2009年02月06日

怒号系指導者

過去を振り返る 『今だから言えること・・』

第4話 怒号系指導者




ゲンジが学童野球の世界に入ったのは小学2年の冬。

春になり3年生になった時、4年生主体のBチームの一員でした。
この時の指導スタッフは3人。全て保護者が指導者でした。

うちのチームはこうした保護者指導者が一般的です。
3人の指導者、タイプで言うと3人共が怒号系でした。

コーチの一人が幾分穏やかな面がありましたが、
もう一人のコーチと監督は、かなり熱いタイプ。

当時の4年生は人数が多く、私が見ても有望な選手が沢山いた。
しかしあまりの怒号指導に嫌気をいさしていた子も見受けられた・・

保護者の一人が、『このままでは野球を嫌いになってしまう』
と指導者達に意見しましたが、そんな言葉に耳を傾けることもなかった。

私が見ていて感じたのは、彼らは子供を褒めない。
これがいけません。怒ってばかりいて、
良いプレーをして当たり前。こんな感じなんです。

子供は褒めてあげないと伸びない。これは私の持論です。
ムチばかりではいけない。時にはアメも必要。

当時のゲンジは1学年下 という事もあり、怒鳴られる事はありませんでした。
まぁ期待されていなかった。というのもあると思います。

翌年、ゲンジが4年生になった時、この年は5年生と6年生がAチーム。
前述の3人の指導者がそのまま残留。

新たにBチームは新スタッフが組閣され、
私達親子はそちらへいく。怒号系指導者とは1年の付き合いでした。

そのAチーム、覇気が無く成績もふるいませんでした・・
とくにチームワークが悪かった・・

指導者の子供達が浮いていたんです。
実力はありました。エコひいきでレギュラーになったわけではありません。

でも他のメンバーが、彼らを敬遠していたというか・・
親の怒号のせいで・・ とは言いたくありませんが、それが根底にあったのは事実だと思う。

子供にしてみれば、いい迷惑だったかもしれません。
結局この学年は、中学で野球を続けたのが半数でした。

有望な子が多かっただけに残念・・
そして指導者の子供3人も、一人は中学の途中で退部。

もう一人は高校入学時に他の競技へ。
そしてもう一人は高校入学直後に野球部を退部。

親があれだけ熱く、かなり息子にも期待していたのでしょうが、
3人とも途中で野球から去る形になりました。

私にとってもいい勉強になりました。
子供は叱ってばかりじゃ伸びない。

以降、私も6年生の時はコーチの末席に加わり、
中学軟式でも役員として練習の手伝いに関わった。

手を抜いたり、ふざけた態度の子は厳しく叱りました。
その代わり、模範的な行動をした子は思い切り皆の前で褒めました。
そうする事により、選手も善悪の区別がつくものです。

さて怒号系の指導者ですが、中学クラブでも頻繁に顔を出してくれて、
選手の指導も行ってくれました。

しかし・・
選手はもう内心は相手にしてない。 そんな素振りでしたね。
中学生にもなると、要領を掴んでいるんでしょう。

中学・高校では厳しい指導も有りかもしれませんが、
学童野球では考えものかもしれない。

怒られてばかりじゃ楽しい訳がありません。
子供の野球、一番大事なのは 
【野球を好きにさせること】 【野球は楽しい】 と思わせる事だと思うのですがね。







この記事へのコメント
3人ともってのが良くなかったんでしょうね。
私の学年も同じく3人だったんですが、監督はとても熱い人で怒号系でした。私もどちらかと言えばそっち系、もう一人は穏やかなタイプでした。
でも監督が怒鳴った時には、私やもう一人がフォロー役。私が怒鳴った時には監督ともう一人がフォロー役という風に、バランスが出来ていました。
監督もただの怒声系ではなく、褒める時は抱き締めんばかりに褒める。愛すべき野球バカ監督でした。(^^
褒めるって本当に大事ですよね。私は息子が6年生の時、『チーム練習では厳しく、個人練習では100%褒めちぎる』という風にしていました。
今では褒めまくる低学年コーチとなっています。
Posted by かに at 2009年02月06日 03:00
怒号=悪いところを指摘するばかり、という感じになるでしょうか。日本人にはこのようにネガをつぶしてという考えが多いと思います。一方ほめるほうはいいところを伸ばしてやろうというやや外国的な考え方でしょうか。「怒号系」は典型的な日本人の伝統的なスタイルかと思います。

やっぱりほめないとダメですね。3人の子育て中下に行くにしたがってそのように接するようになりました。一番上にはその後遺症が残ってしまって苦労してます(笑)

上のかにさんの意見、もっともだと思います。男親と女親の夫婦がバランスをとって、ということと似ていますね。
Posted by KANAパパ at 2009年02月06日 05:21
ウチにもいますね。二人ほど(^_^;)

