2010年06月09日

終盤の追い上げ

先週は土日に4チームと対戦したのですが、
両日とも2試合目は大量リードを許す展開でした。

しかし9回裏の攻撃では2試合とも脅威の追い上げを見せました。

相手も有利な展開なので、控えの投手にチェンジしていたせいもあるかもしれませんが、
勝負を最後まで諦めない姿勢を養う上でも、この追い上げは良い収穫だと思う。

打線の繋がりもありますが、代打陣が結果を残した事が大きい。
現在は外野手の定位置争いが熾烈を極めている。

誰をスタメンで起用するか、監督も嬉しい誤算ではないでしょうか。
そんな現状なので、少ないチャンスをモノにしようと、
選手も目の色が変わってきています。

こうした効果が2試合続けての追い上げに繋がったのでしょう。
残念ながらもう一歩及ばず、勝利を得るには至りませんでした。

序盤・中盤での不用意な失点が、最後に響いてくるんですね。
これも良い意味で勉強になった事でしょう。

出来ればこの集中打、もう少し早い回に出ると嬉しいのですが (^_^;)



posted by ドラ夫 at 23:10| Comment(16) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。