2010年01月31日

サッカーをさせていたかもしれない (^_^;)

今から9年前の2001年2月。
小学校2年生の冬にゲンジは地元の学童野球に入団しました。

当時の経緯や取組みは、【我が子レギュラー化計画・3年〜4年の頃】のカテゴリに綴ってあります。
http://syounenyakyu20.seesaa.net/category/235595-1.html

当時のゲンジは引っ込み思案で臆病な性格でした。
自分の意志を示す事もなく、いつも母親に甘えてばかり・・

ただ持久力は人並み以上にあり、学校でのマラソン大会では、
1年生と2年生の時に連覇。
今は鈍足の部類ですが、当時は短距離も速くてリレーの選手にも選ばれていた。

男の子として、もっと逞しく育てたい。
そう思っていた私は、ゲンジに何かスポーツをさせたいと考えていました。

この事に奥さんも異論はなく、本人の希望とも相談し、
どんなスポーツをさせようか? あれこれ考えていたんです。

私自身が格闘技をしていた事もあり、最初は剣道や柔道を
と思ったのですが、これには奥さんが反対 (^_^;)

そこでサッカーをさせてみたい。そう思ったんです。
1993年生まれのゲンジ。ちょうどこの年にサッカーのJリーグが始まった。

94年のワールドカップ予選も盛り上がっており、
日本中がサッカーブームに湧いていた頃です。

私も名古屋グランパスのサポーターでして、
関東圏で行われる試合には、頻繁に足を運んでいました。

勿論、プロ野球や高校野球にも関心はありましたが、
それよりもサッカーのほうに熱が高まっていました。

私は背が高いのもあって、高校の授業ではゴールキーパーを多く務めてました。
お世辞もあったのかもしれませんが、なかなか評判が良かったんです (^_^;)
反応もまずまずでして、その影響か一番注目して見ていたポジションはキーパー。

いつしかそれが我が子にも向けられて、ゲンジにキーパーをさせてみたい。
そう思うようになってしまいました。

ゲンジ本人も感触が良く、サッカーチームに入団する障害はありません。
ただ通っていた学校にサッカーチームがなく、
入るとしたら隣の小学校のチーム。

この点だけが不安要素でしたが、あれこれ聞き込みを行い
受け入れには問題ないとの事でした。

父子揃ってサッカーで盛り上がっていたのですが・・

それとは知らずにうちの奥さん、野球道具を一式譲り受けてきた (~_~;)

親しい友人のお子さんがその時に6年生。
中学入学を目前に控えていた頃です。
その子は野球をしていたので、不要になった用品が沢山あった。

『全部渡すから、野球をさせない?』 こう言われて奥さんは即決。
なんと入団の申込書まで貰ってきた^^

グローブにバット、練習用のユニフォーム、アンダーシャツ。
全て中古とはいえ、一式揃えるとそれなりの金額になりますよね。

またズラリと並べられた用品を見て、当のゲンジも大喜び^^
サッカーの話はどこへやら・・ 

こうしてゲンジの野球人生がスタートしたわけです。
動機は単純ですが、この時の経緯があって今がある。
そう思うと、なんとも不思議な成り行きですね。

その後は紆余曲折があり、初安打が出るまで1年半もかかりました。
なんとか上達させたい想いで必死でしたね。
今でこそ笑って振り返ってますが、当時はもう胃が痛くなるほどで (~_~;)

そんな子も今は元気に成長し、それなりに周囲から期待される立場になった。
人生のアヤは、どこに転がっているのか分からないものです^^

私は今、フットサルのチームからキーパーとして勧誘されているんです^^
ゲンジの夏の大会が終わるまでは保留ですが、
それが終わったらじっくり考えてみたい。
新しい楽しみも見つけないといけませんからねぇ ^^;

ただ身体が思うように動くのか? そこだけが心配ですね^^



2010年01月27日

あれから17年

1月はゲンジの誕生日がある月。17歳になりました。

なんというか、月並みな言葉になりますが、
月日が過ぎるのは早いものですねぇ・・・

今日はゲンジの誕生秘話を一つ (^_^;)

