2009年02月19日

復活したエース

過去を振り返る 『今だから言えること・・』

第5話 復活したエース



中学軟式の時のエース君の話です。

彼をA君とします。
A君は小学校4年生から野球を始めました。

当時から身長が高く、遠投や短距離走も群を抜いていました。
彼が6年生になった時、自分からピッチャーをやりたいと言いました。

前年の5年生の時は、うちのゲンジが投手候補としてマウンドに上がっていた。
いってみれば、それと入れ替わるような形ですね。

球のスピードも速く、周囲も期待していました。
日頃は明るい性格で、挨拶もしっかり出来る子です。

ただ父親がコーチとして指導者の一角に入っていたのですが、
この父親には反抗心というか、まぁこれはどこの子でも有ると思います (^_^;)

中学に入っても、次期エース候補として育成する方針。
この子の球を受けるために、ゲンジがキャッチャーに指名されたようなものです。

1年の夏から登板の機会を与えられていました。

2年生の夏からは背番号1番を与えられた。
だがその頃、ちょっと伸び悩みを感じていました。

球のスピードが「打ち頃」になってしまったんです。
小学生の頃は速かったのですが、そこからの伸びしろが少なかった。

2年夏の公式戦で、つるべ打ちを喰らってしまいました。
試合後、小言を言った父親に対し暴言を吐いてしまう・・

それを見ていた監督、次の試合から背番号1を剥奪しました。

『技術面でもそうですが、まずは精神面でも進歩しないと、とても1番を付けさせる事は出来ない。』
と私にはこう言われました。

そして迎えた部活の新人戦。その舞台で彼はマウンドに立つ事は出来なかった。
1年生の投手に任せたのですが、結果はコールド負け。

私も見ていて歯痒かったです。
大事な新人戦にエースが投げさせてもらえない・・

以降の練習試合でも、監督は徹底してA君に登板の機会を与えませんでした。
1日3試合のトリプルヘッダーでも投げさせてもらえない・・

A君もかなり堪えたと思います。ひょっとしたら辞めていたかもしれないですね。

それから一ヶ月後の交流戦。1年生投手が試合中に怪我をするアクシデント。
監督はリリーフにA君を指名しました。

スコアラーとしてベンチ入りしていた私、A君に激を飛ばしました。
だが結果は無残・・ 連打の末に最後は柵越え本塁打を浴びた・・

『Aのピッチャーは終わったな・・』 横で監督がこうつぶやきました。

つい1年前はかなりの期待を背負っていたのに・・
私は心に誓いました。A君を必ず再生させると。

私はA君用に練習プログラムを作りました。
『お前、このままで終わるつもりか?』 と問いかけますと、
本人はハッキリした声で 『終わりません!』

『だったらこのメニューを毎日必ず実行しろ。』
内容は割愛しますが、私なりに見た彼の弱点修正がメイン。
後はどこまで彼が真剣に行動するか?・・


冬が終わって3年生の4月上旬。最初の練習試合が組まれた。
この日は部活の試合。2試合の予定。

顧問が私のところに歩み寄る・・
『1試合目、Aで行きますか?』

『新年度最初の試合。3年生のAで行きましょう』 私は言った。

そしてAを呼んで言いました。
『冬の成果を見せてみろ。勝敗は問わない。あくまで内容だぞ。気負うなよ。キレるなよ。精神面での成長も必要なんだからな。』

試合は1対2で負けました。でもA君の投球内容はとても良かった。
試合後、私はA君に抱きついて褒めてやりました。
A君はボロボロと泣いてました・・・

負けましたが、自分なりに手応えを感じたのでしょう。
1週間後、横浜への道となる全日本選手権の予選。
マウンドには背番号1を付けたA君が立っていました。

以降、中体連まで彼は1番を背負い続けました。
見事な復活を成し遂げました。





この記事へのコメント
その新人戦から春までの間、A君にとっては辛い半年間だったでしょうね。
でも、それを乗り越えた分、素晴らしいピッチャーに成長したんでしょうね。
Posted by PAT at 2009年02月20日 00:24
ドラ夫さんは、名コーチだと思います。
Posted by ハッシー at 2009年02月20日 09:46
素晴らしい!!
何が凄いかってA君はもちろんですが、ドラ夫さんが素晴らしい!!
私、Kei以外の選手にそこまで出来るか自信がありません。
見習わせて頂きます。
Posted by ヨウボン at 2009年02月20日 14:04
見事に再生しましたね!
もし他のチームだったら、彼は腐って野球を辞めていたかもしれませんね。
Posted by ズンドコ節 at 2009年02月20日 14:09
ドラ夫さんも凄いですが、
エース君凄いです。
周りのサポートもあったでしょうが、
自分を律する気持ち。

将来の糧になった事でしょう。
Posted by 穴金空歩人 at 2009年02月20日 18:24
そんなドラマがあったんですね。
A君の頑張りもさることながらドラ夫さんのアドバイスも良く、歯車がかみあったのですね。
その後のA君は 野球やってるのでしょうか?気になります。
Posted by ケロの父 at 2009年02月20日 21:43
個々の「やる気」と適切な「指導」がかみ合い、
いい結果が出て「すごい」と感服してます。

