2010年01月19日

高校時代の苦い思い出

野球もシーズンオフですから、ブログネタも少なくて困ります (^_^;)

かなり昔の話になりますが、私が高校生だった頃、
冬のオフで今でも後悔している事があるんです・・

プロフィールのところにも書いてあるのですが、
私は中学3年生の時に、某格闘技で県大会の個人戦で2位になりました。

当初は高校でその種目を続けるつもりはありませんでしたが、
各方面から色々なお話を戴き、結局は続ける事に。

入学して半月後、春の県大会がありました。
私はその大会の中量級でいきなり3位。
入学したばかりの1年生が、2・3年生達を相手にこの成績。

周囲はとても驚きましたし、自分にも注目や期待を背負っている実感がわいた。
その勢いでインターハイ予選では団体戦メンバーにも抜擢。
県大会優勝を果たし。東海大会でも団体戦3位。

この時は自分でも勢いを感じましたし、
正直、一部のライバルを除いて同学年の選手は眼中になかったです。

でもそんな慢心が、今から思えば間違いのもとでした・・
秋の大会も順調な成績を残し、惜しくも国体のメンバーからは漏れましたが、
自分でも手応えを感じた1年でした。

そして最初に迎えたオフシーズン・・
私は右足の親指を練習中に骨折してしまう。

周囲とは別メニューで、主に上半身を鍛えるトレーニング。
しかしこの時から、どこかでサボり癖がついてきた・・

一つ上の2年生は人数が少なかった事もあり、
また顧問もこの時は進路指導で多忙な時期。
部活に顔を出す機会も減っていたんです。

次第に部活全体がダラけた雰囲気に。
私自身も初年度の成績に天狗になっていたんですね。
追い込むような練習には程遠く、手抜きのオンパレード。

一度怠け癖がつくと、容易に元には戻れない。
心のどこかに、『これでも自分は勝てるさ』 という気持ちが支配していた。

2年生になり、最初の大会は惨敗でした。
前年までは余裕で勝てていた他校の同学年にも、
私はすっかり勝てなくなってしまったんです。

自分は向上どころか停滞。相手達は驚くほど力を伸ばしている。
気がついた時は既に遅い。情けなくて、悔しくて・・
オフの慢心に原因があった事に疑いの余地はない。

私は遅れを挽回しようと必死に練習に取り組みましたが、
結局この年はインターハイ出場も逃し、国体にも選ばれる事が出来なかった。

このままでは終われない。そう決意して挑んだ2年生のオフ。
前年とはうって変わり、猛練習に明け暮れました。

最後のシーズンは3度の全国大会に出場。
そのうち2度は個人戦で優秀選手賞を頂戴し、一度はベスト16入り。

オフの取組みが無駄にならず、復活出来たことが嬉しかったです。

長くなりましたが、私はこうした苦い経験がありまして・・
ゲンジにも毎年オフに入る前にはこの話を聞かせています。

今は打てる相手投手でも、冬を越したら手も足も出ないかもしれない。
なので自分の打撃レベルも上げておかないと、対等には戦えないぞ!
とハッパをかけているのですが^^

成長期でもありますし、短い期間でグンと伸びる世代。
だからこそオフの練習は大事なんです。

私はこの時の事を今でも非常に後悔しています。
ゲンジにはこのような想いをさせたくありませんから、
つい世話を焼いてしまうのですが (~_~;)

これを読んで身に覚えのある現役選手の方、
今からでも遅くありません。気持ちを新たにスタートしましょう^^





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。