2008年12月11日

【走り込み】の季節到来

当地も寒さが本格的に厳しくなってきました。

放課後の練習も、夏とは違ったメニューに移行しつつあるみたいです。
今週は主に走り込みを行っているらしい。

寒いですから、身体を温めるにはいいかもしれません^^
ただジョギングのように走るのではなく、色んな工夫があるとの事。

グランドはまだ使えるので、ボールを使った練習も織り交ぜてある。
ずっとそのままだと身体が冷えるのでしょう。
それを避けるために、合間に走るメニューを入れてあるんですね。

メニューの区切りにはとにかく走る! こんな感じだそうです^^
ゲンジ曰く、『冬の練習のほうが身体は辛い・・・』

夏は夏で暑くて大変ですが、冬の寒さもこれまた辛い。
でも走る練習はスポーツの基本ですから、めげずに頑張ってほしい。

冬に貯金を作っておかないと、夏の連戦のスタミナが心配。
強い足腰を作る事も必要ですし。

チーム内で中距離走のタイムトライアルも行ったようです。
駅伝で実績のあるゲンジ、ここではやはりダントツのタイムだった^^

でも・・ 短距離は相変わらず下位に沈んでいます (^^;
来春には少しでも速くなっていてほしいなぁ。。。







posted by ドラ夫 at 07:44| Comment(26) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スタナミバナナ は大切ですexclamation如何なる場面に措いても最後の砦として抗力と成ります
今、チビ問題&不条理な社会情勢に対抗&足掻く術は冷や汗 私の精神的なタフさに懸かってます
苦しさやもうやだ〜(悲しい顔) 辛さを味わって来た経験の縁り多い者 程に、スタナミが自然と備わります
走る人 訳には行かない全てをクリアしない裡は、チビの野球に目が向けらんない状態 ですが...
それでもWBC野球ウィンク 愉しみたく思ってますヨ。雨の後は必ずいつか晴れるんですから…
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2008年12月11日 10:26
 そちらの寒さはきっと、このあたりの比では無いのでしょうねぇ…
とにかく、寒くなってくるとアップ不足による怪我が心配!
走る前のストレッチなど、入念に行わなければ…
と、思います。
 いえ、選手(小学生)たちより、むしろコーチ(大人)の方が…。
Posted by でぃあ at 2008年12月11日 11:15
次男たちも冬のメニューが始まりました。
昼食は軽め。御飯は食べられないとの事で、パンや麺類が多いです。こんなんで身体が持つの・・と心配です。

先日チームで体力測定したのですが、相変わらず短距離は遅いです。親譲りだから仕方ないか・・と半分諦めています。ちょっと速くなったな・・と思っても、周りの子も速くなりますから・・(笑)
Posted by ハッシー at 2008年12月11日 12:03
うちは金曜まで期末試験なんで、本格的な冬トレはその後からでしょう。
どこのチームでも「地獄の・・・」とか「走りまくりの・・・」なんて形容されるでしょうから、ツライのは一緒ですよね。(^^
ウチの息子も短距離は今ひとつだけど、中距離だけは先輩にも勝てるかな。
Posted by かに at 2008年12月11日 13:13
来年はフル稼働でしょうし、この冬にスタミナを作っておきたいですね!!
うちも、この冬は走ります!!
Posted by ヨウボン at 2008年12月11日 13:42
最近、ベルトがきつくなって来ました。
立っているだけじゃ、寒いんで子供達と一緒に
走ろうかな。と毎回思っているのですが・・・

今度の週末は一緒に走るぞ(^0_0^)
Posted by 穴金空歩人 at 2008年12月11日 14:16
ドラ夫さん、こんばんは
冬の練習は、地域や学年に関わらず辛いようですね。基礎体力作りほど地味なものはありません。
当地の近所の中学では、外が使用出来なくなると体育館、体育館も各部活の調整で使えないと廊下や階段となるようです。
ハム彦が通っていた高校では、冬には歩くスキーをしていました。これも体力つきますよ^^
Posted by 賢介応援隊(黄) at 2008年12月11日 18:40
冬のトレーニングは体力の極限をと言えば地獄のトレーニングだが、それに近いものがあっても夏ほどの苦しさはないと感じる私です^^;
こんなトレーニングをするためには、気温を下げておいてやろうと言う心遣いを野球の神様がしてくれているのかとさえ思ってしまいます。なんて^^
Posted by ケロの父 at 2008年12月11日 21:19
冬といえば、”走り込み”ですもんね^^