奥さんがお世話になった産婦人科は、産む前に男の子か女の子、
どちらが生まれるか? 希望者には教えてくれるところだったんです。

第一子だった長女の時は事前に女の子だと知らされた。
そしてゲンジがお腹にいる時も、実は女の子だと言われていたんです。

私の本音は少々落ち込みましたね ^^;
やはり男の子が欲しかったのもありまして・・

でもそれを言っても仕方がありません。
娘2人の父親かぁ・・ と最後は開き直ってました^^
子供は2人。そう当時は決めていましたし。

女の子用の服も用意し、名前も既に決めていました。
ところが2歳だった娘が、母親のお腹に口をあてて、
『ゲンちゃん 早く生まれておいで!』

何故か娘はお腹の赤ちゃんの事を「ゲンちゃん」 と呼んでいるんです^^
私達が 『まだ男の子か女の子か、分からないんだよ』
と言いましても、『絶対にゲンちゃんだよ 男の子だよ!』と言い張る娘。

どうしてゲンちゃんなのか? その辺りの事はよく分かりません。
絵本かテレビの影響でしょうか、とにかく娘はずっとお腹の赤ちゃんを
ゲンちゃんと呼び続けていたんです^^

ただこちらとしても、女の子にゲンちゃんという名前は付けられません (~_~;)
まさか『ゲン子』 なんて名前もねぇ^^

『女の子が生まれたら、娘もきっと理解出来る。その時にキチンと言い聞かせよう』
 
そして出産当日。私は仕事の都合で立ち会う事は出来ませんでした。
お昼頃に無事に生まれたという連絡は貰いました。
夕方に勤務を終えて、急いで病院へ。

廊下で義母がニコニコ笑っていた。
隣で娘が、『パパ! ゲンちゃんが生まれたよ!』と喜んでいる。

参ったなぁ 名前の件、どう説明すればいいのやら と私も苦笑い。
そして母子と対面・・・

なんと男の子でした。 嬉しい誤算というか、なんというか。。。
とにかく嬉しかったですね。一度は諦めていた男の子が生まれたなんて。

同時に人騒がせな産婦人科に少し腹が立ったり (^_^;)

こうして誕生したゲンジ。娘はずっと『ゲンちゃん』と呼んでいる。
以前、私が中日ドラゴンズの郭源治選手から名前を頂戴したと書きました。

そうなんです。私は男の子が生まれたら郭選手の名前を付けたかった。
偶然、娘がゲンちゃんと呼んでいた。
もうゲンジという名前しか、付ける名前はないですよね^^

これも何かの縁というか、巡りあわせというのか。

あれからもう17年。誕生日が来る度に、我が家ではこの時の経緯が話題になる。

名付け親の娘も、弟の事は親しい友人には自慢している^^
ゲンジも姉の言う事には従順で、喧嘩は全くしません。

2人が巣立つまで後数年でしょう。それを思うと寂しいもんです・・
孫が生まれたら、また野球をさせたいですね。

私も当然、ステージ爺ちゃんになりそうです^^

2010年01月24日

固定出来ない5番打者

早いもので1月も残り一週間。
冬のオフもあと1ヶ月半になりました。

シーズンインはまた1から一斉スタートでしょうが、
前年秋の布陣がベースになるのは間違いない。

ポジションや打順もどう変化してゆくか?
この冬に力を伸ばした者が優位に立てる。

夏の大会後に発足した新チーム。
8月から10月までの3ヶ月間、試合を重ねたのですが、
5番打者が固定出来ないまま過ぎました。

手元に資料がありませんが、私の記憶では1年生も含めて、
5〜6人の選手がテストされました。
しかし明確に固定された選手は皆無。

5番というとクリンナップの一角。
勝負強さがあり、長打も狙える。こんなイメージが多い。

ゲンジは昨年の春と夏の大会は5番を任された。
新チームになって4番に昇格ですが、その後釜候補が難航中。

思えば中学2年の時も5番が多く、新チームから4番。
その時と同じ流れですが、中学の時は5番に適任の選手がいた。

現チームも私が見て、1年生と2年生に一人づつ5番候補がいる。
2年生の子は打撃・守備面でも秋はスランプに陥り、
最後はスタメンからも外され気味だった。

1年生の子は一発長打があり魅力も多いのですが、
好不調に波があり、またこちらも守備面で課題があって
現在は新ポジションに挑戦中の身。

このような状態ですから、秋の公式戦の2戦目は、
小柄で本来なら2番打者タイプの選手が、敢えて5番に入った。
監督の苦肉の策というか、ここが迷いどころなんだなぁ・・
と周囲も感じてしまうような感じ。