「やる気」と「指導」がバラバラな場合も多いと思いますが、共に信頼しあった個々の努力の成果が融合されて結果が出たことに敬意を称します。

結果が出るとうれしいですね。「すごい」です。
Posted by ひろ親 at 2009年02月20日 22:14
求められていることが集約されているような気がします。
A君もドラ夫さんも。
悔しさだけで終わらせるのは、本当は簡単というか、難しいことではないんですよね、当の本人が我慢すればいい話ですから。
目標にむかってそれからどれだけ努力し続けることが出来るのか。
素晴らしい経験をしましたね!
Posted by trytry at 2009年02月20日 22:52
良い話ですね。
エースとして復活できただけではなく、野球以外の生活面でも活かせる大事な事を学んだことと思います。
ドラ夫さんが目先の結果だけで判断せずに、子どもの成長や可能性に手を差し伸べたこと流石です!
Posted by スマイルヒット at 2009年02月21日 01:28
お久しぶりです。
泣きました^^;
Posted by ウィニングショット at 2009年02月21日 05:46
ドラ夫さん、私のブログにコメントをいただき、ありがとうございました。ウチの息子はゲンジ君の後追いをしているようですね〜。ちょうど1年前のゲンジ君と同じ出来事が起こったんですよ。昨日、体育の授業でバスケットをした時に左足首をひねって捻挫をしたんですよ。息子から話を聞いて真っ先にゲンジ君のことを思い出しましたよ〜。
ところで、A君復活の話ですが、本当に貰い泣きしてしまいますよね。潜在的な能力を引き出すトレーニングメニューを作成したドラ夫さんもすごいですが、きっちりと実行したA君を褒めてあげたいと思いました。
これからもよろしくお願いします。
Posted by 中学野球.com at 2009年02月21日 10:50
PATさん ありがとうございます。

あの冬が勝負の分かれ目でしたからね。
あそこで何もしないで過ごしていたら、それで終わっていたと思います^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月21日 18:03
ハッシーさん ありがとうございます。

いえ、タマタマですよ (^^;

Posted by ドラ夫 at 2009年02月21日 18:04
ヨウボンさん ありがとうございます。

上部大会進出が私の悲願でしたからね。
それを叶えるにはA君の復活が絶対条件でしたから^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月21日 18:06
ズンドコ節さん ありがとうございます。

かなり追い詰められていたと思います・・
よく耐えてくれました^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月21日 19:29
穴金空歩人さん ありがとうございます。

もともと向上心と闘争心は持ち合わせていた子でした。
それが色んな部分で空回りしていたんですね。
私はその歯車を治してあげただけですよ^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月21日 19:32
ケロの父さん ありがとうございます。

はい。A君は現在も野球を続けています^^
いつかゲンジと対戦する日が来るかもしれませんね^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月21日 19:34
ひろ親さん ありがとうございます。

A君はここでいう、ドラ夫塾の塾生ですからね (^^;
敢えて厳しく接しましたが、その分のフォローも気を配りました。
現代の子の扱いは難しい部分もありますが、
こちらが本音でぶつかれば、理解してくれるものですね^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月21日 19:37
trytryさん ありがとうございます。

私だけは見切りをつけたくなかったんです。
素質はいいものを持った子でしたから。
本人も意欲的でしたよ。腐るのを心配したのですが、よく頑張ってくれました^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月21日 19:40
スマイルヒットさん ありがとうございます。

恐縮ですが、再生させる自信はあったんです。
運良く、冬のオフシーズンに入ったのも幸いでした。
他の指導者の眼を気にせずに、色々と手を加える事が出来ましたからね^^
本人もいい経験になったと思います。


Posted by ドラ夫 at 2009年02月21日 19:44
ウィニングショットさん ありがとうございます。

復活のピッチングをした試合、私も泣けました (^^;
指導冥利に尽きましたね^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月21日 19:46
中学野球.comさん ありがとうございます。

改めて、息子さんの合格おめでとうございます^^
捻挫、大丈夫ですか? 去年のうちとホントに同じですねぇ (^^;

入学までの期間、しっかりと自主練を積んでくださいね^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月21日 19:49
ドラ夫さん、こんにちは

>試合後、私はA君に抱きついて褒めてやりました。
>A君はボロボロと泣いてました・・・
↑久しぶりに目頭が熱くなりました。
指導者のあるべき姿を見たような気がします。

スポーツ全般に言えることかもしれませんが、技術もさることながら精神面を鍛えることは非常に重要ですよね。
特に投手は、最も注目されるポジションであり、投手のでき如何によって試合の流れが大きく変わる。さらに打者や球審との駆け引きもある。
我が強い子や繊細な子によっては、試合が壊れてしまうこともある。

うちのジュニアチームには、楽しみなピッチャーが数人いますが、昨年は我が強い子が多く三振を狙う余り力が入りすぎ四球で自滅するパターンが多かった。この冬、どのように精神的に成長しているか?

精神面の指導法、何か良い方法はないでしょうかねー?
Posted by 賢介応援隊(黄) at 2009年02月24日 16:05
賢介応援隊(黄)さん ありがとうございます。

心・技・体 とはよく言ったもので、どれも大変重要だと思います。
精神面を指摘するには、まず大人のほうが子供から信頼されるようにならないといけませんね。
子供なりに大人を観察していると思うんです。
尊敬出来ない対象からとやかく言われても、子供は心を開きません。
この辺りを理解していない大人、残念ながら多いと思いますね・・


Posted by ドラ夫 at 2009年02月24日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。