2009年01月22日

退団した選手の事

過去を振り返る 『今だから言えること・・』

第2話 退団した選手の事



あれはゲンジが5年生の時でした。
一つ上の学年の6年生は人数も多く、単独でAチームでした。

ゲンジ達5年生は、単独ではギリギリ人数が足りず、
一つ下の4年生達とBチームになる。

この年の新4年生、多くの入団がありました。
前年から参加していた選手を含めると、4年生だけで単独チームも作れるほど。

5年生と4年生で実力的に抜けていたのは6人。
残る3つのポジションは、他の5年生と4年生の争いでした。

こんな状態でしたので、チームはとても活気に満ちていました。
競争意識が働いて、選手達も上達に必死だったと思う。
3つの枠を巡り、監督も交互に試合出場の機会を与えていた。

しかし・・

残念ながら、力量が落ちてしまう4年生が2人いました。
二人とも代打でチャンスは貰ったのですが、
何度も三振で結果が残せませんでした。

無理もありません。基本が十分に出来ていないので、
まずはそこをしっかりと覚えないと、なかなか良い結果は出ないものです。

通常の練習日にこうした事をみっちりやりたいのですが、
よく練習を休むのです。。。。
そのくせ、試合の日は必ず来るんです (^_^.)

夏から秋に入ると、この2人はほとんど出場の機会がありませんでした。
他は熾烈なポジション争いを展開しており、
技術の差は益々開くばかり・・

そして相変わらず、練習参加率が低い・・ 悪循環ですね。
『コーチ 俺も試合に出たい・・』
私にこうポツリと呟きました。

『試合に出たいなら、まずは練習をしないと。 練習もしないで上手にはならないよ。』
私はこう言いました。

翌年、彼らは5年生に進級。チーム編成は前年と同じ。
しかし3年生が数人入部してきました。

この年は人数の関係で1チーム体制。
春先はこの3年生も試合に帯同していました。
ところが帯同しても、やる事は応援だけ。

出られる見込みの無い試合に連れていくより、
グランドに残って練習をさせたほうがいい。
そんな意見が出て、3年生専属コーチを設けて、彼らは別行動になった。

その時にチームの会長が・・
『5年生でも出られない子が二人いる。彼らも3年生と一緒に練習させてはどうだろう?』
私は賛成しました。

この時でも、まだボールを怖がったりしていた彼ら。
キャッチボールも満足に出来ない状態でした。
翌年は6年生。その時にレギュラーを取れるよう、
今からでも手を打たないと、そのままの状態で卒団になってしまう。

監督も同意見で、彼らは3年生と基本からやり直す事に決まった。
だが・・ ほどなく彼らは退団してしまいました。

戦力外通告ではなく、上達を願った上での決定でしたが、
プライドを傷付けてしまったのでしょうか・・

そこから這い上がるガッツを見せてほしかったのですが。
後から聞いた話ですが、彼らの父親もこの決定には立腹していたらしい。

しかし、あのままで彼らのためになったのでしょうか?
練習は休みが多く、試合の日は欠かさず来る。
帯同しても、出してあげる事も出来ないレベル。

もしこうした決定をせず、そのままにしていても、
彼らはそれで楽しかったのかなぁ?・・

実はゲンジが4年生の時にも、上の5年生を半分に分けて、
AチームとBチームに割り振った事がありました。
6年生が3人しかいない。という特殊な事情がそうさせたのです。

この時も波紋がありました。特にBチームになった父兄から・・
でもちょっと待ってほしい。
プライドやステイタスが優先で、実力はどうでもいいのか?