5番に限らず、他の打順と絡めて考えて、
私なりに理想的打順は頭にはある。
それに照らし合わせると、5番はうまく固定出来ますが、
采配は監督にありますから、それを言ったところで始まらない。

選手側からみれば、逆にチャンスだと捉えてほしいもの。
実績、威圧感。これらを含めて理想的な5番打者が早く生まれてほしいものです。



posted by ドラ夫 at 21:55| Comment(16) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

高校時代の苦い思い出

野球もシーズンオフですから、ブログネタも少なくて困ります (^_^;)

かなり昔の話になりますが、私が高校生だった頃、
冬のオフで今でも後悔している事があるんです・・

プロフィールのところにも書いてあるのですが、
私は中学3年生の時に、某格闘技で県大会の個人戦で2位になりました。

当初は高校でその種目を続けるつもりはありませんでしたが、
各方面から色々なお話を戴き、結局は続ける事に。

入学して半月後、春の県大会がありました。
私はその大会の中量級でいきなり3位。
入学したばかりの1年生が、2・3年生達を相手にこの成績。

周囲はとても驚きましたし、自分にも注目や期待を背負っている実感がわいた。
その勢いでインターハイ予選では団体戦メンバーにも抜擢。
県大会優勝を果たし。東海大会でも団体戦3位。

この時は自分でも勢いを感じましたし、
正直、一部のライバルを除いて同学年の選手は眼中になかったです。

でもそんな慢心が、今から思えば間違いのもとでした・・
秋の大会も順調な成績を残し、惜しくも国体のメンバーからは漏れましたが、
自分でも手応えを感じた1年でした。

そして最初に迎えたオフシーズン・・
私は右足の親指を練習中に骨折してしまう。

周囲とは別メニューで、主に上半身を鍛えるトレーニング。
しかしこの時から、どこかでサボり癖がついてきた・・

一つ上の2年生は人数が少なかった事もあり、
また顧問もこの時は進路指導で多忙な時期。
部活に顔を出す機会も減っていたんです。

次第に部活全体がダラけた雰囲気に。
私自身も初年度の成績に天狗になっていたんですね。
追い込むような練習には程遠く、手抜きのオンパレード。

一度怠け癖がつくと、容易に元には戻れない。
心のどこかに、『これでも自分は勝てるさ』 という気持ちが支配していた。

2年生になり、最初の大会は惨敗でした。
前年までは余裕で勝てていた他校の同学年にも、
私はすっかり勝てなくなってしまったんです。

自分は向上どころか停滞。相手達は驚くほど力を伸ばしている。
気がついた時は既に遅い。情けなくて、悔しくて・・
オフの慢心に原因があった事に疑いの余地はない。

私は遅れを挽回しようと必死に練習に取り組みましたが、
結局この年はインターハイ出場も逃し、国体にも選ばれる事が出来なかった。

このままでは終われない。そう決意して挑んだ2年生のオフ。
前年とはうって変わり、猛練習に明け暮れました。

最後のシーズンは3度の全国大会に出場。
そのうち2度は個人戦で優秀選手賞を頂戴し、一度はベスト16入り。

オフの取組みが無駄にならず、復活出来たことが嬉しかったです。

長くなりましたが、私はこうした苦い経験がありまして・・
ゲンジにも毎年オフに入る前にはこの話を聞かせています。

今は打てる相手投手でも、冬を越したら手も足も出ないかもしれない。
なので自分の打撃レベルも上げておかないと、対等には戦えないぞ!
とハッパをかけているのですが^^

成長期でもありますし、短い期間でグンと伸びる世代。
だからこそオフの練習は大事なんです。

私はこの時の事を今でも非常に後悔しています。
ゲンジにはこのような想いをさせたくありませんから、
つい世話を焼いてしまうのですが (~_~;)

これを読んで身に覚えのある現役選手の方、
今からでも遅くありません。気持ちを新たにスタートしましょう^^





2010年01月17日

検定月間

今月は高校で各種検定が多く行われます。

週末の練習も休みとなり、私的には少々物足りない・・

まぁ勉強も大事なので文句は言えませんが (^_^;)

