2005年12月29日

なりふり構わず

前回の続きです。

2003年4月

強力打線が看板の相手に、3回までパーフェクトピッチングを続けるゲンジ。
大方の予想は大差での敗戦が主流だったので、ここまでは出来すぎの展開。

6年生主体の相手チーム、ゲンジのスローボールにタイミングが合わない。
引っ掛けた凡ゴロを続けていて、相手監督もイライラ気味。

3回裏の攻撃は3者凡退。さすがに相手投手の球は速い。
Bチームの我がチームでは、連打を期待するのは酷な状況。
形の上では投手戦の様相だが、次の4回からは2巡目に入る。

4回表の守り。ここで相手チームはベンチ前で円陣を組んだ。
相手監督がもの凄い形相で檄を飛ばしている。
先頭バッターもこの円陣に加わっており、相手の意気込みを感じる。

こちらの応援席も、思わぬ試合展開に盛り上がっていた。
番狂わせがあるか? 父兄にも笑みがこぼれている。

一方、マウンドのゲンジは少し疲れ気味の表情。
スタミナ面が心配される。投手は体力消耗の激しいポジション。
冬の間、技術関連の練習ばかりだったツケが回ってきたか?


バッターが打席に入る。
次の瞬間、皆が驚きの声をあげた。

なんとバントの構えをしている。
ゲンジは表情を変えずに第1球を投げた。
すると本当にバントしてきた!

3塁線に転がる打球。しかし内野陣はバント時の対応が出来ていない・・
悠々セーフ。ついに初めてのランナーを許してしまう。

この時はまだ4月。チームが始動して間もないのに加え、
バント守備の練習は全くしていなかった。

と言うより、バントを多用するチームとはこれまで対戦が少ない。
それにまさかこのチームがバントをしてくるとは、相当意外な感じを受けた。

ピッチャーのゲンジも、自分がどんな動きをすればよいのか?その辺りの事を解っていない。 
冬の間も、フィールディング関連の自主練は後回し気味だった。
投げる事ばかりに気を取られ、後の事には頭が回らなかったのが実際の所。

無死1塁で次のバッターは送りバントの構え。
ところがサードがバントシフトをとらない。
キャッチャーから守備に関する指示も出ない。

無理もない、こうした事を想定した練習をしていないのだから・・

監督が必死に守備体系の指示を出す。
ゲンジはこの日初めてのセットポジション。

打者は送りバントを決めたが、ファーストとゲンジがボールをお見合い。
譲り合ったような形でオールセーフ。
浮き足だってきたのか、選手も声が出なくなってきた。

相手チームのメンツを無視した、なりふり構わないバント攻撃。
この仕掛けを封じる事は出来るのか?

続きは後日。


この記事へのコメント
バント攻撃ですか、題名どうり相手もなりふり構わず見たいですね、守備の連携を普段やっていないときついですよね。
どうやって対処したのか?次回を楽しみにしています。
バントに批判的な方もいらっしゃいますが攻撃の選択肢としてはありですからね、ただ何でもかんでもって言うのはいただけませんが。
うちの弟君みたいに内野安打(バントヒット)に喜びを感じる奴もいますから。

昨日時間が無く乗り遅れました・・・
来年もゲンジ君の成長日記楽しみにしています。
Posted by 背番27 at 2005年12月30日 10:00
情け容赦ないですね。。。。
でもそれが野球ですもんね。
うちの子が投げてたときもやられたことがあります。
そのときは三塁手のバント処理が上手じゃないのを見抜かれて、5回くらい成功させられてしまいました。。。。
6回時間切れで、投球数70未満、被安打1、四死球1で、6対0というスコアでした。
そんときは悔しかったですね。
でも、全部三塁手に取らせるバントをした相手が上手ってことか!?(笑)
ですね、きっと。
Posted by ガッツ at 2005年12月30日 11:26
強いチームは、選手が戦術変更にすぐ対応できるんですね!
でも、この後どうなったんでしょうか???
楽しみです。。
Posted by 新米C監督 at 2005年12月30日 11:54
プライドを捨てた攻撃ですね。
でも勇気ある決断じゃないでしょうか。
相手の弱点に付け込むのは邪道ではありませんし。

来年も期待してますよ^^
Posted by ズンドコ節 at 2005年12月30日 16:28
なるほどなぁ・・・
バントかぁ。
そのチームやっぱり強いんですねぇ。
この先の展開・・・気になります(^_^)
Posted by Shin at 2005年12月30日 19:43
いわゆる「揺さぶり」ですね。
これも経験の一つだと思います。こうした場面を踏んで、子供達は成長するんですよね。

この続きは来年ですね(^^)
Posted by 月影のオヤジ at 2005年12月30日 23:21
相手が“流れ”を掴みかけてますね。
ここは、キャプテンが「タイムッ」って、一呼吸おきたいところですね。

ゲンジ君のセットポジションの投球にも興味があります。
うちの息子は、セットよりワインドアップの方がコントロールが良いので…。普通、逆だろっ!って感じです。
Posted by 始動者 at 2005年12月31日 00:16
背番27さん こんばんは。

小学生のバントには、色んな意見がありますよね。
どれが正しいとかではなく、これも作戦の一つですからね。
うちの息子、バントヒットを狙えるような足がありません^^

来年も引き続き、よろしくです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月31日 01:10
ガッツさん こんばんは。

かき回す野球に翻弄されると、記録には表れない形で得点が入ったりしますよね。
まぁこれも経験でしょうが、この時は対策が出来ていませんでしたから、結構厳しい状態でしたね。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月31日 01:14
新米C監督さん こんばんは。

すぐに対応するのが強いチーム。
オロオロするのが発展途上のチーム。
という事でしょうね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月31日 01:16
ズンドコ節さん こんばんは。

これも作戦の一つですから、やられた方は文句は言えませんよね。
やはり冬にグランドを使えないのが響きましたかね。
まぁ相手も条件は同じですが(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年12月31日 01:19
Shinさん こんばんは。

強い所は、何をやっても上手くこなすんですね・・・
うちもそんなチームになりたいですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月31日 01:22
月影のオヤジさん こんばんは。

この時は我がチームも、事前準備に手抜かりがありましたね。
まぁ最初から勝負度外視の2エントリーでしたが、それにしてもお粗末でした^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月31日 01:26
始動者さん こんばんは。

タイムですか。選手達にそんな余裕が無かったですね。この時は。
監督もパニックだったかもしれません^^

うちの息子も、セットよりはワインドアップのほうが好きみたいですよ。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月31日 01:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

手の入れ方
Excerpt: shinさんからご意見いただきアップしました。 長男も手はやはり、浅く入れています。 入れるように型付けされています。 PRO-Bが小さいとはいえ これが、なかなか難しいらしいです。 我が家の場合..
Weblog: わい日記2〜goo〜
Tracked: 2005-12-30 06:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。