2009年02月27日

涙の3塁打

過去を振り返る 『今だから言えること・・』

第6話 涙の3塁打



ゲンジが中学3年の6月だった時の話です。

最後の大一番、部活の中体連を1週間後に控えてた。
3年生のB君はレフトのレギュラー。

中学に入ってから野球を始めた子でした。
入学当初は少年野球経験組と比較すると、色んな面で見劣りしていた。

しかし2年生になると少しづつ上達してゆき、
有望な下級生達とレギュラーの座を争うまでに成長する。

そして2年生の新人戦ではついに一桁の背番号をゲットした。
打率は正直低かったです ^_^; 三振の数も多い。。。

しかしB君は【意外性の男】 でした。
三振か長打か? という感じでしょうか。
監督はこのB君を主に6番・レフトで起用していました。

しかし・・ B君は中体連の数日前に、走塁練習で足を故障してしまう・・
松葉杖の世話にならないと歩けない有様・・
当然ながら中体連は絶望視されました。

初戦は優勝候補を完璧な内容で撃破。番狂わせを演じた。
これにより、第2戦は一週間後となった。

B君は猛烈に出場を直訴しました。
しかし足の状態は完璧ではありませんでした。

3年生ですし、最後の大会。出したい気持ちは私もありました。
けれど、次の試合は上部大会進出が懸かった大一番。
絶対に勝ちたい試合。そこに温情でB君を起用する余裕はありませんでした。

2戦目。 リードされたまま最終回の2アウト。
顧問は代打にB君を起用。しかし三振でゲームセット。
B君は1打席で中体連を終えた。

ゲンジをはじめ、多くの3年生はこの敗戦後は硬式スクールに移籍した。
だがB君はそのまま軟式のクラブチームに残りました。
秋にある、大規模ローカル大会に照準を合わせたのです。

この大会は3年生にも出場資格がある。
私は複雑な気持ちでした・・・

B君はこの時、高校野球志望でした。
それなら軟式は一旦止めて、硬式に移ったほうが少しは有利。
そもそも硬式スクールは、高校へのステップとして出来たもの。

また軟式クラブも、本音は1・2年生の新チームで挑みたいのが本音だったと思う。
そこに3年生が加わるのは、何かと不都合も生じる。

私はこれらの事をB君に話ました。
しかしB君の返答は・・

『中体連の前に怪我をしたのが悔しい・・』
『その鬱憤を今度の大会で晴らしたい』

そうと決まれば、もうB君を応援するしかない。
硬式スクールに勧誘するのは諦め、
また軟式クラブの新監督にも、私からB君の事をお願いした。

監督は快く引き受けてくれました。

2ヶ月後・・

B君は3年生唯一、大規模大会に登録。
初戦はレフトのスタメンで出場でしたが・・
攻守ともに冴えず、見せ場を作る事が出来ませんでした。

2回戦は辛うじてスタメンになるも、打順は9番。
唯一の3年生で9番。もう後がありません。

最初の打席は凡退・・ そして2打席目。
ここで凡退なら、次のイニングから交代も予想された。
場面はランナー 1・2塁。

中体連の無念は皆が知っている。スタンドの父兄達も大声援を送った!
私も心の中で祈り続けました。

初球、バットが一閃した! レフトポール際へグングン伸びる!
ライナーの打球はワンバンでフェンスへ!
2者が生還。タイムリー3塁打でした。

3塁のベース上で雄叫びをあげるB・・・ そしてガッツポーズ。
見事でした。怨念を自分の手で取り除きました。

彼は泣いていました。彼の母も泣いてました。
勿論、私も泣きました・・・・・

そのB君。今も高校の野球部に在籍しています。
レギュラー目指して頑張っているようです^^

この記事へのコメント
B君の悔しさ、頑張り、努力、ドラ夫さんの後押し、新監督の心意気を野球の神様は見ていたのでしょうね。
こういう体験はこれからの野球や人生に於いて凄くプラスになりますね。
Posted by RK at 2009年02月27日 11:33
昼間から、涙・涙・・・、B君と兄ちゃんがダブって見えます。
監督さんの心意気にも感謝ですが、何よりドラ夫さんの後押しがなければ、実現しなかったでしょうね。やっぱり、ドラ夫さんは名コーチだと思います。
Posted by ハッシー at 2009年02月27日 12:03
ほんとに今だから言えるですけど、B君は軟式に残っていてよかったですね。
残ってなければ得られなかった物を得た訳ですから。
高校でも、そのガッツで頑張ってほしいです!!
Posted by ヨウボン at 2009年02月27日 13:31
ひとりひとりにこういう
胸が熱くなるようなドラマが
あるんですよね。それを見て
あげている人がいるかどうかで
大げさに言えばその子の人生が
変わってくるような気がします。

RKさんが仰るように、野球の神様
がいると信じたくなるような出来事
でしたね。素晴らしいです。
Posted by shun at 2009年02月27日 14:23
自分も最後の中体連の大会の二週間前に足をケガして松葉杖生活で…(汗)なんだか自分の姿と重なります。中体連の大会は足にテーピングを巻いて何とか出場、最後までセンターのポジションに立つことができたこと…監督に感謝です。
最後の試合は打球が来ませんでしたが…(苦笑)
Posted by ヤマト at 2009年02月27日 15:08
人は他人との関係を持つことで人間となる。