ゲンジはここまで、ほとんどの科目で2級は取得しています。

これからは1級が目標になりますね。

進学するにしろ、就職するにしろ、なるべく上の級を取得したほうが有利。

5月と6月も検定が多く、練習試合に出られない場合もある。

なので早めに取得しておけば、その時に慌てる必要がない。

この土日も精力的に机に向かっていたゲンジ。

月末には期末テストも控えており、来週の土日も練習は休み。

4ヶ月のオフも、今月が終われば残り1ヶ月。

なんだか私のほうが焦ってしまうのですが、本人はどう思っているのやら・・

過ぎた時間は戻ってきません。後になって悔いが残らないようにしてほしい。

それにしても、少しは身体を動かしてほしいのですが、

土日は何もやらなかった。。。

言いたい事をグッとこらえている私です (~_~;)



posted by ドラ夫 at 22:00| Comment(16) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

硬式用木製バット(マルッチ)


お年玉で自分用のパソコンを買ったゲンジですが、
昨年のクリスマスには私からプレゼントを贈りました (^_^;)
この事を予言されたmetooさんは凄い^^

maru1.jpg

マルッチ PL16 PRO MAPLE(ポール・ロデューカモデル)


ドジャースなどで活躍した強打の捕手ポール・ロデューカモデルのバットです。
また、同じ形状のバットを元マリナーズのマイク・キャメロン選手も使っています。

トップバランスで長距離打者向けのバランス。
グリップは細めで打球部も細目。材質はメイプルです。

maru2.jpg

マルッチ社。 この名前を知っているお方は少ないかもしれません。
近年メジャー市場でシェアを拡げている新興メーカー。

オールスターゲーム出場選手や、タイトルホルダーもこのマルッチ社製バットが増えている。

人気の理由は社長自らがバット職人。1本・1本手作りなんです。
そのためにアメリカではほとんどがプロ向けとなり、
一般ではあまり購入出来ないとの事。

製造工程も独特でボーンラビングと呼ばれる手法でバットの固さを増し、反発力を高めています。
またバレルバーニングと呼ばれる手法により、折れにくくもなっています。

以前に紹介したオールドヒッコリー社 ↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/38575981.html

ここもマルッチと並んで新興メーカーですが、
後発ながらこれらのメーカーがシェアを伸ばしているのは、
メジャーメーカーにはない味付けが評価されているからでしょう。

ひょっとしたら日本のプロ野球でも、使用者が出てくるかもしれません。

現在は金属バットで試合に臨むゲンジですが、
仮に来年、大学で硬式野球部に入れば木製バットになる。
先を見据えている訳ではありませんが、勉強になればいいかな^^

ゲンジは学童時代から練習では木製バットを愛用してきました。
金属と違い、木製は芯も狭く扱い方がシビア・・
そういった部分を身体で感じるというか、学習させる意味合いで使わせてきた。

軟球では滅多に折れませんが、硬球では下手に扱うとすぐに折れます。
このバットも数球で折れてしまう運命かも (~_~;)

コレクションで終わらせず、このバットを実戦で使える日が来るのが願いです^^


posted by ドラ夫 at 21:55| Comment(22) | TrackBack(1) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

自分専用パソコン^^

正月も終わり、またいつもと同じ日常生活が始まっていますね。

学校も3学期が始まりました。
そんな中、ゲンジはバイト代とお年玉を充てて、
自分専用のパソコンを購入しました^^

中学時代はパソコンには全く興味を示さず、
高校入学後も同様。それが2年生になった頃から少しづつ変わり、
昨年の11月には購入を宣言 (^_^;)

約2ヶ月間、あれこれ吟味して候補機を選びました。
自室に置くのでデスクトップ型。HDは2TB! メモリは4GBとのこと。
モニターは24型のワイド液晶で、テレビチューナーは地デジ対応。

ここ数年、私はPCの事は全く無頓着 (~_~;)
時代は変わったんですねぇ。。。
今こうしてブログを書いているPCのHDは40GB。

ゲンジのPCはこの50倍の容量があるのか・・
そんなに有って、一体何に使うのか?・・

親子揃ってPC関連は苦手分野。
セットアップには野球部の親友が手伝いに来てくれました。

自分で貯めたお金で購入なので、さぞかし感慨深いものがあるでしょう。
まぁ無線LANやその他の関連機器は、仕方がないので私が払ってやりましたが^^

心配なのがPCばかりに熱中して、勉強やトレーニングがおろそかになる点。
これについては本人によく釘を刺しておきました!