走るって言っても、どのくらいの距離を、どんなペースで、どの程度走ればいいのか・・・どの部分を鍛えたいのかによっても違うのでしょうね。

素人の私には難しいです・・・
Posted by PAT at 2008年12月11日 22:31
練習メニューの合間に走るんですね。休憩なんてしてると体が冷えちゃうので、とにかく動き続けるって感じですかね?^^
いずれにしろ、冬の走り込みは次の夏に成果が出ますからね。しっかり体力を付けておきたいです。
Posted by スマイルヒット at 2008年12月11日 22:52
ぶっ叩け〜!!さん ありがとうございます。

そうですね。単に体力面だけでなく、精神面のタフさも、
社会で生きていくには必要ですよね。
何かと周囲に色々あるみたいですね^^
上手くクリア出来る事を願ってますよ^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月12日 07:14
でぃあさん ありがとうございます。

そうです。大人もこの時期は手を抜くと、
あとでエライめに遭いますからね・・
油断禁物です^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月12日 07:16
ハッシーさん ありがとうございます。

やはり食べないと色んな面で辛いですよ。
体力もそうですが、身体も大きくならないし。。。

短距離走、息子も若干タイム向上してますが、
当然ながら他の子も伸びているので、差が縮まりません (^^;


Posted by ドラ夫 at 2008年12月12日 07:20
かにさん ありがとうございます。

試験が終われば、いよいよ本格的な冬トレみたいですね^^
中距離だけでなく、短距離も長距離も先輩を負かしてください^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月12日 07:23
ヨウボンさん ありがとうございます。

そちらはまだ小学生ですからね。
あまり無理をしないでくださいね^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月12日 07:25
穴金空歩人さん ありがとうございます。

ベルトの穴がきつい・・ いけませんねぇ^^
穴の数を一つ縮めるよう、頑張りましょう^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月12日 07:28
賢介応援隊(黄)さん ありがとうございます。

黙々とこなすメニューになりがちですから、確かに地味なトレーニングですね。
中学の部活、こちらも冬は校舎の階段を利用してます。
体育館は他の部活が使うので (^^;


Posted by ドラ夫 at 2008年12月12日 07:31
ケロの父さん ありがとうございます。

灼熱の太陽の下では、汗もガンガン出ますからね^^
そう思うと、冬は幾分は楽かもしれませんね^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月12日 07:38
PATさん ありがとうございます。

一口にランニングメニューと言っても、かなりの種類がありますからね。
ただやみくもに走るだけではなく、きちんとした目的にあったメニューを組みたいですね。


Posted by ドラ夫 at 2008年12月12日 07:41
スマイルヒットさん ありがとうございます。

そうなんです。折角温めても、すぐに冷えては勿体無いですからね ^^
選手も寒いよりは、そのほうがいいでしょう^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月12日 07:43
走り込んでますよ〜

深夜に私が!^^
Posted by metoo at 2008年12月12日 20:23
愚息が入団したチームは全道1とも言える走り込みがチーム練習時に課せられます。
自主トレでしっかりと走り込みをしてくれると、チーム練習日は違うことが出来るのに^^;
夏への貯金、まさにそうですね!
Posted by trytry at 2008年12月12日 20:41
お久しぶりでございます^^;

冬の練習、特に走りこみの大切さは本当に実感しています。
息子チームの先輩も、これで大きく成長した子もいます。
手を抜く子もいる中で、どれだけ目的意識を持って真剣に取り組めるか?
これが成長の鍵ではないでしょうか。
Posted by とらきちおやじ at 2008年12月14日 09:30
metooさん ありがとうございます。

えっ?・・ 走っているんですか? ^_^;
凄いなぁ・・ 私には真似出来ません^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月14日 17:23
trytryさん ありがとうございます。

おぉ! 息子さんのチームは走るメニューが多いですか。
それは大変だ ^_^; でも必ずその効果が出ると思いますから、是非頑張ってほしいですね^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月14日 17:25
とらきちおやじさん ありがとうございます。

走る事が好きな子。得意な子。
走る事が嫌いな子。苦手な子。

様々だと思います。でもタイムは関係なく、
いかに自分の限界を高められるか? これが大事だと思うんです。

遅くてもいいので、手は抜いてほしくないですね。


Posted by ドラ夫 at 2008年12月14日 17:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。