2008年12月14日

短いトレーニングバット


オフシーズンの自主トレ用に短いトレーニングバットを購入しました。


mijikai1.bmp



比較用に通常の長さのバットも一緒に撮影しました。
下の短いバットが通称短尺バットです。

ミズノ製で長さは65cm 重さは850gです。
こうした短いバットでのトレーニング目的は何か?

色々と有ると思いますが、我が家の場合はこれで片手打ちを行います。

実はこうした用途のバット、以前から所有しており、
今回は買い増しなんです。



mijikai2.bmp



下に写っているバットが、これまで使っていたもの。
正確に言えば、これはトレーニングバットではありません。
少年用のバットです。65cmで450g

今回購入したバットと長さは同じですが、重さは約半分。
これまではこの軽いバットで、片手トス打撃の練習をしていました。

このブログを始めた頃、ゲンジが中学入学を目前に控えた時でしたが、
その時にあるブログで片手打ちの話題がありました。

私はこの練習メニューに着目。自主練で導入する事を決めた。
当時にも重くて短いトレーニングバットはありましたが、
中学1年のゲンジには、まだ重過ぎる・・

手首等の故障も懸念し、導入を諦めかけていた時に、
この軽い少年用バットを見つけた。

以来このバットで練習を続けてきましたが、
さすがに今は高校1年生。450gでは軽すぎます ^_^;
そこでようやく通常の重さのバットになったわけです。

片手のトス打撃ですが、この練習を否定される人もいると思います。
ただ当時の私はアレコレと練習メニューを模索しており、
『良いか悪いか? 取り敢えず試してみよう』 という事で導入。

それなりの結果が出たような気がしたので継続しています (^_^;)

ゲンジは右バッターですから、右手が添え手。左手が引き手になります。

片手トスは左右の手で同じ数だけ打たせました。
この練習で目指したのは、左手の時はバットコントロールと手首の返し。
右手の時はバットの押し込みです。

引き手の時は、ボールにキチンと当てる事。ボールを捌く感じです。
添え手の時は、テニスのように思い切り叩く。

普段は両手で打ちますから、当然片手だと窮屈で不便です。
でも慣れてくると普通に打てるようになります。

両手だと当たり前に出来る動作が、片手だと難しい。
そうした事を理解させる上でも、この練習は意味があると思う。

しかしバッセン等で実戦形式のボールは片手で打たないでください。
勢いのあるボールを片手で打つのは、手首や肘に負担がかかります。

トス打撃のように、ボールに勢いが無ければ大丈夫ですが・・
テニスボールよりはるかに重い野球のボールです。やはり危険です。

さて今回購入のバットでは、片手だけでなく両手でも打たせてみたい。
先日エントリーした『好きなコースは外角低め』
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/110991321.html

このエントリーの中で、苦手なコースは内角高めとありますが、
この短いバットで実戦練習をして、何かを掴んでくれるのを期待したい。

色んな練習メニューでこの短いバットは、
これからも活躍してくれそうです (^^)





posted by ドラ夫 at 15:40| Comment(20) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
短尺バットの片手振り練習ですね。
我が家も、たま〜にやってます。 あと長いバットも^^ いろいろ試みてはいます。
Posted by ケロの父 at 2008年12月14日 16:20
短いバット、最近話題ですね。
色々な長さ、重さのバットを、色々と考えながら振って練習するんですね。

小猿くんは、まだ「普通のバットをキチンと振る」ことからですが・・・^^;
Posted by PAT at 2008年12月14日 21:41
短いバット、良いですねぇ。
いつも、欲しいものリストに入っているのですがなかなか購入出来ません^^;
でも、私も何でも試してみたい質なので、ゲンジ君の6年生を見習って、低学年学童用を買ってみようかな。
まだ、本格的なものは重すぎる気がします。

