2005年12月26日

復活する野球少年

今日、とても嬉しい知らせがありました。
一人の少年が、1シーズンのブランクを経て来年から野球に復活します。

彼の名前はT君。息子ゲンジと同級生です。
昨年まで同じ学童チームで、共にプレーしたチームメイトでもあります。

T君は6年生の時はレフトの「準レギュラー」
一つ年下の選手との併用でした。

私もコーチの一員として、なんとかT君にレフトの定位置を掴んでもらいたかったのですが、
最後まで併用の壁を越えられず、シーズンを終えました。

6年生で規定打席に達しなかったのは2人だけで、そのうちの一人がT君でした。
T君は人並以上の大きな声を出す子で、チームのムードメーカー的存在。
私もこうしたT君のキャラが大好きでした。

卒団後、ほとんどの選手が中学でも野球を続けるなか、
T君が選んだのはバスケットでした。

私もゲンジを通じ、なんとか野球を続けるよう説得したのですが、
本人は野球を断念する意向のようでした。
やはり学童チームでポジションを獲れなかったのが、大きな原因のようでした。

身体能力は比較的高く、磨けば飛躍しそうな雰囲気もあったので、とても残念でした。

こんなT君と久しぶりに会ったのが、スポーツ用品店の野球コーナー。
ゲンジを連れて買い物に出掛けた時、そこにT君がいたのです。

『ドラ夫コーチ! こんばんは!』 と元気に挨拶してくれた。

『お〜T! 元気にしとるか? ところでお前、ここで何やっとるんや?』

『え?・・ あのぉ・・ 別に・・』

なんだかハッキリしない態度^^ 
少し近況を聞いた後、T君は店を後にした。
直後にゲンジがこう言った。

『パパ? Tの奴、野球をもう一度やりたいみたいだよ。』

『何?! お前、誰からそんな事聞いたんや?』

『クラスの他の友達から。なんでも外野手用の新品グローブも買ったみたい。』

『ほんでお前には野球部に入りたいって言ったんか?』

『いや、僕は直接は聞いてない。この話をするとTはごまかすんだよ。』


詳しく言うと、バスケに入ったものの野球への未練が捨てきれなかった様子。
ゲンジを始め、以前のチームメイトが野球復活を薦めても、本人は踏ん切りがつかない。
戸惑いや1年のブランクが心配なのかもしれない。

それに一度野球を辞めたので、また入部するのも恥ずかしいのか?
選手同士は良しとして、指導陣に遠慮もあるのかもしれない。
こうした状況の場合、なかなか本人からは言い出しにくい部分も理解出来る。

ドラ夫はT君の父親に電話をした。そこのお父さんとは学童チーム以来親交もある。
まずはT君の気持ちの確認と、クラブチームに入る場合は、障害がある場合は全て
こちらが取り除く。という事をお父さんに伝えた。

そして最後に一言。
『選手・指導者一同、Tの復活を心より待っている。』

ドラ夫は監督と他のコーチにこの件を相談し、本人の気持ちが固まったら、
チームへの受け入れOKとの内諾を得ていた。

後はT君次第。

この話は今から半月くらい前の事。なかなか返事が来なかったが、
本日本人からこちらに電話があった。

『また野球がやりたいです。入団させてもらえますか?』

この言葉を聞いた時、不覚にもグッと来るものがあった。

1年のブランクは確かに大きい。4月には新1年生も入ってくる。
そうでなくても今の外野はポジション争いが熾烈。
T君の前途は厳しいとしか言いようがない。

しかし、本人のやる気と努力次第では台風の目にもなりえる!
他の選手に与える影響も大きいだろう。 

もとよりあの「大きな声」がチームに加わると思うと頼もしい!
声だけではなく、実力面でもチームに貢献してほしい。

ブランクがあるからといって、甘やかす事はしません。
2月のチーム始動からバンバン行きます!

