2010年01月13日

硬式用木製バット(マルッチ)


お年玉で自分用のパソコンを買ったゲンジですが、
昨年のクリスマスには私からプレゼントを贈りました (^_^;)
この事を予言されたmetooさんは凄い^^

maru1.jpg

マルッチ PL16 PRO MAPLE(ポール・ロデューカモデル)


ドジャースなどで活躍した強打の捕手ポール・ロデューカモデルのバットです。
また、同じ形状のバットを元マリナーズのマイク・キャメロン選手も使っています。

トップバランスで長距離打者向けのバランス。
グリップは細めで打球部も細目。材質はメイプルです。

maru2.jpg

マルッチ社。 この名前を知っているお方は少ないかもしれません。
近年メジャー市場でシェアを拡げている新興メーカー。

オールスターゲーム出場選手や、タイトルホルダーもこのマルッチ社製バットが増えている。

人気の理由は社長自らがバット職人。1本・1本手作りなんです。
そのためにアメリカではほとんどがプロ向けとなり、
一般ではあまり購入出来ないとの事。

製造工程も独特でボーンラビングと呼ばれる手法でバットの固さを増し、反発力を高めています。
またバレルバーニングと呼ばれる手法により、折れにくくもなっています。

以前に紹介したオールドヒッコリー社 ↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/38575981.html

ここもマルッチと並んで新興メーカーですが、
後発ながらこれらのメーカーがシェアを伸ばしているのは、
メジャーメーカーにはない味付けが評価されているからでしょう。

ひょっとしたら日本のプロ野球でも、使用者が出てくるかもしれません。

現在は金属バットで試合に臨むゲンジですが、
仮に来年、大学で硬式野球部に入れば木製バットになる。
先を見据えている訳ではありませんが、勉強になればいいかな^^

ゲンジは学童時代から練習では木製バットを愛用してきました。
金属と違い、木製は芯も狭く扱い方がシビア・・
そういった部分を身体で感じるというか、学習させる意味合いで使わせてきた。

軟球では滅多に折れませんが、硬球では下手に扱うとすぐに折れます。
このバットも数球で折れてしまう運命かも (~_~;)

コレクションで終わらせず、このバットを実戦で使える日が来るのが願いです^^


posted by ドラ夫 at 21:55| Comment(22) | TrackBack(1) | 野球道具について | 更新情報をチェックする