チョッと違うのは、たま〜に褒めます。
コレが結構効果があるようで、
あのコーチから褒められた。って喜んでいる。と
保護者から言われます。

その辺が効いたのでしょうか、
今年の6年7人全員野球を続けるそうです。
Posted by 穴金空歩人 at 2009年02月06日 09:26
怒るのはいいですが、そのタイミングや場面が重要ですよね。
後、褒めて選手をその気にさせるのも大事!!
難しいですねぇ。。。。
Posted by ヨウボン at 2009年02月06日 09:49
 やはり…飴とムチのバランスは、
特に学童野球においては重要だと思います。
 指導者全員が怒号系だったら、そりゃ〜子どもは嫌になっちゃうかもしれないですね。

 ウチのチームは…ちゃんとバランス取れてるかなぁ〜…
と、ちょっと反省してみたり。(^^ゞ
 
Posted by でぃあ at 2009年02月06日 10:57
だいたい人間怒る時は、自分が楽したい時か、楽して準備を怠った時ですよね。
前もってやれる事は沢山あるのに・・・結果は誰のせいなのか!

あーーーまだ書けない!
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年02月06日 13:05
自分の子どもを教える時、野球に限らずスキーや勉強等
どうしても熱くなりすぎて怒鳴ってしまいました(反省)

よっぴーの少年野球時代も怒号系の指導者が大半でしたが、
少なくとも怒鳴れる人はその子どものことが好きなんだと思います。
嫌われることを怖がっていたら大きな声は出せませんからね
(その証拠に指導者達は中学の試合まで応援に来てましたから)

ただ私も年を重ねるごとに学習して、大きな声は
たまに出すことに意義があることを知りました。

子どもが興味を無くさない様に褒める、叱るを上手く使い分けていきたいですね。
Posted by よっぴーの父さん at 2009年02月06日 14:39
このことは指導者の永遠のテーマですね。
バランス大事です。
Posted by レフティ at 2009年02月06日 21:57
怒号系監督、昔よく見かけました。
でも、昨年の試合を振り返ってみると、あんまり見かけなかった気がします。
絶滅に近づいているのかなぁ?
Posted by スマイルヒット at 2009年02月06日 23:25
怒号系コーチならぬ怒号系親父の私には耳の痛いお話です。
『技術』の部分については口出しできる程の実力も知識もありませんので、『態度』の部分ではかなり怒号系の自覚ありです・・・
一応、『褒める』ことはしているつもりなのですが、足りないかも・・・とも思います。

私の怒号のために、チームメイトが野球嫌いになっちゃったり、小猿くんがチーム内で浮いちゃったりしてはいけませんから、気をつけます。
しかし・・・私が終始、にこやかだったら、それはそれで不気味なんだろうなぁ^^;
Posted by PAT at 2009年02月06日 23:59
怒号系監督、まだまだ多いですね。
怒号と褒め(またはおだて)とのメリハリがあればいいのですが。そして、怒号の後にフォローがあれば子供たちもついてくるのですがね。。。

うちの子供たちが小学時代お世話になったクラブチームは親が監督やヘッドコーチになるのじゃ禁止でした。平コーチはOKですが。
それは、「その子供の立場がかわいそう」「メンバー編成にどうしても不公平の声が出る」ということからでしたが、そのルールは正解だたと今でも思います。まあ、これは指導者の人数が許せたからでしょうね。当時、子供が現役で在籍していない監督・コーチは10名はいましたから。

かくゆう私は平コーチとして参加しておりました。ただ、平コーチとは名ばかりで技術指導は厳禁とされていました。なぜなら、監督、ヘッドコーチと技術論の違いから子供たちが困惑してはいけないとの理由から。
そのため、私は怒号監督、怒号コーチにこっぴどく怒られた子供のなぐさめとフォロー役が結局主な役割になってしまいました(苦笑)。
でも、そのおかげで親から「『○○コーチだけは俺の事わかってくれてる』と子供がいって野球を続けることができてます。ありがとう」なんてTELでお礼を言われたことも何度かありましたっけ(笑)
そんな当時の子供たちに街中でばったり会うと「○○コーチ!」と大声で呼びかけられ、恥ずかしいやら、嬉しいやら。
Posted by touch at 2009年02月07日 11:15
監督、コーチみんなが怒号系だと逃げ道が子供にもないですね。うちも怒号系ですがせめて私だけでも子供たちと楽しみたいです。
Posted by T−31 at 2009年02月07日 19:46
試合中は罵声を飛ばしません。(しかし息子には飛ばしていましたね、反省)
ボーとしている子へは名前を叫ぶことはありますが・・・

練習中は罵声になっているかも。


しかし、うまくフォローはしているつもりです。
Posted by ケロの父 at 2009年02月07日 21:25
かにさん ありがとうございます。

そうですね。全員が同じタイプだと、バランスが悪いですよね。
方向性が一つに限定されてしまうというか・・
フォロー役がいるといないでは、かなり違いますよね。
当時のうちは、ここが問題でした。1父兄は口も挟めませんし ^_^;


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 21:17
KANAパパさん ありがとうございます。

そうそう 男親と女親の役割分担と似ています^^
どっちも同じタイプじゃ、ある意味で困るんですよね。
子育て、やはり末っ子は可愛いものじゃないでしょうか?^^
甘くなるのも仕方ないですよね^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 21:20
穴金空歩人さん ありがとうございます。

