。学童の頃にはこういう選手が多くいました・・
さすがに高校では見られませんが、アピール不足の子はいます。


Posted by ドラ夫 at 2009年06月21日 07:31
スマイルヒットさん ありがとうございます。

うんうん 判ります^^
オーラというか、ハッタリというか ^_^;
気迫はオモテに出したほうが得かもしれません^^


Posted by ドラ夫 at 2009年06月21日 07:33
T−31さん ありがとうございます。

チームの方針というか、風通しの良さもありますが、
子供本来のイマジネーションも大事にしたいですよね。
ひらめきのある子は、何をやらしてもソツがないです^^


Posted by ドラ夫 at 2009年06月21日 07:36
ケロの父さん ありがとうございます。

ホント、2年生を脅かす存在になってほしいです。
現状、頻繁に起用されているのは2名です。もっと続いてほしいです。


Posted by ドラ夫 at 2009年06月21日 07:37
ひろ親さん ありがとうございます。

裏方でキビキビと動く子がいます。
技術面で今一つなので、起用のチャンスは少ないですが、私はそういう子にもっとチャンスを与えたいです^^


Posted by ドラ夫 at 2009年06月21日 07:39
青空さん ありがとうございます。

>戦う姿勢を持つ野球大好きな野球小僧が一人いると
チームがしまりますよね。

いやぁ 全く仰るとおりでして、現主将がこのタイプなんです^^
それに続く2年生には、こういうタイプが不在なんですよ・・・
なんとかしたいですね。


Posted by ドラ夫 at 2009年06月21日 07:42
>実は昨日の試合、ゲンジは2死満塁で打席に入り〜〜結果は外のカーブに手を出し三振でした

---まさに、打たされてますし...適応障害です。


昔からHRや四死球後の初球を狙うのは、鉄板の教えですが、頭になかった様子
 まして、Cのポジションとは思えない失態です

---ドラ夫さんが、ソーシャルワークして下さい。


こちらが思ってるほどのレベル(人間性も)にないのが中学顧問で、サドンデスの守備については、代わりに教えた事があります。天真爛漫の新人戦時の敗因がコレでした。中総体は贔屓目の子のPの独り相撲でした。一年生君達の行動も、そんな教わり!?から来てるかも?知れませんよ...学校生活の&部活の 楽しみ方/気持ちの持って行く術を整理してあげてで チビの笑顔が戻った次第です。。。


Posted by 休日の部活4H=時給1000円也の中学顧問 at 2009年06月21日 09:54
ぶっ叩け〜!!さん ありがとうございます。

ホント、お恥ずかしい限りで・・
どうも集中が足りません (-_-;) ふざけるな! と言ってやりたい気分です。。。

部活顧問、タイプも様々でしょうね。
熱血の先生も多いとは思いますが、名前だけの顧問も居るようですし・・
うちはクラブと連動していて、クラブの指導者が居たので助かりました。
顧問一人だけだったら、今のゲンジは無かったでしょう^^


Posted by ドラ夫 at 2009年06月23日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。