2008年09月12日

トップからミドルへ

ゲンジの野球部には、部で所有のバットが30本くらいあります。

部費で毎年数本づつ購入し、新しい物は試合用。
古い物は練習用に格下げ。といった感じです。

試合時にベンチへ入れるバットは大体12本前後との事。
その中から自分にフィットしたバットを選び打席に入ります。

あっ うちの部員は個人用バットは購入していません ^_^;
購入する必要が無いので^^ 我が家は一応、竹バットとトレーニングバットはありますが。

さてゲンジはこれまで、トップバランスのバットを使用していました。
飛距離を狙うにはやはりトップバランスが適していますので。

しかし路線変更なのか、今後はミドルバランスのバットを使うとの事。
これは本人が決めたようです。
飛距離は狙わず、アベレージ優先でしょうか。

バットのバランスについては、このブログでも過去に詳しくエントリーしました。↓

『バット選び その2』 http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/2562826.html


道具カテゴリの初期のエントリーには、バット選びについて数回取り上げていますので、
興味のある方は参照してみてください。↓

カテゴリ 『野球道具について』 http://syounenyakyu20.seesaa.net/category/276391-1.html


さてゲンジのバット変更。本人なりに何か意図があるんでしょうね。
私は特に反対しませんでした。本人の意思に任せたい。

部で所有のバットですから、バランスや長さ、メーカーは多種多様。
色々テストするのも勉強のうちですね^^

個人で1本購入すると、こんな訳にはいきませんが ^_^;

高校野球のバットは総重量が900グラム以上。という規則があります。
打撃スタイルや体格によってバットのバランスも重要度を増す。

トップからミドルへ。 ゲンジのバッティングがどう変わるか?
楽しみでもあり、不安でもあります (^_^;)

まぁダメだったら元に戻せばいいですが^^



posted by ドラ夫 at 01:05| Comment(20) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はミドルバランスのバットが好きです。手首の力が弱いからなのか、トップバランスでは、どうもバットコントロールに不安があります。ミドルバランスならトップバランスのものよりも正確なバットコントロールが出来るし、振りぬけも良いと思ってます。ホームランは見てみたいですけど、ヒットを数多く打ち、その中のいい当たりがホームランになったという事になるのでしょうね。^^ ゲンジ君の活躍する姿が多く見れることを期待してますね。^^
Posted by winning shot at 2008年09月12日 04:30
結果を残し続ける為の試行錯誤はして欲しいですよね。
何より、本人の感覚が一番大事。
ゲンジ君なら、ミドルでも長打連発の予感がするのは私だけでしょうか?
また、いずれトップに戻しそうな予感もします。
Posted by スマイルヒット at 2008年09月12日 07:34
へぇ〜!!
それは、いろんなバットが試せていいですねぇ!!
好みが片寄ったりってのもありそうですね。
Posted by ヨウボン at 2008年09月12日 12:58
よっぴーはミズノの松井モデル(トップバランス)を使っていました。
グリップテープは3〜4回巻きなおしましたが、後輩に譲りましたので、今は1kgの木製マスコットバット等を使っています。
金属バットは様子を見てからですね。

ゲンジ君の学校はうらやましいですね。
ただ自分の気に入るバットがないときはどうするの?と思います。

これからもっと筋力がついてくれば、バットの好みも変わるでしょう。
ホームランの打ちそこないがヒットになるのか、ヒットの延長がホームランになるのか?
夏の甲子園を見てると今の主流は前者か?と思いました。
Posted by よっぴーの父さん at 2008年09月12日 14:06
小学校時代は85cm
中学最初は84cm
中三の夏は83cm
我が家はバットを短くして、
さらにミドルにしましたよ。
ちなみに変化球打ちの練習では65cmです^^
Posted by metoo at 2008年09月12日 14:31
そもそも高校野球対応の硬式バットでトップバランスは少ないのでは?
かの現日ハム中田選手も大阪桐蔭時代はトップバランスでなかったと思いますが? M社のV-○○○○だったと思います。彼の2コ上だった現中日の平田選手もS社のSKY○○○29ですから、ミドルだったと思います。
現在の高校野球では、右打者の場合、左に大きなHRを打つだけでは率を残せません。広角にHRを打てる打者(臨機応変に左右に打てる)が求められます。
これは戦術的要素がからむのですが、
ランナーを1塁に置いた場合、右方向にヒットを打った場合と左方向にそれを打った場合とで、どちらがチームに貢献するでしょう。
右の場合は1,3塁または2,3塁になる可能性がありますが、左では1,2塁にしかなりません。三塁へはレフトからの返球が近いですから。
ですから、チームバッティングを考えると左右に打てるようにしなければなりません。となると、ミドルの方が扱いやすいということになるんです。
Posted by touch at 2008年09月12日 15:11
今までトップバランスを選択していたのはドラ夫さんの意向だったのでしょうか?
ゲンジ君も思いきった事をしますね。
周りの環境の変化に伴い、また選手間の話題の中でいろいろと情報交換や試行錯誤があったのでしょうかね。
だんだん親離れすると思うと悲しいな〜
ドラ夫さんは、大人ですね。

