2005年12月12日

左打ち。その後の状況

今から一ヶ月程前、ゲンジが左打ちに取り組んでいる記事をアップしました。
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/8969615.html

コメント欄で多くのご意見を頂き、あれから練習を継続していました。
本人はスイッチヒッターを目指す訳ではなく、また左への転向も考えてはいませんが、
毎日素振りと、スタンドティーを使ってのトレーニングを積んでいます。

当初はスイングにギコチナイ部分もありましたが、
最近は見た目にも、右と遜色ないスイングが出来るようになりました。

小学校時代から練習を重ねてきた右打ちと比べ、
初めて本格的に取り組みだした左打ち。
だが不思議なもので、左のほうがどっしりとした構えとスイングになっています。

時々バッティングセンターにも行くのですが、飛距離は左のほうが飛ぶ感じです。
これは本人もそう感じているようです。
バットを握る手には、『引き手と添え手』がありますが、その関係でしょうか?

左を着々とモノにしている証拠に、バッセンでの成果があります。
いまや左でも130Kの速度で快音を飛ばすようになりました。
これには私もそうですが、バッセンの馴染みの常連客も驚いています。

ちなみに私も一応、スイッチヒッターの端くれですが、
よる年波に勝てず(まだ30代ですが^^) 打っても100K位が限界です。
左を始めて一ヶ月の息子に、早くも追い越されてしまいました・・

ゲンジもかなり手応えを感じている様子。
正直、短期間でここまでやるとは思わなかった。

ただまだ課題もあります。 当たり前ですが右のような小細工が、
左ではまだ出来ません。左では思い切りスイングするのが精一杯。
右のように、逆方向へ流し打ちしたり、意図的に転がす。
といった、考えた打撃はまだ無理な感じ。

それと1ゲーム25球のうち、空振りが5球ほどある事。
右では空振りは全くありませんから、この点も課題の一つ。
これらの課題も、今後の練習で一つづつクリアしてほしい。

さて来年4月の公式戦までには、まだ時間が沢山あります。
ここまで左打ちの成果を見せられると、こちらとしても色々と考えてしまいます。

この左打ちを実戦で試してみては? と最近は思うのですが、
当のゲンジは首を縦に振りません。。。
『左の練習は、あくまでも右打ちの為の練習。試合で左打席には立たない。』
これがゲンジの考え。

自分の中ではまだ自信が無いのかもしれませんが、
今の所、この決意は固いようです。 いつも比較的素直で、
親の言う事はよくきく子ですが、こうした部分では妥協をしない。

こちらもそうした剛直な部分は承知しているので、
それ以上は何も言いませんが、チャレンジしないのは惜しい気もします。

試合で打つ・打たないと別に、ゲンジも左打ちが進歩しているのは嬉しい様子。
自分なりに目標を持ち、この冬も継続して左の素振りは続けるそうです。

来年の春頃、どうなっているか? またここで報告したいと思います^^
この記事へのコメント
『左の練習は、あくまでも右打ちの為の練習。試合で左打席には立たない。』
このセリフには、ゲンジ君の意思の強さ、しっかりとした考え方を感じます。
目的と手段をはっきりとさせる。
簡単そうでなかなかできません。
Posted by Skyboys広報 at 2005年12月13日 00:04
>バットを握る手には、『引き手と添え手』がありますが、その関係でしょうか?

これは間違いないと思いますよ。

それから、もう少し左を振込んでいくと右のスイングとほぼ同じ感じ(右打ちを鏡に写したような)に成ってきます、そうするとかなり自信も出て来るのでは?と思います。
でも、やっぱり右利きは右打ちをするように出来ているのでしょうか?私は、左打ちの方が長いのに、ノックは右打ちでしか出来ません、左でノック出来ないことはないのですが、右打ち程思ったところに打てません、まぁこれも練習なんでしょうけど…

流し打ちの練習は、そればっかり、というか集中してやるべきです、バッティングセンターならワンコイン分全部左に打つようにするとか。その方が上達は早いと思いますよ。
Posted by うめたろう at 2005年12月13日 01:11
我が子レギュラー化計画3〜4年の頃から中学生へと読ませて戴いて、ゲンジ君の成長・大人になったな〜って最近ホント感じます。

思春期は大人への第一歩といいますが、この時期の身体的能力や学力も本人の努力次第で飛躍的に伸びるんじゃないかと思います。

野球少年に恋の気配はありませんか?(笑)

Posted by ハッシー at 2005年12月13日 09:52
もったいないですね。
でも、ゲンジくんの頑なさが逆にカッチョいいです。
春にはパワーアップした「左」で試合・・・なんてことを期待しちゃいますが・・・

我が長男、突然「左で打つ!」と言い出しまして、私からはちゃんと監督と相談するように言いました。
監督には即却下されましたが・・・
Posted by さとる at 2005年12月13日 10:15
いやー頑固な息子さんですねケンジ君は。
っていうより、浮かれたところが無い!この頃の子はお調子者が多いと思うのですが、ストイックな感じですね。
その分だけ親としては対応が難しいですね。軽いノリで動かすことが出来ない。
うちの息子はまだ小学生ですけど、お調子者なので煽てればすぐに木に登るタイプです。でもこのごろは学習効果が出て、一歩引いている感じもあります。
でも、絶対もったいないです。左の方が有利ですよ。特に、ランナーが居る時などはヒットゾーンが広がることは間違いないですから。
Posted by 星 十徹 at 2005年12月13日 10:20
ざいま〜す
源治君 まだ自信無いし、其の左で凡退するのが我慢なら無く 満足=ならば納得出来る 右で打ちたい って気持が 今は強いんでしょうね。
自分也のプライドがもう既に有る!と言う右打席 ^^ の表れですね。(大したモンです!!)

