2005年12月08日

捨て試合

前回の続きです。
2003年4月

この年最初の練習試合を、1勝1引き分けでスタートした我がチーム。
翌週、今度は公式戦がありました。

この大会は6年生主体のAチームとアベックエントリー。
当地の生活圏全体の、東半分の地域が集う大会。

我がチームと同じく、2エントリーの所も幾つかある。
大会はブロック制で、3チームの総当り。
1位のみが決勝トーナメントに進出出来る。

試合の前日の土曜日、練習中に大会プログラムが届いた。
組み合わせを見ると、相手の一つはなんとか勝てるかもしれないが、
もう一つの相手は強豪チーム。

5年生以下主体の我がチームでは、ちょっと荷が重い相手となった。
ただ、初めから優勝を目指している訳ではなく、翌年を見越した2エントリー。
結果を気にせず、勉強のつもりで戦いたい所。

この時に監督とコーチで、試合の先発投手を決める相談があった。
私はタマタマ、この日が当番でこの相談の近くにいた。

『勝てそうな試合にどっちを投げさせる?』
とコーチが言う。 『・・・・・』 と監督も悩み顔。

先週の練習試合では、エースのC君は11失点。
一方、控え投手のゲンジは6失点。
この結果だけ見れば、ゲンジのほうが数字は良い。

『C君の速球のほうが、勝てる要素が高いのでは? 逆に強豪チームには、ゲンジの球のほうがタイミングが狂うかも?』
と別のコーチが発言する。

ようするにまだ首脳陣はC君のほうが投手の資質では上。という認識のよう。
これにはこちらも反論はない。私の目から見ても、
総合力では4年生のC君のほうが上回っている。

監督はまだ口を開かない。どちらにするか、まだ悩んでいる様子。

結局この日はどちらを指名するかは行われず、当日発表となった。
いずれにせよ、どちらかの試合でゲンジは先発する事になる。

試合当日。
最初の試合は実力拮抗の相手。うまく戦えば勝利も可能だ。
この試合はC君の先発。ゲンジはショートでの出場。

だが予想に反して、この試合は一方的な展開となる・・
C君にストライクが入らない。四球の連発で得点の連続。
初回に大量7点を奪われる。 打線も湿りがちで、
先週のようなバッティングが影を潜める。

この大会は時間制で、リミットが来るとその時間で打ち切り。
結局最後に1点を返すも、そのまま敗北。
公式戦の初戦を白星で飾る事が出来なかった。

くじ運の都合で、続けて2試合目。今度はゲンジがマウンドに上がる。
だが応援の保護者は諦めムード。
それもそのはず、勝てる希望のあった試合を落とし、
次の相手は優勝候補のチーム。

口の悪い人などは、この試合を『捨て試合』 と表現する人がいた。

ちょっと待て! その強豪相手に投げるのはうちの息子だぞ!
それを捨て試合とは、どういう言い草だ! 
腹の中でそう叫んだが、それを口に出して言えるほど、
この時はこちらも自信がありませんでした。

だがこんな言葉を皆の前で言う人がいるとは、情けない話ではある。
仮に心でそう思っても、口に出す事ではないと思う。
ましてその試合で投げる子供の父親が、目の前にいるなら尚更だ。

こんな時、投手の親というのは辛い立場だな。と改めて実感。
マウンドに向う息子の姿を、正視するのが辛かった。

周囲の喧騒をよそに、試合はプレイボールの時が来ました。
だが怪訝そうな顔でマウンドに立つゲンジ。
一体何が起こったのか?

続きは後日。


この記事へのコメント
またまた期待を膨らませておいてからに〜。
試合はやってみなければ判らない!特に小学生の野球は何が起こるか判りませんよね。
私もそんなシーンをいくつも見てきました。

続きがよみたーい!
Posted by 星 十徹 at 2005年12月09日 09:15
子供たちの試合には練習試合も含めて「捨て試合」なんてないと思います。
練習以上に"何か"をつかめるのが試合ですから・・・
なんとなく、"通"ぶった発言に『喝!』(by大沢親分)
Posted by さとる at 2005年12月09日 10:37
ずるい〜!この終わり方〜!また1週間気になるじゃないですか!(笑)

チームで信頼を得る前の辛さよく分かります。子供もでしょうが、親としても自信がないと尚更ですね。

怪訝そうなゲンジ君、いったい何が起こったんでしょう?
私も続きが読みた〜い!
Posted by ハッシー at 2005年12月09日 10:52
>だが怪訝そうな顔でマウンドに立つゲンジ。
>一体何が起こったのか?

