2008年12月10日

好きなコースは外角低め

ゲンジは帰宅後の自主練も、今のところ継続出来ています。
私も勤務に差し障りのない時間帯は付き合っている。

その時、ふと思った事がありました。

『そういえば、お前は好きなコースはどこなの?』

長年息子の野球に付き合ってますが、
得意なコース、苦手なコースがどこなのか?
あまり考えていませんでした ^_^;

親バカコメントになりますが、どのコースもそれなりに打っているような気もする。
ただ本人はどこが好きななのか? これまで聞いた事も無かった。

質問に対する返答は、『外角の低めが好き』との事でした。

うーん・・ ちょっと人とは違いますねぇ^^
外角の低めといえば、一番打ちにくいコースとも言われています。

ただ一概に言えない部分もある。
ストレートがそのコースにいくのか、カーブが縦に曲がって落ちるのか、
スライダーが横に曲がって外角低めに決まるのか。

捕手がキャッチする場所は同じでも、そこに到達する道程はそれぞれ違う。
それらを踏まえて、外角低めが好きなんだそうです。

意外な答えでしたが、振り返ってみれば思い当たるフシもある。
6年生の時は放ったヒットの半分以上がセンターから右方向。

また中2から中3にかけては、右中間からライトオーバーの長打を連発していた時期もあった。

ゲンジは右打者ですが、右方向に長打が多いのが特徴。
レフト方向には、三遊間を強いゴロで抜ける当たりが多い。

スタンスがオープンスタンスというのもあるかもしれません。
本人が好きなコースと、結果を出しているヒットゾーンが一致しているので、
まぁそれほど悪くない結果かもしれない。

ちなみに嫌いなコースは『内角の高め』 だそうです^^
この苦手ゾーンを克服しないと、ホームランの数は増えないでしょう。

私は外角低めのほうが嫌だけどなぁ。。。。





posted by ドラ夫 at 00:53| Comment(22) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外角低めの出し入れで勝負するピッチャーが多いのに、それを狙い打ちされては、相手バッテリーは嫌だろうなぁ。
また、球種はあまり影響無さそうなゲンジ君には、やはり凄いです。^^
Posted by スマイルヒット at 2008年12月10日 07:33
 内角高め…って、ここをきれいにヒットできたら、
そりゃもう怖いものなし!じゃないですか…(^^)
(難しいと思います!個人的にも)

>どのコースもそれなりに打っているような気もする

 ああ〜、つくづくうらやましいです。
Posted by でぃあ at 2008年12月10日 09:36
次男は何処が好きなコースなんだろう・・。
次男も、今も昔も右方向の打球多いです。
でも、ゲンジ君と違うのは、現在の彼はタイミングが合っていないか、若しくは振り遅れっぽいところかな〜(笑)

兄ちゃんに聞いたら、来た球を打つだけとか言われそうだな〜(笑)たまたま・・が、まだまだ抜けません。

Posted by ハッシー at 2008年12月10日 11:35
ドラ夫さん、こんにちは
外角低めは、私も何となく好きではないですね。
体が開いて目から遠くなるような感じがして、三振するイメージしかわきません(あくまでハム彦の場合です^^;)
ゲンジ君は、その点溜めてしっかりと叩ける。
清原見たいですね^^

ユウは、インハイが好きだそうです。
当たればめちゃくちゃ飛びますが、脇が開いて大ファールも多いです。本当に得意なコースなのか〜~~;
Posted by 賢介応援隊(黄) at 2008年12月10日 12:27
うちの子は真ん中が好きだそうです・・・
あとはどれも嫌いみたいです。
ファールで粘って好きな球を打ってはダメ?
ですって。
Posted by gittyo-4 at 2008年12月10日 13:50
そのコースが好きって。。。。
相手投手には嫌なバッターですよねぇ〜!!
インハイを克服出来れば凄いバッターですね!!
Posted by ヨウボン at 2008年12月10日 14:23
? タフィーと同じですねぇ〜

長男、内定取消みたいな...流れですげっそり
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2008年12月10日 15:51
アウトロー好きとは珍しいかも^^

ケロの好きなコースはインロー、嫌いなコースはインコースの真ん中なんです。不思議です。
Posted by ケロの父 at 2008年12月10日 21:08
外角低目が好きっていうのは、選球眼も良いんでしょうね。
眼から一番遠い場所ですから、単に「好き!」っていう思い込みだけで振っていったらボール球の空振りが増えるだけ(外角低目が得意って言ってるプロ野球の助っ人外人に多いパターンかと・・・)でしょうから、キチンと結果が出ているということは、キチンと見えてるということなのでしょうね。

さすが、ゲンジ君ですね。
Posted by PAT at 2008年12月10日 22:14
私的には、ゲンジ君は凄い!と言う感想です。
それも学童時代から、外角を打つというのは素晴らしい。
うちのチーム、強打者を相手にする時は外角低めが決め球です。
外に逃げる球はそうそう打てるものではありませんよね。
ちなみに愚息が大好きなコースは、内角高めで何故かこれが切れないんですよねぇ。しかし、外角低めは絶対に打てません^^;
Posted by trytry at 2008年12月10日 22:58
スマイルヒットさん ありがとうございます。

狙い撃ちまではいきませんよ(^_^.)
本人も深く考えずに出た言葉かもしれません^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月11日 00:46
でぃあさん ありがとうございます。

オープンスタンスなので、内角高めはよく見えるコースなんですがね (^_^;)
苦手意識を克服してほしいです。


Posted by ドラ夫 at 2008年12月11日 00:48
ハッシーさん ありがとうございます。

次男君も右方向の打球が多いのですね^^
振り遅れなんてご謙遜を^^
長男君が言う、「来た球を打つ」 これが基本だと思いますよ^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月11日 00:51
賢介応援隊(黄)さん ありがとうございます。

息子はレフト方向へのファールはかなり少ないですね。
ファールは右方向かバックネット方面が多いです。
引っ張る打撃も中学の頃は時折ありましたが。

大ファールを見ると惜しいなぁ といつまでも思ってしまいますよね (^_^;)


Posted by ドラ夫 at 2008年12月11日 00:55
gittyo-4さん ありがとうございます。

真ん中、これが案外打ちづらい・・
こういう選手もいるそうですよ^^
ドカベンの岩鬼もそうですね^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月11日 00:58
ヨウボンさん ありがとうございます。

苦手がない選手は少ないでしょうね。
kei君はどこでも打つんでしょうね^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月11日 00:59
ぶっ叩け〜!!さん ありがとうございます。

長男君の件、大丈夫ですか? なんだか心配です・・


Posted by ドラ夫 at 2008年12月11日 01:00
ケロの父さん ありがとうございます。

得意コースと苦手コースが接近してますね。
まさに紙一重ですね ^_^;


Posted by ドラ夫 at 2008年12月11日 01:02
PATさん ありがとうございます。

選球眼は良い部類に入るでしょう。
ストレート系のボール球には、ほとんど手を出さないです。
打率を残すには、選球眼も重要ですね。


Posted by ドラ夫 at 2008年12月11日 01:04
trytryさん ありがとうございます。

学童時代は右肩が下がり気味で、アッパースイングに近い軌道でバットが出ていました。
中学に入り、そのスイングは修正しましたが、
肩が下がらなくても右に飛んでいきます^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月11日 01:06
うちのにも聞いてみました。
「ちょっとインコースの、ちょっと低め」だって。
びみょ〜。
Posted by かに at 2008年12月11日 13:03
かにさん ありがとうございます。

その「ちょっと」 という部分が確かにビミョーですねぇ^^


Posted by ドラ夫 at 2008年12月12日 07:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。