私の場合、左はイチロー&古田&坪井タイプの右腕一本の打ち方ですので パンチがドッカ〜ンとは効かないが 打球方向も強さも高さも自由自在ですョ。(飛距離は捨てて 安打重視です)
で、本来の右打席は地面にドカッと根が生え 腰が入った臍打ちですから 古くは山本浩二!? 現役なら二岡タイプでして 右中間への打球が特にグングン延びて飛んで行きます。
私も最初は遊び程度で後から取り組んだ左で⇒結果 これが“しっくり”です。源治君が左に違和感持ってるんでしたら一度試して見たら!?どうでしょうか?
私的意見ですが・・教科書通り!?左右同じ打ち方にする必要性は?どうなんでしょうね 疑問です。

ちなみに我が家の天真爛漫クンは、NY:バーニー・ウイリアムス見たいな膝割れ加減風な右打ちで 左右に打ち分けます。(他の指導者からはスンゲ〜悪評フォームで必ずいじられますネ ^^)
チビはギリギリまで呼び込んで 篠塚みたいに腰で巻き込むスイッチヒッターです。
息子二人には むやみやたらにはこうなんだ!とは強制せずに 時間賭けて修正し やって来て、自然にこうなっちゃった って感の現状フォーム&打ち方です。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年12月13日 10:31
ちょっと話はずれますが、
この間、飲み友達と「WBCのスタメン3番4番5番を誰にするか?」この話題を肴に飲んでいました。
左打者:松中、松井(秀)、小笠原、岩村
右打者:新井、和田(西武)
右の大砲が日本には少ないなぁ〜、やっぱり城島が欲しいなぁ〜

ということで、ゲンジ君は「日本の4番右打者」を狙ってるのかな?^^
Posted by metoo at 2005年12月13日 14:34
我が家の長男も今年から左の練習をしていますが、試合でのデビューはまだです。なまじっか右で安打が出るようになったので、左は練習だけです・・・
春までは公式戦がありませんので、この冬の間に左を徹底的にやって欲しいと思います。
でも、本人の気持ち次第ですが・・・・・・
Posted by 新米C監督 at 2005年12月13日 14:40
来春、ゲンジ君のスイッチヒッター挑戦 という記事を期待してます(^^)
Posted by Xゲーム at 2005年12月13日 20:36
やはり左打ちは、利き腕で引っ張るので強い打球が出るのでしょうが、本人としてはまだ違和感あるんじゃないですか?あとは本人の覚悟次第ですけど、ゲンジ君はきっと「完全主義者」ですね
Posted by 少年野球コーチ at 2005年12月13日 21:11
 おれは両打ちです。でも最低右300かい左300回するから、かなり時間が・・・しかもフォームとか調整するので、結構かかります。
 両打ちのになってから、ヒットの本数とHRの本数が格段に伸びた。でも最初のころはボンフライや時々ヒット。でも100日間黙々と計600回していると、ある日3試合ぐらいあって、11打数右が2本左が8本と好成績を残しました。そうして、最後のシーズン(中学編)6割ぐらいの成績を残しました。 
 
Posted by ど花弁 at 2005年12月13日 21:58
ようやくバッティングに目を向け始めた程度のウチの息子を考えると、うらやましい話です。

今は左打席に立つ気がなくても、このまま練習を続けていれば、いつか必ずその時がくると思います。

そしてその時が来るのは、ゲンジ君自身が納得して、相当自信が付いてからでしょうから、そうなったらすぐに結果につながりそうですね。
Posted by かに at 2005年12月13日 23:09
Skyboys広報さん こんばんは。

意志が強いのか、単に自信が無いのか^^
ただ一本木な性格ですから、余程本人が納得してからでないと、実戦では試さないでしょうね。
現在もそんな気が全くありませんから^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月14日 01:07
うめたろうさん こんばんは。

左に関しては、まだ小細工が出来ない状況です。まだ日が浅いので仕方がないとは思いますが^^
流し打ちも、もう少しで意識する時が来ると思います。その前に空振りを減らすのが重要ですが(^^;

Posted by ドラ夫 at 2005年12月14日 01:12
ハッシーさん こんばんは。

全く性格は私に似ず、今の流行事には目もくれず、携帯電話やパソコンにも興味を示しません。
竹を割ったような性格で、テコでも動かない部分もあるんですよ^^
ですから異性の事はどうですかね〜 
でもバレンタインでは、学校で5つ位のチョコは貰ってきますよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月14日 01:16
さとるさん こんばんは。