T君を鍛える事、今から楽しみです^^

ゲンジもとても喜んでいました。私も本当に嬉しいです。
今後のT君、是非応援してあげてください。
この記事へのコメント
グッとくる話ですね!
違う世界に足を踏み入れる事は、勇気がいる事だったと思います。そして復活する決心も不安があったでしょうが、自分に対して正直な決断と思います。
ドラ夫さん来年の楽しみが早速増えましたね!
1年分の練習をガシガシやってあげましょう^^
Posted by metoo at 2005年12月26日 23:27
私も中学に入ったとき、「野球部に入ると勉強出来なくなる」と言われていたこともあって、野球を辞めるつもりで水泳部に入部、体がきつかったので一日で退部、その後テニス部にも入りましたが、結局野球が忘れられず、野球部には入りました。ブランクは3ヶ月程でしたが…
なので、T君の気持ちが良く分かるような気がします。早く、1年のブランクをキャッチアップして欲しいと思います。
Posted by うめたろう at 2005年12月27日 00:21
我が息子の周りにも野球を辞めていった子たちはいます。でもまたやり始めた子はいません。
せっかく一緒にやってきた仲間が去っていくのは寂しいです。できることなら最後までがんばって欲しかったですけど‥その子なりの事情がありますから仕方ないですよね。
復帰したTくんにも覚悟があるでしょうからゲンジくんに負けないようがんばって欲しいですね!


>ヒントはうちも犬を飼ってます。そして私もラーメンが大好物です。ここまで言えば判りますよね?^^

これだけではぜんぜんわかりませんよ!(汗)
我が家のHPをごらんになったってことでしょうけど、「犬」と「ラーメン」だけでは‥どこからたどり着いたのでしょう?ちょっと混乱気味です!
ここでは失礼ですのでよろしかったら我が家のHPに書き込みしていただけませんか?
お待ちしております♪ 

Posted by 寝てるゾウさん at 2005年12月27日 07:11
metooさん おはようございます。

やっと踏ん切りがついたみたいです^^
彼なりに思うところがあったのでしょう。でもその決断にはこちらも嬉しいものがありました。
どうやって鍛えるか? 今から楽しみです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 07:44
うめたろうさん おはようございます。

うめたろうさん自身も同じような経験をなさったんですね。
それならT君の気持ちはよくお判りの事でしょう。
このハンデを乗り越えてほしいものです。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 07:47
寝てるゾウさんさん おはようございます。

やはり復活というパターンは少ないでしょうね。ですから尚更応援したくなりますよ。

>我が家のHPをごらんになったってことでしょうけど

そうなんですよ。別に深い意味はありません^^ 私の出したヒントは、上記の事を言いたかったんです^^
ですからあまり悩まないでくださいね(^^;
またHPにもお邪魔させていただきます!
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 07:52
いいお話ですね。
一度断念した野球を「またやりたい!」という気持ちもそうですが、私は『選手・指導者一同、Tの復活を心より待っている。』というチームの方針が素晴らしいと感じました。
勝利至上主義のチームならこうはいかないと思います。
野球があきらめきれない子供にちゃんと救いの場を提供できる"チーム"に感激しました。
Posted by さとる at 2005年12月27日 09:27
ざいまぁ〜っス!!
実際に 私の同級生・親父指導者仲間にも 高校からいきなり硬式野球部へ?(中学では陸上&柔道!?)って言う 変わった奴が二人も居ます。
(Gの上原投手の例からも)T君は、ブランクを気にしてるそうですが 全く問題無いと思います。
其々が追う夢の頂点が違ってても、楽しい/好きな野球を 外野の声に惑わされず 取り敢えずは夢中に成ってやって欲しいです、遅い?って事は誰かが勝手に決めて言うだけですから。

我が家の長男は 中学の部活はテニスを選びました、年上に数人のクワセ者が居た為&外野(妻)からの声も在り 友達同士で話し合い 野球部を避けたんです。
テニスで そこそこの結果を出したんですが・・・受験勉強部屋には 手入れしてある小学生時代のグローブが・・何故か!? いまだに 在るんです???・・・・・・・・・(先日、見つけました)。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年12月27日 09:58
いいお話ですね。自分が本当に野球が好きであると知ったのと、そうでないのは、大きな違いがありますね。来期のブレイクに期待します。

うちのチームに、3年生の終わりに辞めた子がふらっと練習を見に来たそうです。父兄が発見して、「お前また野球やりたいんだろ。戻ってこいよ」と声をかけたそうです。本人、サッカーチームに入っているので、難しいとは思いますが、返ってくれると嬉しいですね。
Posted by 星 十徹 at 2005年12月27日 10:45
T君相当悩んだのでしょうね。
でも、復活して良かった。
もし、今回の踏ん切りがなければ、後々必ず後悔したように思いますから。
ドラ夫さん、このオフ忙しくなりそうですね。
Posted by Shin at 2005年12月27日 13:12
ドラ夫さんのタイムリーヒットじゃないでしょうか?
本人からはなかなか言いだせない事ですよ。ですからナイスアシストだったと思います!
是非とも頑張ってもらいたいものですね。
Posted by にゃんこ先生 at 2005年12月27日 15:09
嬉しい知らせですね。
こう言う話は大好きです。
1年のブランクはあっても基礎は出来てるでしょうし、中学生で飛躍的に伸びる子もいます。
後は、本人の努力と回りのサポート次第ですね。

なんだかこちらまでワクワクします。
ぜひ時々はT君のその後をアップして下さいな。
ガンバレーT君!
Posted by ハッシー at 2005年12月27日 16:43
復活を決心するにはかなり考えたのでしょうね、友達の声も大きかったのではないでしょうか。
うちの中学でも2年続けて復活がありました最初は1年といっしょに整備から始めますが元チームメイとが多いですからすぐに溶け込みますね。

ホンとは弟君に復活してほしい親父です・・・
Posted by 背番27 at 2005年12月27日 17:57
1年間のバスケへの取り組みをサボっていなければ、野球には味わえなかった瞬発力と持久力が付いてきてるかもしれませんね。
なにせ、バスケは試合中ダッシュの繰り返しですから。
イキイキと野球に取り組んでくれそうで、今後が楽しみです!
Posted by 始動者 at 2005年12月27日 20:29
さとるさん こんばんは。

チームの方針を褒めていただき、ありがとうございます。
私も知らぬ顔は出来なかったので、いろいろと世話を焼いてしまいました^^
皆で仲良くプレーしてくれるのを願ってます。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 22:52
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

>遅い?って事は誰かが勝手に決めて言うだけですから。

その通りですよね。遅い早いは個人差がありますが、遅いからと言って全てがダメだとは言えない部分もありますよね。

上の息子さん、テニスでも活躍されましたよね^^ 長男君も弟達に触発されて、野球復活も有り得ませんか?^^
そうなる事を期待してしまいますよ!
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 22:58
十徹さん こんばんは。

何か未練があったのでしょうね。でもよく決断してくれました。

そのサッカーの子、うちのT君と同じような境遇なんですかね? なんとなく気になります^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 23:05
Shinさん こんばんは。

「後々に後悔」 確かそうなっていたかもしれませんね。
今回の決断がT君にとって、良い決断だったと言えるようにしたいものです。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 23:06
にゃんこ先生 こんばんは。

仰るように、子供からは中々言い難い部分があったと思います。最後の一押しをしてあげて、良かったと思ってます。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 23:12
ハッシーさん こんばんは。

激励ありがとうございます^^ Tもきっと喜ぶと思います。
野球からは離れていましたが、運動からは離れていません。すぐに勘を取り戻してくれるでしょう。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 23:15
背番27さん こんばんは。

元チームメイトが多いのは、Tにとっても追い風でした。これがなければ本人も復活は考えなかったでしょうね。

下の息子さん、私も復活を願いたいですね。なんとか説得しましょうよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 23:19
始動者さん こんばんは。

そうですね、野球の練習とは違う練習をしてきた訳ですから、そうした部分では皆をリードしているかもしれません。
ちなみにうちの息子は瞬発力系は苦手の部類です^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック