2010年10月04日

頑固親父

高校野球を引退したゲンジ。早いものでもうすぐ3ヶ月になります。
後輩達は秋の大会の敗戦後、毎週のように練習試合が組まれている。

私も7月まではそうした練習試合にほとんど帯同。
今はそうした楽しみも無くなり、休日の過ごし方も変わってきました^^

思えばこの10年間、シーズン中はほとんど子供の野球に関わってきた。
いつしかそれが自分にとって最大の生き甲斐・楽しみ になっていきました。

奥さんも以前はそれほど力も入っていませんでしたが、
今年は最後のシーズンという事もあり、熱心に足を運んでいました。
また私の母親も、公式戦には必ず応援に駆けつけていました。

ところが・・ 私の父親が・・ (^_^;)

父は今年で72歳。おかげ様で健康を維持しており、頭もボケていません^^
仕事を辞めて数年が経ち、今は悠々自適の生活を過ごしています。

朝は経済新聞を隅々まで読み、午後は5キロほどのウォーキングを欠かしません。
仕事は俗に言う職人。当然ながら頑固親父です^^

そんな私の父ですが、ゲンジの野球の試合には、一度も足を運びませんでした。

小学校3年生から高校3年生の10年間、一度も来ないんですよ。。。
『俺が行くと負けるから』 が口癖でしたね。

そのくせ、帰宅すると試合の結果が気になるのか?
私やゲンジ本人に詳細を尋ねてくるんですよ^^

勝ったりゲンジが活躍した場合は、ニコニコして話を聞いています。
そんなに気になるなら、自分も観戦すればいいのにねぇ (^_^;)

今年の夏の大会前も、私はかなり強く勧めたのですが、
父は最後まで首を立てに振りませんでした。ホントに頑固な親父だ。。。

娘は中学の時に文化系の部活に所属。
県のコンクールで銀賞を取った事もあり、発表会には私も何度か出向きました。
そこでも父は・・ やっぱり来ませんね〜
私が撮ったビデオ映像は、テープが擦り切れるほど何度も観ていたくせに・・

ちなみに以前も少しだけ書きましたが、
私が高校の時の格闘技系の部活でも、父は一度も応援に来ませんでした。
私はそれが当たり前だと思い、特別何も思いませんでした。

私は孫が出来たらどんな競技であれ、大会や発表会には駆けつけたい^^
早くそうならないか、今から楽しみにしているのですが、
自分が歳を重ねたくない気持ちもあり、なんだか複雑な心境です^^



posted by ドラ夫 at 19:08| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。