我が家では、バットの情報は全部ドラ夫さんからのうけうりです。
おかげでハム彦もトップバランス派です^^
飛距離の魅力にはかないません^^;
と言っても我が家にあるバットは、ブログあさりを行う前に購入した物なので、ミドルバランスしかありません。
次回、バットについてエントリーしようと思います。
Posted by 賢介応援隊(黄) at 2008年09月12日 20:15
自分自身で試行錯誤しながら決断したのならば、結果を残すためにひたむきになれるんでしょうね。
結果は必ず現れると信じて、頑張ってもらいたいところです!
Posted by trytry at 2008年09月12日 22:57
いろんなバットを試せる環境でのミドルの選択ですね。やはりミート重視したのでしょうか。
しかし バットが沢山ある環境はいいですね^^
Posted by ケロの父 at 2008年09月13日 01:15
ゲンジ君、どういう心境の変化でしょうか。
ちょっと使ってみて何かを掴んだ、ということでもあったのでしょうか。

とにかく、何かを変えるのって勇気がいることですけど、せっかく踏み出したんだから、いい結果が出るといいですね。
Posted by PAT at 2008年09月13日 23:38
winning shotさん ありがとうございます。

筋力をアップし、パワーが伴えばバランスに関係なく打球は飛ぶ。そう息子には伝えました^^
まだまだ道程は遠いですが、3年生の夏には一回り大きくなっていてほしいです^^


Posted by ドラ夫 at 2008年09月14日 20:26
スマイルヒットさん ありがとうございます。

昨年の硬式スクールでは、放った安打の半分近くが長打でしたが、高校に入ってからはまだ長打がありません ^_^;
まぁ打率は残していますので、気にしないようにしています^^


Posted by ドラ夫 at 2008年09月14日 20:28
ヨウボンさん ありがとうございます。

バット、人気が偏っている傾向は無さそうです。
皆それぞれお気に入りがあるみたいで、重なっても1本に対して2人ですね^^


Posted by ドラ夫 at 2008年09月14日 20:30
よっぴーの父さん ありがとうございます。

軟式時代はうちも760gのトップを使っていました。
そう考えると、900は重いですね。プロでも800g台の重さが多いはずですから ^_^;

この先、好みがどう変化するか? 取り敢えず最初の試合は結果を残しました。詳細はこの後にエントリーします^^


Posted by ドラ夫 at 2008年09月14日 20:34
metooさん ありがとうございます。

小学生で85センチ 当地では規則違反になりますよ ^_^;
高校用バット、短いものは82センチというのもありますね。
息子のは84センチだそうです。

変化球用の65センチ? ちょっとカタログで調べてみます^^


Posted by ドラ夫 at 2008年09月14日 20:37
touchさん ありがとうございます。

本日試合がありました。朝のクルマのなかでtouchさんのコメント内容を息子に言って聞かせました。
そのせいなのか、今日の打撃はそれなりに良かったです^^
詳細はこの後にエントリーします。
ミドルに変更、成功でした^^


Posted by ドラ夫 at 2008年09月14日 20:40
賢介応援隊(黄)さん ありがとうございます。

もう高校生ですからね。使う道具まで私も口出し出来なくなりました (^_^;)
バランスですが、打撃スタイルや個々のパワー・体格によって好みも様々だと思います。

高校用の場合、バランスが手元にあるカウンターバランスは1000グラムに近い重さがありますが、
手に持ってみるとその重さを感じません。
これがバランスのマジックなんですね。

トップバランスで握りを短く持ったり、色んなオプションがあるものです。
自分に合ったスタイルを探すのも必要でしょうね^^


Posted by ドラ夫 at 2008年09月14日 20:45
trytryさん ありがとうございます。

タマタマかもしれませんが、早速結果が出てました^^
本人も手応えを感じたかもしれません^^


Posted by ドラ夫 at 2008年09月14日 20:46
ケロの父さん ありがとうございます。

長さは82 83 84 85 の4種類。
メーカーは ミズノ・ZETT・SSK・ローリングス
バランスはトップ・ミドル・カウンター

一通り全部揃ってます^^


Posted by ドラ夫 at 2008年09月14日 20:49
PATさん ありがとうございます。

練習中になにか感じたのかもしれませんね。
一つの事にとらわれず、あれこれと試してみるのも勉強です。
今まで気が付かなかった発見があるかもしれません^^


Posted by ドラ夫 at 2008年09月14日 20:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。