2005年12月24日

150キロを体験

この連休は家族で少し遠出をしました。

雪の心配もあったのですが、クリスマス関連の買い物や、
ちょっと早いですが正月関連の買い物もあったりして、
地元の商圏を離れて出掛けてきました。

妻と娘は完全に買い物気取りですが、私はちょっと趣きを変えていました。
知人より教えてもらった、バッティングセンターが気になったのです。

そこは150キロの球が打てるゲージがあるとの事。
ゲンジにそれを体験させたいと思い、いつものバットを持参して行ってきました。

連休なので混雑しているかと思いましたが、それ程の待ち時間はありませんでした。
いつも通っているバッセンが「ホーム」なら、今回の場所は「アウエー」です。

周囲は知らない人達ばかり。システムの違いもあったり、マシンのクセの違いもある。
その辺りでゲンジも期待と不安が入り交じっている様子。

まずは場に慣れるため、手頃な100Kのゲージで打つ。
やはりいつもの感覚が染み付いているのか、最初は戸惑い気味でしたが、
すぐに慣れてくる。タイミングよく振りぬいていました。

さてお目当ての150Kのゲージですが。

そこは利用者がなく、すぐに打てる状況でした。
でもゲンジが尻込み(^^; 『誰かが打つまで待っている。』 との事。
やはり恥ずかしいのか? それともアウエーでその打席に入る気持ちの整理がつかないのか?

2ゲームほど他の速度で打っていたら、150Kのゲージに大人が入った。
すぐにその様子を見守る事にする。ゲンジも興味ありげの感じ。

ゲームが始まった。注目の第1球。
『ズバン!!!』 ともの凄いスピードが!
『速え〜。。。。』 とゲンジも驚愕の表情。

ドラ夫も驚いた。明らかにいつも打っている130Kとは異次元の世界だ。
その大人の方も、時折いい当たりを飛ばしている。
『凄いな・・・』 ゲンジも自分の世界に入っている。

『オール空振りでもいいじゃん。あのスピードを体験するだけでも勉強になる。』
とゲンジを激励した。ゲンジも意を決したようにゲージに入る。

コインを入れてスタート。最初は敢えて見送り。球筋を見極めている。
続く2球目。豪快な空振り! 『速すぎる!』とボヤいている。

だが次は痛烈なライナー性の当たり! これには思わず笑みが^^
以降、時折空振りがあるものの、快音も結構飛ばしていた。
これにはこちらも驚きました。未体験の速度によく対応していた。

少し休憩した後、再度挑戦。もう当たり前のように打っている。
やはり感覚というか、身体がその速度に慣れるのだろうか?
確かに速いボールだが、ゲンジはしっかりと食らいついている。

ゲンジが打っている最中、ある家族連れがドラ夫に話しかけてきた。
『この子は何歳ですか?』 

『今は12歳です。』と答えると、ビックリなさっていた。
小学生風情の顔つきで、高速ゲージを打っているのが信じられない様子。

良い汗をかき、その場を後にする。
こうした話になると、本当に150Kの速度が出ているのか?
という疑問が出てきます。実際はそこまでの速度が出ていないかもしれません。

でもゲンジには今回、大いに自信を深めた事だと思います。
実戦はこれほど甘くないのは百も承知ですが、
少なくとも頭の中に、「俺は150Kの球を打ったぞ!」 というのは残ったと思う。

場所の関係で頻繁には来れませんが、また機会を設けて来訪したい。

投手が緩急を交ぜてくると、バッターも中々打てません。
でも自分の限界点というか、対応出来る速度が高いほど、
それは打者も有利な要素だと思います。

ゲンジの今回のパフォーマンス、親としては上々の出来だと思ってます。
現在習得中の左打ちと合わせ、楽しみが広がってきました。


この記事へのコメント
マジですか?すごいですね。俺は150Kの球は1ゲーム目がバント。2ゲーム目が、球になれているから芯に当てる。3ゲーム目はなるべくフォームが崩れないようにフルスイング!そのおかげであってか、この前高校と練習試合をしたときも、4打数4安打でした。たぶん135Kは出ている。でも初めてでそんなに当てるなんてすごいですよ。将来が楽しみ。