タマにでも褒めてくれるといいですよね。
今回の方々、私は褒めているところを見た事がありません ^_^;


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 21:22
ヨウボンさん ありがとうございます。

ヨウボンさんは現役の監督ですから、色々とお考えがあると思います。
またブログでそうしたご意見を聞かせてください^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 21:25
でぃあさん ありがとうございます。

バランス、大事ですよね。
女性コーチは珍しい存在ですが、こういった時には絶交のフォロー役ですよね^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 21:29
肉団子3兄弟さん ありがとうございます。

思い切って書いてしまいましょう!
そのほうがスッキリしますよ^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 21:30
よっぴーの父さん ありがとうございます。

いい意味で慣れてしまうというか、ずっと怒鳴っていると、
子供もそれが当たり前の感覚になってしまうんですよね。
日頃は静かな監督が、ここぞという時に怒鳴ると、それは迫力があるでしょうね。

私もつい息子には怒鳴ってしまいますが、チームでは使い分けを演じていましたよ^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 21:34
レフティさん ありがとうございます。

それぞれに良い面・悪い面がありますから、やはりバランスですよね。


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 21:35
スマイルヒットさん ありがとうございます。

高校野球では、まだ怒号系が多いかな ^_^;
絶滅されても困るような・・ ちょっと難しい感覚ですがね (^_^;)


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 21:37
PATさん ありがとうございます。

PATさんのような役目、大事だと思うんです。
何から何まで指導者任せですと、負担も増えますから大変mなんです。
態度の事は大人なら誰が注意してもいいですからね。
ただ頻繁に怒鳴るのはよろしくないかもしれません。
野球と同じで緩急が必要です^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 21:41
touchさん ありがとうございます。

成り行き、私もtouchさんと似たような感じでした^^
私は自分に競技経験もありませんので、自分から敢えて技術面は先輩コーチにお任せし、
もっぱら躾面が担当でしたね。
そこには当然、フォローという仕事もありましたよ^^

打たれ強い子、褒めて伸びる子。 様々なタイプがありますが、それぞれ接し方を変えて臨んでました。

うちは父兄コーチのみでしたから、色々と気を遣う面もあったのですが、息子が6年生の時は、それなりに上手く回っていたように思います。


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 21:48
T−31さん ありがとうございます。

そうです。いい意味での「逃げ場」がないと、子供も困ってしまいますよね・・・
ケア出来る人、やはり必要ですよね ^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 21:50
ケロの父さん ありがとうございます。

試合中の罵声は逆効果かもしれませんね。
でも私も息子には試合中でも怒鳴ってしまいます (^_^;)


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 21:52
厳しさがあって初めて誉められる喜びが生まれるのでしょうね。
どん底まで追いつめる人がいて、それをしっかりとフォローする他の指導者がいてチームとなると思います。
それを理解して指導していれば、絶対にチームは強く、上手に、将来性も見えてくるのでしょうが、ただ気分次第で罵声を浴びせているのであれば本当に廃部の危機になるでしょうね。
気をつけます(T_T)
Posted by trytry at 2009年02月08日 23:47
全員で怒っちゃダメですよね。
子供の逃げ場がなくなっちゃいますもの。
お父さん指導者が一生懸命って気持ちも分るのですけど・・。アメとムチの使い分けが出来ない人は、指導者に向いてないかも・・。
若しくは、ムチ打つ人がいたらアメをくれる人も居ないとですよね。役割分担みたいな。

Posted by ハッシー at 2009年02月09日 14:50
ドラ夫さん、こんばんは
怒鳴られて発憤する子もいれば、萎縮して余計固まってしまう子も居ますから、時と場合そして個々にあった指導が必要に思えます。
といっても我が子を指導するのも難しいです、つい口うるさくなってしまいます^^:
Posted by 賢介応援隊(黄) at 2009年02月09日 22:30
trytryさん ありがとうございます。

>厳しさがあって初めて誉められる喜びが生まれるのでしょうね。


はい。仰る通りだと思います。
いつもニコニコ笑顔で、叱る事もしない。
これもダメだと思うんです。
ただいつも怒号・・ これもまた困りものです・・


Posted by ドラ夫 at 2009年02月10日 07:19
ハッシーさん ありがとうございます。

この時はちょっとバランスが悪かったですね・・フォロー役、やはり必要です。
お手伝いの父兄にこうしたお方がいたのですが、
次第に指導者と衝突してしまい、足が遠のいてしまいました・・ 残念な事でした・・


Posted by ドラ夫 at 2009年02月10日 07:53
賢介応援隊(黄)さん ありがとうございます。

そうですね。子供達の中にも様々な性格があり、
言われて発奮する子、萎縮する子。色々ですよね。
この時の場合、発奮を通り越してふて腐れてしまう子もいました。
操縦法、よく理解していない指導者達でした・・


Posted by ドラ夫 at 2009年02月10日 07:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。