左右の手、同じ数だけ振る。なるほど。
Posted by trytry at 2008年12月14日 21:53
うちも片手打ちやってます。
Keiは左打ちですが、左手で押し込むクセがあるので。。。。。
ちなみにまだ普通のバットではなく、おもちゃのプラバットに少々重りを付けてですが。
Posted by ヨウボン at 2008年12月15日 09:31
引き手側から 身体を持って行く...ってのを浸透させるのにグッド(上向き矢印) と思います
タイミングがズレてもあっかんべー 対応出来る練習にも 為りますねダッシュ(走り出すさま)
手(パー) 私も敢えて偏間隔で させてますヨexclamation×2
Posted by 魔送球 at 2008年12月15日 12:06
ドラ夫さん、こんにちは
短尺バット、今年の夏に当チームの監督がチームにと個人的に買ってくれました。
「バットの握り方と、片手で?手首の返し方を練習するように」と言ってコーチに渡していました。近いうちに借りてみようと思います。
Posted by 賢介応援隊(黄) at 2008年12月15日 12:13
トレーニングバットも目的によって色々と種類があるんですね〜 見ていると欲しくなってしまいます(^^)
Posted by ズンドコ節 at 2008年12月15日 16:41
私も同じバットを購入しています。
キッカケはmetooさんのブログでした。
私は両手で打っています。前肩の開きが早いと
指摘があったので、成果が出る前にシーズンオフ
しましたが。
子供たちにも足が開いちゃう子に使わせてます。
直るのですが、普通のバットに戻すと足も戻るのが・・・(^_^;)
Posted by 穴金空歩人 at 2008年12月15日 18:50
重さが倍になったんですね。最初は少し戸惑うかもしれませんね^^
いつかこのカテゴリで長尺バットも出ますかね?
120センチぐらいの長いバット、興味があります。
Posted by Xゲーム at 2008年12月15日 22:24
短いバットの練習はほとんどしていません。
時々、バッティングセンターでは、置いてある小さい子用バットで打っています。
皆さんがおっしゃるような効果を規定しているのですが…、たまにしかやらないので気休めにしかなっていません。^^;
Posted by スマイルヒット at 2008年12月15日 23:57
ケロの父さん ありがとうございます。

長いバット、そのうち買うかもしれません (^_^;)


Posted by ドラ夫 at 2008年12月16日 19:14
PATさん ありがとうございます。

高学年になるまでは、普通のバットの練習で十分ですよ^^
敢えて重いようなバットはお勧め出来ません。


Posted by ドラ夫 at 2008年12月16日 19:16
trytryさん ありがとうございます。

トレーニングがメインですから、無理をして故障しては意味が無いですからね^^
適度な負荷をかけるのが理想です。


Posted by ドラ夫 at 2008年12月16日 19:18
ヨウボンさん ありがとうございます。

オモチャのプラバット。
低学年にはこれがお勧めですね。
うちも室内練習ではこれとスポンジボールで練習していた時期もありました^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月16日 19:20
ぶっ叩け〜!!さん ありがとうございます。

間合いも色々種類がありますし、機械的に打つだけでなく、ボールも色々緩急をつけて投げてやりました^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月16日 19:23
賢介応援隊(黄)さん ありがとうございます。

そちらのチームでは導入済みなんですね^^
重さは軽いものでしょうか?
他メーカーでこれより200グラムほどい軽いものがあります。


Posted by ドラ夫 at 2008年12月16日 19:25
ズンドコ節さん ありがとうございます。

元来が道具好きなので、私も理性を抑えるのが大変です (^_^;)


Posted by ドラ夫 at 2008年12月16日 19:27
穴金空歩人さん ありがとうございます。

両手打ちも当然ありますよね^^
うちも早くバッセンで試してみたいです。
最初はきっと戸惑うでしょうね ^_^;
私も1ゲームだけ打ってみようかな? ^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月16日 19:29
Xゲームさん ありがとうございます。

一気に倍の重量でしたが、振るぶんには特に問題は無さそうです^^
長尺バット、野球部に数本有るようなので、個人的には購入しないかもしれませんが、
臨時収入があれば買うかも? (^_^.)


Posted by ドラ夫 at 2008年12月16日 19:32
スマイルヒットさん ありがとうございます。

自主練メニューも沢山ありますからね。
とても全部は出来ませんから、自分達の考えで選択すればいいですよ^^
うちの場合、買ったからにはどんどん活用します^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月16日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111218067
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。