今日はクリスマスイブですね。ところでクリスマスイブの「イブ」って知っていますか?実はイブニングのイブなんです。だからクリスマスイブニングってね。

ケンジ君にこんなメニューはどうでしょう?縄跳びを18分以内に2000回。ちなみに僕の最高は18:09分で2000回です
Posted by ど花弁 at 2005年12月24日 22:49
「ケンジ」じゃなくて「ゲンジ」でしたね。すいません
Posted by ど花弁 at 2005年12月24日 22:50
私も若い頃(15年前くらい?)150キロのゲージに入ったことがありますが、そこに入るだけで注目の的、後ろには黒山の人だかりでした。確かに最初は空振りも多いですが、20〜30球打つと眼が慣れて、バットに当てることはそう難しくなかったとは思いますが、ゲンジ君の歳で、しかも痛烈なライナーを打てるとはさすがですね。
速い球を打つ、打てるということだけで、本人にとっては物凄い自信になると思いますよ。
Posted by うめたろう at 2005年12月24日 23:04
12歳だと「当たる」ことだけでも驚きだと思いますが、「打っている」んですよね。
慣れてくるということもあるんでしょうが、それでもスゴイです。
150km/hの球を打ったことは例えバッセンでも自信になったのではないでしょうか。
Posted by さとる at 2005年12月24日 23:07
150キロですか!?ホントすごいですね、ゲンジくんは!ウチの長男と2歳差とは思えない‥将来どんなプレーヤーになるか私も楽しみにしています。
以前に書き込みした60キロもある我が家の近所のバッティングセンター。年輩のオーナーさんが病気で急死し、廃業になってしまいました‥すごく重宝していたので残念です。

ウチのチームの「キャッチボール禁止令」とは、監督さんの過去の経験からで、冬休み中に寒い中遊び半分で野球をやって、年明け練習が再開されたときに怪我をしていた、なんてことを避けたいかららしいです。

‥そういえば、ドラ夫さん。なぜウチの息子たちの名前をご存知で?私こちらに書きましたっけ???
Posted by 寝てるゾウさん at 2005年12月25日 07:22
デター!
すごい!
150km!!(@_@;)
私も150kmに挑戦してみたことがありますが、まずはスピードとその荒々しさにビビリました(笑)
打っても、振り遅れの打球ばっかりでした。
ゲンジ君、やりますね〜。
うーん、まいった!
Posted by ガッツ at 2005年12月25日 09:36
初挑戦でその順応性!
素晴らしい。
益々楽しみになってきましたね(^_^)
Posted by Shin at 2005年12月25日 11:49
うわぁーすごいなぁ^^
私もアウェーのバッセンで、巨人の岡島投手と対戦しました。カーブ100km、スラーダー120km、ストレート130kmくらいだったかな?それぞれカーブだけ、スライダーだけだと打てるのですが、3つの球種をMIXで投げられると、全く当たらず、バントさえさせてくれませんでした。来年は打倒岡島です^^
Posted by metoo at 2005年12月25日 14:28
ヘッドスピードを持っているんでしょうね、ケンジ君は。そうでなければ物理的に打てるはずがないですからね。
やはり、日々の鍛錬からスイングの力をつけていくしかないのでしょね。
我が家も一歩一歩やっていきます。
Posted by 星 十徹 at 2005年12月25日 18:05
うちの息子はゲンジ君と同じ学年ですが、とても150`は無理です。というか、120`でも持て余し気味なんです。
素振り等の自宅練習に加え、定期的なバッセン通いをしてますが、ゲンジ君との差は大きく開いてますね。
やはりモノが違うんですかね?(笑)
うちはなんとか目標120`。突破したいと思ってます!
Posted by ブラックソックス at 2005年12月25日 20:25
ブラックソックスさん。さきに130Kを体験さしたら?かなり打つのが楽ですよ
Posted by ど花弁 at 2005年12月25日 21:46
ご無沙汰しております。
中学1年でこの速度を打つのは、ある意味で素晴らしい事でございます。
感覚的な部分もあるでしょうが、球威に負けずに弾き返すには、相応のバットスイングの速さと筋力が無ければ良い当たりは生まれません。
平素の努力の賜物と申してもよいでしょう。
今後に益々期待出来そうだと推察いたします。本当に楽しみでございます。
Posted by ジジイ指導者 at 2005年12月25日 22:35
ざいま〜す!
マシンの球速は、設置されてる高さと距離によって 初速&終速も視感もがかなり違いますが・・何に付け 150`を打てる源治君(中1)は凄いですね。