プレーする人数が限られてしまうのは、団体種目ならどれも同じ。
だからこそ、その枠に入れるよう努力しなければならない。

だが子供のスポーツでは、どうしてもシコリが残るのか?・・
チーム編成、メンバー分け。 難しいですね。





この記事へのコメント
どんな理由であろうと、野球を辞めてしまった子供に責任はない、自分の責任と考えるようにしています。
私も数人の退部者を出してしまいましたが、
一人一人に反省があり、繰り返したくないですね。

今日のshunさんのブログで紹介された、
魔法その10: 和をつくる(能力別に分けることをよしとしていませんか?)
考えさせられますね。
Posted by metoo at 2009年01月22日 20:15
逆の思いをしたことがあります。
低学年のコーチをつけてもらえなかったのでほったらかし。
歯痒い思いでした。
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年01月22日 20:32
親御さんにはたくさん練習風景を見てもらいたいですね。
そうすれば、まずは親御さんの協力が得られると思います。何が足りなくて、何が出てきて、何をさせたいのか等。
たとえ、本人が不満を感じても、親御さんの応援で後押し出来るのではないでしょうかねぇ。

Posted by trytry at 2009年01月22日 20:43
難しいですね〜

やはり練習でしょうね それしかありません。

しかし 難しい

私の場合
出られない子の親
上の学年を押しのけて出てる子の親

両方経験していますが・・・

1つだけ言える事は、出られな子の親は とても辛い・・・
Posted by ケロの父 at 2009年01月22日 22:48
彼らはそれほど野球が好きではなかったのではないでしょうか。同級生達とワイワイと過ごしたかったのかも。
野球がすき!上手くなりたい!っていう気持ちが芽生えれば、3年生と一緒の練習も苦にならず、違った方向に進んだのかもしれませんね。
でも、そんな気持ちを芽生えさせるのって難しいですよね。
Posted by PAT at 2009年01月22日 23:39
うちの子のチームはほぼすべての試合に全員で行きます。
4年生から入団したのですが、4・5年時はほぼ応援に行っていました。
当時は、そこそこ強くほぼ固定メンバーで試合をしており、大差の試合や練習試合でも控えを使うことがなかった状態の中で同学年の子も同様に試合に出ていないので「残って練習をさせたい。」と進言したのですが、聞き入れてもらえませんでした。
6年生になってやはり練習不足・経験不足を大いに感じ最終学年が終わりました。
最終学年時には当人たちの力でいい思いをさせてやりたかったのですが、とても残念です。
練習できるときに練習しておく方がいいと思うんですがねぇ・・・色々考え方があるものです。
Posted by なまたまご at 2009年01月23日 01:51
多分、どの答えも正解なのだと思います。
出られる子の親、出られない子の親、立場が違えば感じる事も違うのでしょうね。

でも、休みが多いって事を考えると、子供もですが、親もそれほど熱心じゃなかったと思います。子供って親の覚悟(そういうと大げさだけど)が伝わるものだと思います。上達させたかったら、まず、練習だと思います。何よりドラ夫さんどゲンジ君がそのお手本。

自分が努力しないで、他人のせいみたいな感じで非難してそこから逃げてしまったのでは同情の余地なしです。子供と向き合っても居ないし、野球と真剣に向き合ってもいない、そんな印象を受けるのですが・・。辞めるべくして辞めた・・って感じかな。

不満を漏らすのだったらちゃんと自分も向き合って、もっと良く見てからにしろって思います。
Posted by ハッシー at 2009年01月23日 10:16
うーん、難しい問題ですね。
でもね、ちょっと解せないのは、その2名を下級生に混ぜて練習させることの真意を本人、及び父兄に説明があったのでしょうか?
もし仮に何の説明もなく(もしくは真意を理解されてなく)、そうなったとしたら、本人はガックリするでしょうし、父母も激怒するでしょう。
うちの兄弟の時も単独学年チームをさらに2つに分けました。そのときに、どのように2つに分けるのかで論議となりましたが、父母会での多数決で、兄のときはレベル平等に2チーム分け、弟のときはレベル差をつけて2チーム分けとなりました。
全員が納得とまではいきませんが、それぞれの結論の真意を伝える場があったわけです。
今回の場合、その点がどうだったのか気がかりです。
Posted by touch at 2009年01月23日 11:16
うちの少年野球チームでも同じような対処をしたことがありますが、その時は選手と話し合って、選択させたように思います。
形としてはコーチから言われてという風になっていましたが、実は本人が「残って野球をやる」という選択をしたというものでした。
指導者と選手の間でしっかりと話がなされ、納得の上なら親が何を言うとかは関係ない。そう思います。
ただ、ドラ夫さんのチームの選手の場合。
ちょくちょく練習を休んでいる時点で「這い上がるガッツ」を求めるのはムリだったんじゃないですかね。
Posted by かに at 2009年01月23日 11:47
途中まで、ウチにもいると思って読んでました。
が、少し違うのが、
下に落とされた5年生が発奮して上を目指すのではなく、下級生と楽しく練習している事。
上のtouch さんが書いてある様に本人、親に事前に説明したのが良かったのか?
勿論奮起して上の学年で練習している5年もいます。
その差は、本人や親の何処まで本気で野球に向き合っているのか。だと思います。

しかし、怒る親は怒る前にどうしてそうなったのか?考える。自分も練習に出る。
少しだけでも参加してもらえると、
子供は変わると思うのですが・・・
Posted by 穴金空歩人 at 2009年01月23日 11:57
ほんと、チーム編成は難しいですねぇ〜。
うちのチームにも試合に出れないと言う理由で辞めて行く5,6年生の選手はいます。
なんで出れないのか考えてほしいですねぇ。
Posted by ヨウボン at 2009年01月23日 13:39
難しい問題、一言です。なかなか考えがまとまりませんでした。が、いろいろな方のコメントを見て考えついたことがあります。それはやめた側の選手と親が、下級生との練習を選択した会長と監督が、それぞれ「一生懸命だったかどうか」、です。

「一生懸命」とは、選手側でいえば努力なしで試合に出ようとしたのが問題ですし、チーム側でいえばチームの方針を熱心に説明したかどうかではないでしょうか。
Posted by KANAパパ at 2009年01月23日 23:33
息子チームも同じような状況でした。
試合に出れない子も全員行動で、低学年や下手な子は野球する機会がありませんでした。
昨年、父兄から問題提起して、別行動にするなどして、少しは改善されました。
練習だろうが試合だろうが、ボールに触れる時間が多ければ子供たちは喜ぶし、上手になると思います。
練習はしたくないけど試合には出たいというのは、どうも理解しにくいですね。
私は息子が試合に出れないよりも、練習がまともにできないほうが、よほど悲しいです。
Posted by とらきちおやじ at 2009年01月23日 23:52
touchさんの仰ることと重複しますが、
文面からですと、下級生に混ぜて練習する
真意がきちんと伝わったかどうかが
よく分からないですよね。

今回の件に関しては、そこが問題だった
のかもしれないな、とは思います。

子供は生ものですから、扱いには
気をつけなくてはいけませんね。
高校生でも難しいですから、小学生
ならなおさらですね。
Posted by shun at 2009年01月24日 00:20
3年生と一緒に練習するのが良いかどうか、難しい問題ですね。
息子の少年野球の頃は、下の学年相手で力差がかなりある場合、点差がかなり開いた場合以外は、試合にはほとんど出してもらえませんでした。ほとんどの試合を私は見に行きましたが、悔しいやら、情けないやらで、見ていてもう帰ろうと思ったことが何度もありました。ただ息子は自分の与えられたポジションで精一杯声を出していました。その頃の息子はベンチからでも皆と野球をやれるのが楽しくてしょうがなったんだと思います。(正直私に、試合に出たいと言ったことがありますが)やっと中学になって少しでもうまくなろうと思い始めたようで、自分から自主練を誘いに来るようになりました。
その子らも野球が楽しめたならもっと練習にも出てきたと思うのですが。
Posted by 野球少年の父 at 2009年01月24日 00:21
metooさん ありがとうございます。

うーん・・ 全てを御自信の責任と考えるのは、いかがでしょうか?・・
選手全員に均等に接してあげるのが理想ですが、
諸々の事情でそれも難しいでしょうし。
ただ後々の反省。という面は必要でしょうね。


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 07:18
肉団子3兄弟さん ありがとうございます。

低学年で放ったらかしじゃ、切ないですよねぇ・・
それは困ります。


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 07:20
trytryさん ありがとうございます。

月に1〜2度でも見学してほしいですね。
仕事の都合でそれも無理なお父さんもいるでしょうが、
休みなら出てきてもらい、我が子の力量は把握したほうがいいですよね。


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 07:22
ケロの父さん ありがとうございます。

そうですね。出られないとやはり辛いです。
うちの場合、これが原点。出発点でした^^


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 07:24
PATさん ありがとうございます。

>彼らはそれほど野球が好きではなかったのではないでしょうか。同級生達とワイワイと過ごしたかったのかも。


否定しません。見ている限りはそんな感じを強く受けましたね。
ただ4年から5年へと進んでいくと、そればかりではダメ。という部分が見えてくるんでしょうねぇ。


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 07:27
なまたまごさん ありがとうございます。

大差や練習試合でも起用させない。
これは残念です。方針とはいえ、これでは控えの子もモチベーションが下がります。
応援も大事です。重要かもしれません。
でも練習をする機会を与えないと、伸びたくても伸びないですよね。
勝利至上主義では、一握りの選手しか中心になれません。これではいけませんね。


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 07:31
ハッシーさん ありがとうございます。

親御さんのタイプも様々で、私のように深みにハマる人や ^_^; 一度も顔を見せない人まで色々です。
本件の場合、1人の親は完全無関心でしたね。

休みが多い。 厳しい練習が嫌だったみたいです。
その子には苦痛だったのでしょうか。
試合の日は練習が無いので、喜んで来るんですよ (^_^;)
変な意味ではなく、元々が『遊び半分』だったのかもしれません。


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 07:36
touchさん ありがとうございます。

補足させていただきます。
本人・及び父兄には、決定は口頭で伝えてあります。
まず本人ですが、嫌そうな顔をしていました ^_^;
そして親ですが、その場での文句は無く了承されましたが、内心は面白くないので、以降はあまり関わり合いを持たなくなった感じです。

均等分けと実力順分けですか。
均等分けは戦力が分散しますから、公式戦を勝ち進むには厳しい選択ですね。
実力順、これも線引きが各々で違うでしょうから、これもまた悩みますね。
Aの控えか、Bのレギュラーか? という問題もあるでしょうし。


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 07:44
かにさん ありがとうございます。

>ちょくちょく練習を休んでいる時点で「這い上がるガッツ」を求めるのはムリだったんじゃないですかね。


そうなんですよ・・ 最初から意識が低かったのか、
それとも諦めてしまったのか? という感じですね・・
『今に見てろ!』 という感じで発奮してくれるのを期待したのですがね・・


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 09:55
穴金空歩人さん ありがとうございます。

どう捉えるか? という事ですよね。
一種の突き放しかもしれませんし。
でも放置されて、誰にも相手にされない状況、これも困ると思うんです。
本人が辞めたいと言ったのか、親が辞めさせたのか? 真偽は謎のままですが、親だとしたら悲しいです・・・


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 09:59
ヨウボンさん ありがとうございます。

都会の場合、実力があっても中学受験で退団する子もいるみたいですね。
勉強も勿論大切ですので、これも理解は出来るのですが・・


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 10:01
KANAパパさん ありがとうございます。

そうですね。どちらも熱心ではなかったかもしれません・・・
選手、タマに来る程度の練習では当然ながら進歩は遅い。
会長、見放した訳ではないですが、熱く語ったかどうかは?・・
軽い言い方だったかもしれませんし・・・
でも選手と親がもっと積極的だったなら、違った流れになっていた。そう思います。


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 10:05
とらきちおやじさん ありがとうございます。

全くその通りだと思います。
練習出来ない環境のチーム、これは有り得ない話です。
入団する意味がありません。
試合帯同も無意味だとは言いません。見て学ぶ事も多いでしょう。
ただ小学生ですと、なかなか集中力が持続しません。
応援の途中で遊びだす子が多いのも事実です。

今回の場合も、3年生の親がきっちり面倒を見る。そういうお父さんがいて、専属コーチが実現しました。
グランドも2面が使えるので、可能でした。
ちなみにこの時の3年生は今の中1です。皆とても上手です^^