 おーいおい!!!!って終わり方じゃ・・・。
 しかし、「捨て試合」!そんな事言える
 大人の顔が見て見たい。
Posted by Shin at 2005年12月09日 11:55
あらら〜いいところで・・・、続きが見たい。
先週から画像が浮かぶようになりましたので、眉間に皺をよせたゲンジ君(ジャニーズ系)が登場しました。
それにしても「捨て試合」とは失礼な! 
「あんた、何様!?」と言ってやりたいです。
Posted by てんてん at 2005年12月09日 12:31
「捨て試合」は論外ですね。「負ける」「負けそう」と言う言葉は口に出してはいけませんよね。態度にも出してはいけませんよね。子どもたちは敏感に反応します。
“いかに気持ちよく試合に挑めるか”を大人が考えてサポートしなきゃいけない。

さて、そんなこんなで、ゲンジ君はどうなったか?
>怪訝そうな顔でマウンドに立つゲンジ。

なになに?、どんな心境なの?
Posted by 始動者 at 2005年12月09日 14:50
相手が大きな選手ばかりだから、『ホントに小学生なの?』 てな感じで怪訝な顔をしたのでは?(^-^) 違うかな?…
Posted by ズンドコ節 at 2005年12月09日 15:05
>だが怪訝そうな顔

最後の一行が読めなくて・・・
意味を検索してしまいました^^

声に出して読めない日本語
http://www.1101.com/yomenago/go_050715_04.html

よ〜し、意味が解った所で、どうなったゲンジ君?
えっまた来週?
Posted by metoo at 2005年12月09日 19:11

>こんな時、投手の親というのは辛い立場だな。と改めて実感。

これは、投手の父親でしか味わえないですね。
本当につらいです。
僕は「なんで○○君がピッチャーなの」「あーあ他にいないの?」という父兄の声に耐えて来ました。
ほんまは、「やかましい。お前の所の練習もまともにできないガキよりましじゃボケー!」と言いたいのを我慢して見ていた事を思い出しました。

いいときより、悪いときの方が多いですよね?
投手の親って。

今は少しづつ努力が実り、なんであの子が?って言うのは無くなりました。

Posted by わい at 2005年12月09日 21:56
十徹さん ありがとうございます。

小学生の野球は、単に実力だけでは語れない部分が多くありますよね。
子供は底知れぬパワーを発揮する場合がありますよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月10日 00:38
さとるさん ありがとうございます。

ホントに喝を入れたい気分でしたね〜
やる前から何を言っているやら・・
と半分は呆れていましたよ^^
だったら2エントリーするなよ。 って心境でしたね。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月10日 00:42
ハッシーさん こんばんは。

野球もオフになり、ブログのネタも枯渇気味です・・
ですからこのカテゴリー、週2回掲載も検討してます^^
まだ未定ですが、今後もよろしくです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月10日 00:44
Shinさん こんばんは。

大人はドライな人も何人かいますよ。
損得でしか物を見れない人など、チームの運営で問題も出たりしますよね。
でも捨て試合とは随分な言い方ですよね。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月10日 00:47
てんてんさん ありがとうございます。

イメージしながら読んでいただけたら幸いです。
ジャニーズですか^^ そんな男前じゃないですよ(^^; もう少し割り引いて連想してください。。。
でもバレンタインでは多くのチョコを貰ってきますよ。まぁ本人に浮かれた表情はありませんけど。
どこまでも剛直な奴です^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月10日 00:57
始動者さん ありがとうございます。

子供の想いとは裏腹に、大人がついつい余計な事を口走る事がありますね。
実も蓋もない事を言わないで欲しいですよ。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月10日 01:01
ズンドコ節さん ありがとうございます。

その予想、残念ながら違います・・
どんな状況だったかは、次回のお楽しみ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月10日 01:03
metooさん ありがとうございます。

引き伸ばしてスミマセン^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月10日 01:10
わいさん ありがとうございます。

そうですね。やっている当人は必死なのですから、外からギャアギャアと騒いでほしくないですよね。
中には嫉み交じりの言葉もあったりします。困ったものです。
黙らせるには結果を出すのが一番ですが、中々難しい部分もあるのも確かです。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月10日 01:14
投手の親なので、私もその気持ち、わかります。
強豪相手にうちの子供は気合いれてるのに、その他の親と監督が、やる前から負け気分・・・てことも、あったっけ・・・(遠い目・・・)

結局負けはしたんですがね(笑)

投手だけじゃなくて、他の子供についても、
実の親がそこにいるのに、大声で、あの子はあーいうエラーが多いのよ!とか、言う人、います。
おなたのお子さんも同じですよ・・・って、言ってあげたいけど、私は言いません(笑)

結果を出すのが一番ですね。

投げ方のフォームを変えて、ストライクが入るようになってからは、外野も静かになりましたね(笑)

それまでは、、、四球の山で、20点取られたりしてたもんなぁ。。。(遠い目・・・(笑))
Posted by ガッツ at 2005年12月18日 15:33
ガッツさん ありがとうございます。

色んな親御さんがおられるのは、どこでも同じですね^^
本人も無意識のうちに言葉が出るのでしょうか?
そのクセ、自分の子供には甘いんですよね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月18日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。