勿論 軟球!? バットは? どんなのを使用したんですか! (其処を是非”詳しく聞きたいです)

現実には軟球を150`で抛る人間は居ないんですが、折角だから気持ち良い当たりを打ってみたいですよね、打席と逆方向へ打たないとE打球が飛ばないのは自分の体験から判明してます(ボールが潰れちゃうのが原因ですね)
それと、芯の無い空洞&空気抵抗だらけの軟球は 時折微妙に変化する筈なんですが・・してるって言ってませんでしたか・・・!? 其れ! でしたなら当たる/当てられるだけでOKですョ!!
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年12月26日 09:55
150・・・ウチのまーぼは間違いなく打てませんね。

でも冬休みのイベントとしてやらせてみようかな。悔しそうな顔見るのも楽しいから調べてみよう。
Posted by かに at 2005年12月26日 17:49
こちらではMAX140km(初速?)のバッセンしかないので、150kmの世界を体感したことがありませんが、140kmは私でも全く打てませんし、140kmケージに入るのは殆ど野球経験者か高校生以上の現役くらいしか見かけません。ですから相当なスーパー中学生ではないかと恐れながら想像させて頂きました。
Posted by たんぽぽパパ at 2005年12月26日 21:26
ど花弁さん こんばんは。

150Kをバントというのは、逆に難しくないですか?^^
でも球筋を見極めるには有効そうですね。

うちはタマタマ上手くタイミングがとれていました。
しかし中学生では、あの速さの球を投げる投手は少ないでしょうから、今はあまり意味がないですかね?

縄跳びは気が付きませんでした。メニューにいれたいと思いますが、室内では天井の関係でちょっと厳しいかもしれません。外は寒いですし^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月26日 23:17
うめたろうさん こんばんは。

実は記事中には書きませんでしたが、息子が打っている時に結構ギャラリーが集まったんですよ(^^;
息子は集中しているので、その事は全く意に介しませんでしたが。
私はあそこに入る勇気はありません^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月26日 23:20
さとるさん こんばんは。

スピードガンで計測しないと判りませんが、少なくともいつものバッセンの130Kよりは相当速く感じました。
息子も自分なりの感触を掴んだみたいです。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月26日 23:24
寝てるゾウさんさん こんばんは。

以前のバッセンの書き込み、よく覚えてますよ^^
そのバッセンは閉店ですか。とても残念ですね。
確か料金も安かったんですよね?

息子さん達の名前、何故知っているかというと・・

ヒントはうちも犬を飼ってます。そして私もラーメンが大好物です。ここまで言えば判りますよね?^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月26日 23:29
ガッツさん こんばんは。

「荒々しい」 まさにそ通りですよね・・
というか、私はゲージの外で見てましたが、それでもビビリましたよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月26日 23:31
Shinさん こんばんは。

息子はどちらかと言えば、真っ向勝負をしてくる投手に相性がいいです。
それにしても今回、思わぬ結果が出て満足です^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月26日 23:34
metooさん こんばんは。

その「選手」が投げるバッセン、息子が一度打ってみたいと常々申しています。
うちの近くは当然として、近隣にもそうした施設がありません。やはり都会じゃないと無理ですかね?
機械が放る球よりは、岡島や松坂のほうが雰囲気が出ますよね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月26日 23:38
十徹さん こんばんは。

おかげさまで息子も体格が大きくなってきました。
パワーアップもそうですが、スイングスピードも速くなっています。やはり継続は大事だと実感した次第です。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月26日 23:42
ブラックソックスさん こんばんは。

