2010年05月21日

急成長の選手

毎週のように練習試合が組まれている週末。
1試合目は主力組がメインで、2試合目は控え選手も多く起用される。

2年生の中で、一冬越えて急成長を遂げた子が何人かいる。

2年生の外野手R君。昨年は終盤に守備で起用がほとんどで、
あまり目立たない選手の一人でした。

3月の最初の練習試合。2戦目の途中でR君は代打に起用された。
ここで私は2度驚きました。

まずは打席に入った時の風格・雰囲気。
まるで別人のようでした。ハッタリに思えるかもしれませんが、
いかにも打ちそうな構えなんです。

そしてその初球、高めのボール球をフルスイング!
豪快な空振りでしたが、そのスイングスピードの速さに目を奪われた。
主軸打者のそれと比較しても、見劣りしない。

結局その打席は三振に倒れたのですが、
試合後、私は本人を呼んでその事を褒めた。
自宅で毎日欠かさず素振りを続けてきたとの事。

先月の1年生歓迎会の席で私は監督と同じテーブルでした。
私が『R君、ひょっとしたら大化けするかもしれませんね。』

監督も 『さすが、よく見ていらっしゃいますね^^』
『スイングの質が段違いで上がっている。試合経験を積めば楽しみな存在です。』

もう一人、同じく外野手のS君。
この選手はチーム1の俊足の持ち主。
代走の切り札的存在なんです。

守備もまずまずなのですが、打撃が課題でした。
しかし春になってからそれを克服。
鋭い打球を幾つか飛ばすようになっています。

先日もスタメンで2安打・1四球。盗塁も3つ成功させた。

外野手の定位置争いは、この2人の躍進で混沌としてきている。
3年生もうかうか出来ません (^_^;)

正直、3年生の中でも冬を越して成長の跡が見えない子もいる。
差が縮まってきているんです。

R君・S君に触発されて、他の控え選手の躍進にも期待したい。
チーム力はこうして伸びていくんですね。



posted by ドラ夫 at 01:12| Comment(20) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。