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 10:10
shunさん ありがとうございます。

子供は生ものですか そうかもしれません。
私を含めた指導者達が、もう少し上手く誘導出来なかったか?
と思う事もあります。 意識付け、動機付けをもっとしてあげれば?・・
本件は反省点も幾つかありそうな気がします。


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 10:14
野球少年の父さん ありがとうございます。

別カテゴリーの『我が子レギュラーか計画』でも、私の胸中を綴ってあります。
やはり息子が試合に出る姿、見たいのが本音ですよ。

今回登場する2人と、息子さんの違いは明確です。息子さんは声を出していた。
こちらは・・ 残念ながら途中でふざけて遊んでました・・
意識の違いがありますね。

自主練、頑張っているみたいですね^^その調子です!


Posted by ドラ夫 at 2009年01月24日 10:19
その辺の加減ってややこしいですよね。
子どもの為・・・と指導者は考えているんでしょうが、実際はできないから外すという意識が底にある(無意識)方もいるようにも思います。(うちのチームのことを思い返せば)

うちの息子は当初、ほんとうにまともにできなかったんですが、外から見ていて(まだコーチじゃない時期)できないから練習をしなくちゃいけないのに、練習すらさせてもらえない、ノックをすればまだまともに捕れない子に捕れないような強い打球、レギュラーノックをしてそれ以外の子はダイヤモンド外でほったらかし、バッティングもオマケのような打たせ方・・・、できない子がイジメられてもしらんぷり・・・
それでも休まず行っていました。なぜか・・・友達と一緒のやるのが楽しいんですね、まともにできなくて怒られたりしても。
(その後、コーチになってこの辺は改善していきました)

うちの息子の代も6年生の春に後から入団した子にひどく出来ない子がいまして、その子は当初・低学年チームと練習させられていましたが、夏には「同学年と一緒にやらせてあげたい」とできないまでもAチームに上げてやらせてあげました。やっぱり同学年とやるのは楽しいらしく、その後は生き生きしていましたよ。

また、よくコーチ達の雑談であるんですが、子どもができないのは親の責任、みたいな話をする方もいることはいます、それは違うと思うんですね。当然、家で努力はしてほしい、それはそうなんですが、ただ野球が好きで努力するほどの情熱は持ち合わせていない、そんな子もいるんだということをわかってあげないといけないなぁと最近では思うようになっています。その分、チームで練習してもらうように考えています。

私としては、どんな事情があるにせよ、同学年は同学年と一緒にやらせてあげたいと思っています。だって小学生ですから。^^
Posted by Fastballer at 2009年01月25日 08:33
Fastballerさん ありがとうございます。

レベルに応じた練習。これが理想ですよね。
皆が同じレベルというのは、有り得ないのが実情です。
言い方は悪いですが、上手な子と下手な子に分かれてしまう。
全体の練習をどこに合わせるか?

学校の授業も同じですよね。
ある程度のスピードで授業は進んでゆく。
取り残されてしまう子も中にはいるでしょう。

野球の場合、班分けというか、レベルに応じた個別指導が望ましいのですが、
指導者の数。グランド使用等の問題で、きめ細かいところまでは、目が行き届かないのもありますよね。

ただノックで出来ない子に強いボールを打つとか、そういうのは無意味ですし、配慮が足らないと思いますねぇ。

本当は同じ学年で、その中で更に個別指導が出来るのが理想なんですが・・

>よくコーチ達の雑談であるんですが、子どもができないのは親の責任、みたいな話をする方もいることはいます、それは違うと思うんですね。


私もそう思います。親の誘導で選手が伸びる場合もあります。
というか、うちの息子も私が関与しなかったら、頭角を出すのがもう少し遅れたか、もしかしたら芽が出なかったかもしれません。
でも親が無関心でも、本人次第だと思います。
こんな時、監督やコーチが意識付けをしてあげれば良い事ですね^^

少年野球の場合ですと、各々で温度差が大きい。
それをどうまとめるか? 指導者の悩みどころでもあり、腕の見せ所でもあるかもしれませんね^^


Posted by ドラ夫 at 2009年01月25日 19:47
我がチームは、昔から上位学年優先でスタメンです。技術が上とか下とかは関係ないです。
あくまでもスタメンですので、試合展開では下級生を起用することもあります。
ただ、1学年で1チーム作れれば、その学年の子はずっとその学年です。
子ども達には、どんな状況でも同じ学年の仲間で過ごしたい気持ちがあるような気がします。
Posted by スマイルヒット at 2009年01月27日 00:06
ドラ夫さん、こんばんは
学童野球の場合は、純粋に野球をしたいだけではなく、集団行動や社会経験をさせたい、あるいは友人をつくったり交流させたい(したい)など野球以外の面を考えて入団してくる子供もいます。
一方で、野球が上手になりたい、試合にでて活躍したいと考えて入る子もいる。その中間も。
このような温度差を持った子供達と、球団の考え(これも、勝負に拘るか、勝ち負けは二の次で子供の教育を優先させるか等、いろんな考えがあります)、両者がすべて満足することは無いのではないでしょうか?

うちの5年生以上は、下の学年に混じって練習させることはしません。レギュラーをとれなければベンチか、控えが多ければ試合にも帯同しないでグランドで練習です。
監督は、ことあるごとに「実力がない子は、レギュラーになれないぞ」と叱咤激励、言い方を変えると放任主義?なので、子供達も納得しているようです(させられている?)。
意欲のある者は拒まず、目立たない者は追わず、誰とは言わずの監督の方針も、コーチ陣がホローしてくれているようです。
今のところうまく循環しているように見えます。
グランドに来ていない保護者の意見は聞けませんが・・・^^;
Posted by 賢介応援隊(黄) at 2009年01月27日 20:27
スマイルヒットさん ありがとうございます。

そうですね。同じ学年はやはり一緒が理想ですね。
この時の場合、ゲンジ達の学年が足りなかった。という面があるんです。
足らない以上は下と一緒にするしかない。
そうなると大所帯になってしまって (^_^;)
色々あって難しいです^^


Posted by ドラ夫 at 2009年01月27日 23:10
賢介応援隊(黄)さん ありがとうございます。

仰る通りですね。学童軟式は敷居が低い分、
様々な考えの子(親)が入ってきます。
動機はそれぞれ違いますし、うちのゲンジも最初は近所から野球道具を一式譲り受けたのがきっかけでした。

これに指導者の思惑も絡んできますから、こうした温度差を無くすのは、ちょっと難しいのが現実かもしれません。
うちのように親が熱くなる場合もありますし、
色んな部分が見えてしまい、熱かった親が冷めてしまう事もあるでしょうし・・・

方針に沿って選手が意識を変えてくれるといいのですが、逆に嫌気が出る場合もあるかも?・・

チーム運営の難しいところですね。


Posted by ドラ夫 at 2009年01月27日 23:18
大分以前の話題で申し訳ないですが、大変興味深いお話で初めてコメントさせていただきます。今回のケースの2人はみなさんコメントされているようにいずれ止められた可能性が高いと思います。但し子供の教育の話でいうと、学習障害の境界領域の子をだめにする方法は、まず普通クラスに入れてからその後失格のレッテルを貼って養護学級に入れる事だと言います。やはり子供は大人以上に目の前のクラス分けと言う現実を中々消化できないのだと思います。逆に一旦養護学級に入れてから学級委員など役職を任せて自身をつけさせてから、普通クラスに入れたほうが後の適応がスムーズなようです。そういう意味ではFastballerさんのチームの対応の方が望ましいのかもしれません。ただチームの人数、メンバー構成によってどうにもならないことの方が多いのですが。
Posted by やねた at 2009年02月06日 13:17
やねたさん はじめまして。コメントありがとうございます。

なるほど。教育現場での例え、よく判ります。
仰るような対応が望ましいように思えますね。
今回の野球の件ですと、マズイ対応だったのかもしれません。
当時はそこまで考えが及ばなかった。そんな感じがいたします。

今後もご意見等、お待ちしてます。
よろしくお願いします。


Posted by ドラ夫 at 2009年02月08日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。