お互いまだ1年生ですから、あまり焦る必要はないと思います。
中学生が投げる速度を、しっかりと叩ければ良いのではないでしょうか? 中学生で120Kを投げる子は少ないですから^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月26日 23:45
ジジイ指導者さん こんばんは。 お久しぶりです^^

ちょうど最近は体力がアップしてきたみたいです。
シーズン中より週2回、インナーマッスルを強化するメニューも取り入れています。その成果が出たのでは? と勝手に思っています^^
これから伸び悩む時期も出てくると思います。
その時に焦らず、適切な対応が出来るよう今後も頑張ります。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月26日 23:50
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

体験したゲージは軟球です。使用したバットはミズノの木製で85cmの760gを使いました。ゲンジがいつも練習で愛用しているバットです。

スピードの感覚、まさにぶっ叩け〜!!さんが仰る通りだと思います。
看板は「150k」ですが、実際はどうでしょう?
いつもの130kよりはかなり速く感じましたが、その130kが本当にその速度か? まずそこが疑わしいです^^
仮にいつもの130が実測120だとすると、今回の150も実際は140位かもしれませんね。

ボールの変化ですが息子に聞いた所、時折空振りしていた球がそうかも? なんて言ってました^^
「速すぎて、そこまで見ている余裕がないよ」 と申しております。
確かにそうかもしれませんね(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 00:00
かにさん こんばんは。

硬式チームにはかなり速い球を投げる子もいるのでは?
まーぼ君も練習を兼ねて、打ってみる事をお勧めします^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 00:04
たんぽぽパパさん こんばんは。

いつものバッセンは最速が130なんですよ。ですからもう少し速い球をチャレンジさせたかったんです。
でも150はちょっとヤバイかな? とも思いました^^
「空振りの練習」を覚悟していたんですが、思わぬ結果に良い意味で期待を裏切ってくれました^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 00:08
>760c⇒う〜ん納得です!でないと、返せませんネ(また バット、よく折りませんでしたね)
>実際は140`位⇒軟式用マシンは其処が限界で販売されてる様子ですネ(少し調べてみました)
ですが、時折チョットだけ+αの早いのが来ますネ  ^^

何れにせよ、あらためて・・源治君は凄〜い!! ですョ。

私は(軟球での)自分のMAXが≒130`で、中3では125`位だった!? と思います
で、其の位のエース君は現況中学には そんなに居ません!中体連=県大会上位(&全国準優勝チーム他)等、早くても120`前後!? 程度でしょう
コントロールは抜群でしたけど・・ね
キャッチャーのコーナーワーク&緩急&駆け引きが上手でした!

Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年12月27日 13:52
中学硬式での実情ですが・・・
150k超のピッチャーというのは・・・聞いたことがありません。
140k超のピッチャーは全国に片手くらいだと思います。しかし、常時このスピードではありません。
130k超のピッチャーは全国に数多くいますが、大抵強豪高校へいけるレベル(エースかどうかは別ですが)です。
120k超のピッチャーが一番多いゾーンでしょう。
ですが、このゾーンのピッチャーでエースとして成り立っている理由は変化球を含め、コントロールがすこぶるいいことでしょう。
こんな感じで私は捉えています。
Posted by touch at 2005年12月27日 14:54
ぶっ叩け〜!!さん ありがとうございます。

やはり軟球と硬球では最高スピードも軟球が不利ですよね。材質と構造、重さ等の理由で仕方がないでしょう。
軟球で125`を放る選手は少ないですよ。

なんだかこんな話をしていたら、スピードガンが欲しくなりますね^^ 

キャッチャーの駆け引き。うちの息子が今後勉強していく重要項目です。
どうやって指導するか? 正月休みに考えてみます^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 23:29
touchさん こんばんは。

硬式チームの投手傾向、ありがとうございます。
昨年のジャイアンツカップの優勝投手で、現在は拓大紅陵の大前君が、中学時代に140k前後の球を放って話題になりましたね。

速い球も魅力ですが、それと共に投球術やコントロールも重要ですね。これがあってこそ、速球も生きてくるんですよね。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月27日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。