B君の努力と執念が良い結果を生んだことは間違いありませんが、
その陰日なたに多くの人の応援があったことを、
彼は忘れないでしょうし、
彼も同様に周囲の人を応援できる
一回り大きな人間となったでしょう。

やっぱドラ夫さん読ませ上手ですね!
泣け歌と一緒に読みたいです。
Posted by よっぴーの父さん at 2009年02月27日 20:14
気持ちが強い子だったのですね。きっと。
ふつうなら、やっぱり次の野球に進んで行っちゃいますよね。
こういう気持ちが今のチームの子には欠けています、私もその場にいたら泣いていたと思います。
高校でも頑張っている姿が想像出来ます。
Posted by trytry at 2009年02月27日 22:49
最初の打席は凡退>ここであきらめない、悔しさと執念を感じました。野球の神様はちゃんと見ていてくれたんですね。B君にとってこれからのいい糧になったと思います。高校でもこれからの人生でもいい経験になったと思います。
Posted by 野球少年の父 at 2009年02月27日 23:41
気持ちで打った3塁打ですね。
B君の努力を知らない私でさえ、これを読みながらウルウルしちゃいました。

硬式でのスタートは少し遅れちゃいましたが、B君ならその遅れを取り戻してくれますよね^^
Posted by PAT at 2009年02月28日 00:14
ルッチーと大ちゃん
ドラ夫さんなら覚えてくれてると思いますが^^
この二人に昨日バッセンで会いました。

入試も終わりあとは結果を待つだけですが、
受験勉強が終わり、高校野球に向けて早速バッセンに来ていました。

二人とも高校でも野球を続けるそうです。

息子の代5人全員が高校野球へ進みます。
B君と同じく、野球を続けてくれる子供を応援したくなります(TT)

Posted by metoo at 2009年02月28日 13:12
RKさん ありがとうございます。

たった一人の3年生で参加でしたから、
何かと心配もしたのですが、よく頑張ってくれました。
下級生にも良い影響を与えたと思います。


Posted by ドラ夫 at 2009年03月01日 11:55
ハッシーさん ありがとうございます。

後押しというほどの事でもないですが、
気にはなったので、色々と根回しはしておきました。
良い結果で終わる事が出来て幸いでした^^


Posted by ドラ夫 at 2009年03月01日 12:45
ヨウボンさん ありがとうございます。

皆と同じ選択もあったのでしょうが、
どうしてもやり残した想いがあったんでしょうね。
大きな舞台で快心のヒット。よくやりましたよ^^


Posted by ドラ夫 at 2009年03月01日 12:47
shunさん ありがとうございます。

このカテゴリ、私が接してきた選手のエピソードがメインになりつつあります。
彼らとの出会い、指導を通じて、私も多くの事を学びました。
野球に携わってきて本当に良かったなぁ と思います。


Posted by ドラ夫 at 2009年03月01日 12:50
ヤマトさん ありがとうございます。

ヤマトさんも同じような境遇だったんですね・・
やはり最後の大会はベストなコンディションで臨みたいですが、こればかりは・・
とにかく怪我・故障は注意していきたいですね。


Posted by ドラ夫 at 2009年03月01日 12:52
よっぴーの父さん ありがとうございます。

学童野球を経験せずに入部でしたから、私も何かと気をかけてきました。
最後の中体連も戦力ダウンでしたね。彼が万全の状態だったら?・・と今でも思います。
周囲の声援、彼もヒシヒシと感じていた事でしょう。


Posted by ドラ夫 at 2009年03月01日 12:55
trytryさん ありがとうございます。

やはり中途半端には終わりたくない・・ という気持ちが彼の中にあったんでしょう。
意志の強さが出た行動でしたね。
この試合、硬式に移籍した3年生も応援に駆けつけていました。皆で大喜びでした^^


Posted by ドラ夫 at 2009年03月01日 12:59
野球少年の父さん ありがとうございます。

とにかく初戦が一人蚊帳の外だったみたいです・・
それだけにこの2戦目は背水の陣で挑みました。
よく打ってくれましたね^^


Posted by ドラ夫 at 2009年03月01日 13:00
PATさん ありがとうございます。

彼だけ硬式スクールには行きませんでしたが、
今も外野なのでさほど影響は無かったかもしれません^^
近況は機会があればまた^^


Posted by ドラ夫 at 2009年03月01日 18:21
metooさん ありがとうございます。

おぉ あのルッチーと大ちゃんですね^^
彼らも高校で野球を続けてくれるとは、嬉しいものですね。
うちも息子の学年は皆が苦しいながらも野球を続けてくれてます^^
どの学校も応援したくなってしまいます^^


Posted by ドラ夫 at 2009年03月01日 18:24
自分の思いや信念を持って努力すること、大切ですね。
自分が行動を起こすと周りが動き始め、最後まで諦めなければ結果が出る。

この過程を経て、ベース上で雄たけびを上げる姿を見たら、泣いちゃいます。
彼の物語はまだまだ続いているようなので、今後も楽しみですね。
Posted by スマイルヒット at 2009年03月03日 00:58
スマイルヒットさん ありがとうございます。

彼はまだレギュラー獲得まではいっていませんが、1年が過ぎても辞めずに頑張っています^^
今後も私は注目しています^^


Posted by ドラ夫 at 2009年03月03日 11:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。