息子さん、左を志願ですか! でも監督が却下というのは、やはり右での得点力を期待しているんですね^^
本人の希望とチーム事情、難しい部分もありますよね。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月14日 01:18
十徹さん こんばんは。

子供は「お調子者」 ぐらいが丁度よいのではないでしょうか?^^
うちの息子の場合、無骨すぎて他人から見れば可愛げが無いかもしれませんよ^^

左への挑戦は私も推進したい気持ちがあるのですが、これは本人次第ですね。。。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月14日 01:22
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

とても理解しやすい表現、ありがとうございます^^
私も左に関しては、今のところは自由に打たせています。指摘したい事も幾つかあるのですが、息子なりにどうフォームを固めるか? どう修正するのか? その辺りを注目してます。

ただ一つアドバイスしたのは、好きな選手の真似をしてみろ。この一点のみです。
息子はどうやら、阪神の金本選手のフォームを意識しているようです。
しかし左のほうが飛距離があるのには驚いています。

チビちゃん、篠塚のような腰で巻き込むスイングですか! 目に浮かびます。凄いですね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月14日 01:29
metooさん こんばんは。

本人も右には自分なりの哲学があるようです。
この部分は大事にしてやりたいと思ってます。

息子はどちらかと言えば、アベレージ型ですね^^ 身体を大きくしないと一発はまだ無理ですね。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月14日 01:33
新米C監督さん こんばんは。

右で結果を出すと、転向には勇気がいりますよね。私もそれはよく判りますよ。
ただ練習を積む事は財産になりますから、無駄にはならないと思います。ですから息子さんには頑張ってほしいです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月14日 01:36
Xゲームさん こんばんは。

そうした記事をエントリー出来れば、私も嬉しいですが、こればかりはどうなるか?^^
腕を磨いてもらうしかないですね。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月14日 01:38
少年野球コーチさん こんばんは。

やはり右手が引き手になるので、その関係ですかね? ボールに当てる技術をもっと高めたいところです。

完全主義、確かにそうかもしれません^^
右で多少の結果を出していますから、その点も躊躇する要因の一つでしょうね。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月14日 01:41
ど花弁さん こんばんは。

凄い素振りの数ですね! うちは左右共に3種類のバットで50回づつ。計150回です。
ですから両方で300ですから、ど花弁さんの半分です(^^;
それに6割という成績も凄いです! うちはそこまではとても無理ですが、それに近づけるよう頑張ってほしいです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月14日 01:45
かにさん こんばんは。

まだ時間はありますから、これからどのように精度を高めるか? 実は私も大いに楽しみなんですよ^^
そうなれば、息子の考え方にも変化があるかもしれませんね。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月14日 01:48
右投げで元々右打者のスイッチヒッターの腰は 左打席では自然と綺麗に回るモンですネ
しかし ストレートだけなら良いんですが・・・
変化球や緩急に対応しようとしてるうちに 昨日のコメントの様にいずれ成ったんです
カウントや球種により松井稼も そんなスイングしてますよね!?
たまたまかも知れませんが・・

源治君⇒目指すは金本選手ですか ^^
性格上のモンでしょうかネ 何となく!? うなずける様な気がしますョ

我が家のチビにも可能性は追求し、いずれ見極めるつもりです
天真爛漫クンには どうやら無理みたいで 右打席のみと早々諦めましたね
また 朝連と部活 両方がランニング主体らしく、昨夜は夕食後 疲れて寝ちゃいました
考え直す必要有るかも知れません。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年12月14日 11:36
左に関しても非凡なものを持っている・・・。
もしかしたら、右以上の素材???

親としては悩みますよね。
右で行くか?左で行くか?
ゲンジくんも自分でどこか納得できれば
いずれ必ず左打席に立つような気がしてます。

楽しみにしています。
Posted by Shin at 2005年12月14日 13:19
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

息子の現状での左打ちは、ツボにはまった時のスイングと、見事にバラバラなスイングが混在してますね。
まぁ当たり前と言えばそれまでですが^^ これから練習を重ねるうちに、この差を埋めていきたいです。

ランニング主体のメニュー、この時期は外でボールを使うメニューが困難ですから、どうしてもそうした走り込みが主になるんですかね?
朝と部活、どちらかは違うメニューを組みたいところですね。言及してみてはいかがでしょう?
Posted by ドラ夫 at 2005年12月15日 00:17
Shinさん こんばんは。

どうしたものですかね?^^ まぁ本人が決める事でしょうが、私もなんだか複雑な気持ちなんですよ。
右を磨くか、左を挑戦するか? まだ時間はあるので慌てて決める事じゃないですがね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月15日 00:26
仰木彬氏が呼吸不全で亡くなられましたね、ご冥福を申し上げます。

選手の個性を殺さない指導法は見習って居りました・・・
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年12月16日 09:42
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

仰木氏の突然の訃報、私も驚きと悲しみに見舞われています。まだお若いのに、とても残念ですね。
球界にとっても大きな損失だと思います。ご冥福を祈るばかりです。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月18日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック