2009年01月29日

駐車場係の思い出

過去を振り返る 『今だから言えること・・』

第3話 駐車場係の思い出



あれはゲンジが小学3年の秋でした。
地域で1番大きな大会が控えていました。

この大会は入場行進も盛大に行われる。
入団1年目の事でしたので、私も詳細はよく知らなかった。

中学の部。小学校高学年の部。低学年の部。
この3つでそれぞれ試合が行われる。

小3のゲンジは4年生と一緒にBチームでエントリー。
ただこの頃はまだ技術が未熟で、試合出場も少ない頃でした。
特にバッティングは三振ばかり続いていた頃 (-_-;)

この頃の思い出は、別カテゴリの『我が子レギュラー化計画・3年〜4年の頃』
http://syounenyakyu20.seesaa.net/category/235595-1.html
↑ に書き綴ってあります。


規模が大きい大会なので、開会式には各チームに色んな役割が求められた。
まずは塁審を2名出す。自チームの試合ではなく、他のチーム同士の試合を裁く。

そしてグランド整備係1名。出場チームが多いので、会場も当然複数になる。
それぞれの会場で朝1番に集合し、ライン引き等を行う。

そして開会式を行うメイン会場の駐車場係があった。

当日の朝はクルマで大混雑が予想されるので、その誘導と警備ですね。
上記の役割をチームから供出しなければならないので、
保護者会議が行われました。

当時は4年生が大勢いたので、当然これらの役割は4年生保護者が行うだろう。
そう勝手に思って臨んだ会議でしたが、目論見はハズレました ^_^;

なんだかんだと理由をつけて、これらの役割から逃げる人が多いんですよ・・
入団1年目の私に、半ば強制で駐車場係がまわってきたんです。

決まった以上は従うしかありません。
そして当日は開会式の3時間前に集合。早朝です。

息子が試合に出る可能性はほとんど無い。
ならばせめて開会式の晴れ姿である、入場行進だけは見届けたい。
そう思っていました。 

『式の前には駐車場係は終わるから、行進はちゃんと見れる』
こう事前に聞いていましたから、私も楽しみにしていたのですが・・

当日、私が割り振られた場所は一番遠い駐車場でした。
歩くとかなりの時間がかかるところでした。

こういう場合、クルマは会場から近い場所から埋まっていきます。
嫌な予感がしたのですが。。。

案の定、式が始まる時刻になってもクルマが入ってくる。
その場が満車になるか、或いは落ち着くまではその場から離れられない。

花火の音が聞こえた。『開会式を始めます』というアナウンスも聞こえた・・
焦りました。入場行進は低学年の部から始まる。

音楽が聞こえてくる。でもまだクルマは入ってくる・・
それから5分後、ようやく満車になった。
本部に携帯で連絡。『お疲れ様でした』 の言葉をもらった。

私は走りました。息が上がるほど全力で走りました。
ひたすら会場を目指して・・

間に合ってくれ! 心で叫びながら走った。
この距離がとてつもなく長く感じた・・

『○×少年野球・B』 うちのチームの名前が呼ばれた。
ダメだ間に合わない・・ それでも走った。

息を切らして球場の階段を駆け上った。
でも・・ 息子達は行進を終えて、中央で整列してました。

その場で座り込んでしまった私・・
以降の行進を、ただボンヤリ眺めてました。

裏方の役目も必要ですし、大事なので仕方ないのですが、
この時は無性に悲しいというか、虚しい気持ちでしたね。

この後は試合会場に移動。
そこでチームの保護者達と顔を合わせたのですが、
誰一人労いの言葉をかけるでもなく、わいわいと盛り上がってました。

『いい行進だったよね〜』 会議で役割から逃げていた連中の言葉です。
軽い殺意をおぼえましたね (^_^;) まぁそれは冗談ですが。

今となっては懐かしい思い出です^^





この記事へのコメント
ホント、やるせないですね。
私もそのお気持ち、よーーーーくわかります。

うちの団の30周年記念大会で、各学年2人ずつ計8人の代表が、うちの団旗2枚をもって、開会式の入場行進の先頭を行進することになってまして、3年生からはキャプテンKS君と小猿くんが代表として選ばれてました。

ドラ夫さんと同じように駐車場係だった私がなんとかその任務を終えて会場に入ったときには・・・団旗は掲揚台の上で風に揺れていました。
小猿くんの晴れ姿、見たかった・・・(>_<)
Posted by PAT at 2009年01月29日 23:45
やっぱり、このシリーズは心に響きます!
  「男はタフでなければ生きられない、
  優しくなければ生きる資格がない…」
このフレーズをドラ夫さんに捧げます(^^;)
大きな大会で大変でしたが、その後の他の方の一言があればどんなに素晴らしい記憶になっていたでしょう?

そして、私はいつになったら、このシリーズを書けるのだろう…
Posted by trytry at 2009年01月30日 00:24
ドラ夫さんの気持ちめちゃめちゃ分かります!
しかし厳しい話です。
悪意まで乗せられたことがあります。

私もまだ書けない・・・・・
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年01月30日 00:52
裏方の仕事は大変ですよね

私は学童にかかわって2年目に部長という大役と言うか雑用係を経験しました。

3年目からはコーチに就任。

コーチも大変ですが、子どもたちに密着しているので楽しいです^^
Posted by ケロの父 at 2009年01月30日 03:38
必死に走るドラ夫さんの姿、想像してしまいました(笑)

こうした時、低学年はどうしても損な役回りになってしまいますよね。まだ、先があるからという意味合いもあるのでしょうが・・。
でも、こちら側にしてみれば、その瞬間はたった一度しかありませんものね。分るな〜。

こうした大会をウチの市で担当した時、主となるチームの保護者会長は、神経で5s痩せてしまったそうです。
Posted by ハッシー at 2009年01月30日 09:47
 全力疾走のドラ夫さん…迫力ありそう…。

 しかし、その現状がどうであったのかを想像すると、
涙が出てきちゃいますね。(T_T) 

 
Posted by でぃあ at 2009年01月30日 10:04
ドラ夫さん、こんにちは
役割分担、車出しは子供と一緒に居れるので全然苦にならないのですが、そんな役割だと怒りますね〜まして初めての晴れ舞台でなんて。
来期から初めての役員になりそうなのでちょっと不安です^^;
Posted by 賢介応援隊(黄) at 2009年01月30日 12:32
軽い殺意。。。
わかる気がします(苦笑

私もよく使われましたから。。。
Posted by おちあい at 2009年01月30日 13:34
我息子の晴舞台!!
そりゃ見たいですよねぇ〜!!
その時のドラ夫さんの気持ちを考えると、涙が出そうです。。。。
Posted by ヨウボン at 2009年01月30日 13:40
新参者に嫌な役割を押しつけるなんて、どうかな? と思いますねぇ…
本部も柔軟な態度をとってほしいですよね。式が始まる5分前くらいには、その場を離れてもいいようにしてほしいですよね。
Posted by ズンドコ節 at 2009年01月30日 18:13
我が子の晴舞台を見れないなんて残念ですよね。
その時の残念さはよくわかる気がします。
私も今年から役員になったので、そんなこともおこるんでしょうね。でもその分普段の練習で子供達と接していられるので、良しとしようと思っています。我が子より他の子を見てる時間のほうが長いですが。
Posted by 野球少年の父 at 2009年01月31日 23:40
PATさん ありがとうございます。

同じような体験をされていたんですね。
駐車場係も大事なので、誰かがやらなければいけませんが、肝心の場面を見逃してしまうのは悲しいですよねぇ。。。。


Posted by ドラ夫 at 2009年02月01日 10:04
trytryさん ありがとうございます。

このシリーズ、さほどネタは多くありません。
いつまで続くか? (^^;
今でも書けない話も幾つかあるんですが^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月01日 10:06
肉団子3兄弟さん ありがとうございます。

悪意ですか・・ それもまた大変な事ですねぇ・・
出来れば書いてもらいたいのですが^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月01日 10:08
ケロの父さん ありがとうございます。

2年目で部長。これも大変だなぁ・・
現場と事務方、私も現場のほうが好きですね^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月01日 10:10
ハッシーさん ありがとうございます。

走るのが苦手な私ですから、かなりキツかったです (^^;
まぁ本部の主な役員さんは、もっと大変なのかもしれませんね。全体を見渡さねばなりませんから。
痩せてしまうのも分かるような気がします^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月01日 10:13
でぃあさん ありがとうございます。

スタミナが無いので、途中からノロノロ走ってました^^
もう5分早く終わっていたら間に合ったんですがねぇ・・


Posted by ドラ夫 at 2009年02月01日 10:16
賢介応援隊(黄)さん ありがとうございます。

私もクルマはほぼ毎回出してました。
どちらかといえば好きなので、苦にはなりませんでした^^
来年は役員の可能性もあるんですか。どんな役になるか? 楽しみというか不安ですね (^^;


Posted by ドラ夫 at 2009年02月01日 10:19
おちあいさん ありがとうございます。

しばらくは連中の顔を見るのも嫌でした ^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月01日 10:22
ヨウボンさん ありがとうございます。

その後の5年間は行進をしっかり見ました^^
この時は初めてだっただけに、残念でしたね・・


Posted by ドラ夫 at 2009年02月01日 10:24
ズンドコ節さん ありがとうございます。

当日の朝早くは都合が悪い こんな言い訳が多かったですね。。。。
ちなみに翌年も私は駐車場係でしたが、その時は近い場所なので助かりました^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月01日 10:28
野球少年の父さん ありがとうございます。

今年から役員ですか^^ それはご苦労さまです。
私も最初は、お茶当番の時しかグランドに行きませんでした。
それが少しづつ病み付きになり、毎回顔を出すようになり、最後はコーチ就任でした^^
役職は大変ですが 頑張ってください^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月01日 10:33
少年野球に携わっての大きな不満のひとつが、親に振り分けられる仕事の不公平感ですね。このような問題提起をしていただいてなるほどと思います。

こんなことが原因で子供が野球をしたいと希望している芽を摘んでいることもあるので、本当に何とかしなければいけない問題ですね。文句ばかり言う人は世話をする人の苦労がわからない人が多いし、また逆に会長でありながら心配りに欠ける場合もあるし…

何とかうまく回るようにしていきたいものです。
Posted by KANAパパ at 2009年02月01日 20:36
KANAパパさん ありがとうございます。

チーム運営の難しいところですね。
全てを公平に。というのは無理かもしれません。
でも気持ちの問題なんですよね。
1年に一度も顔を見せないお父さんもいます。
毎週手伝ってくれる人もいる。
好きか嫌いか? という面もあるでしょう。

役職選び、これも難問でしょう。自営等で週末がダメなお方もいますし、面倒な役は避けたいのが本音ですし ^_^;

私は現在は副会長ですが、どちらかといえば閑職で助かってます^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月03日 17:12
役割や環境…、開会式ゲンジ君の晴れ姿が思い出になるはずが、ドラ夫さんの切ない思い出になっちゃうんですね。
手間なこと面倒なこと、誰かがやらなきゃいけないことはあります。
でも、いい加減でデタラメな逃げ口上の人は、引き受けた人の気持ちをさらに落ち込ませますよね。
Posted by スマイルヒット at 2009年02月04日 07:45
スマイルヒットさん ありがとうございます。

終わった後に一言 『お疲れ様でした』
これがあれば少しは救われるのですがね・・
あの時は本当にアホらしい気持ちになりましたよ^^
まぁ今となれば面白い経験でしたね^^


Posted by ドラ夫 at 2009年02月05日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。