目に余るような状態になれば、私も実力行使に出ます!
せっかく買ったので、これを機にPCにも詳しくなってほしい。
これからの時代、やはり必須項目ですからね^^



posted by ドラ夫 at 21:05| Comment(24) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

かつての僚友

年末年始は一部の日を除いて自主トレが出来ました。
場所は中学時代のホームグランド。

我が家からはクルマで5分くらいの場所です。
雪も少なく、広い場所なので有意義な練習が消化出来た。

私達の貸切状態かと思っていたのですが、
他の高校で野球部に所属している選手2人も
途中からこのグランドにやってきた。

2人とも学童チームでゲンジのチームメイト。
当時ゲンジが4番。この日の二人は1番と3番を打っていた子。

ただ違うのは、彼らは中学では硬式チームに入っていたこと。
ゲンジは軟式でしたので、以降は親しい付き合いはない様子。

私も5分ほど近況を尋ねたりしましたが、
当人達は挨拶程度 (^_^;)

なんとなく意識しているのか、ライバル心があるのか^^

でも皆がそれぞれ頑張っているなぁ・・ と改めて思った次第・・
かつての僚友だからこそ、また中学では違う道を歩んだもの同士なので、
もし対戦する機会があれば、やはり負けたくないでしょうね。

ゲンジにとってもいい意味で刺激になったと思います。



posted by ドラ夫 at 08:05| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

懐かしい顔ぶれ

年末のある1日、ゲンジは旧友達と再会しました。
中学軟式時代の僚友と久々に集まる事に^^

昨年の冬休みは1年生だったせいか、皆の都合がつかなかった。
シーズン中は練習や遠征もあり、年末年始ぐらいしか会う機会がない。

今はそれぞれ別々の高校に進んでおり、
全員が硬式野球部に所属しています。

学童から中学まで私も指導にあたりましたので、
教え子と言ってもいいでしょうか。

ゲンジも楽しみにしていたのか、早朝から出掛けました。
夜に帰宅する予定でしたが、急遽泊まる事に。
先方には迷惑だったかもしれませんが、話が尽きなかったのかな^^

少しは野球部の話題でも出たのかと思ったら、
そんな話題はほとんど無かったらしい (^^;
もっぱら遊びの話だったみたいですね^^

とても良い気分転換になったようです。
当然ながらこの日の自主トレは免除。
翌日からまた練習とバイトの毎日が続きました。

どういう訳か、彼らの高校とは公式戦・練習試合、
どちらも一度も対戦がありません。
出来ればこのまま対戦無しで終わりたい。

どうもかつての教え子達を、敵にはしたくない気持ちが強くて・・

私も彼らの様子をゲンジから聞き、とても懐かしく思えた。
皆がそれぞれ、野球を辞めずに頑張っている。
それが一番嬉しいですね^^



posted by ドラ夫 at 01:22| Comment(16) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

自主トレも一応やってます ^^;

長かった年末年始休暇も終わりになります。。。
5日からまた仕事ですねぇ・・

ゲンジ達は木曜日から登校。休み中はバイトも頑張りました^^
そして自主トレもほぼ毎日行う事が出来ました。

昨年に比べ、天候が今回は悪い。でも積もるほどの降雪もなく、
その点は助かりました。

昨年の冬休みは親子2人での練習でしたが、
今回の冬休みはゲンジの後輩にも声をかけました。

この選手は同じ中学からの後輩で1年生。
学童チーム、中学軟式と私の教え子にもあたる。

現在は内野手なのですが、ゲンジ達の学年が引退した後は、
この子にエース番号の1番を背負わせたい。

つまり現状も投手候補でもあるんです。
ゲンジも投手候補。互いに投球練習を積んでおきたい。

寒いのでウォーミングアップには十分な時間をかける。
肩が出来上がったら投球開始。
50%の力で10球。80%で10球。全力で30球。

ここで投手・捕手を交代。同じように50球を投げたらまた交代。
次は変化球を中心に50球。

こんな感じで1日に100球ほどの投げ込みをしています。
二人の特徴ですが、ストレートはゲンジのほうが速いですね。
逆にカーブのキレは後輩のほうが上回る。

ゲンジは目を放すと肘が若干下がり気味になる悪い癖があり、
後輩にはそれがない。だが軸足の蹴りと体重移動は
ゲンジがスムースに対し、後輩は貯めた力が後ろに残り気味。

このように双方に一長一短があり、私も気付いた事はその都度指摘。
互いに相手の球を捕球する事により、自分に置き換えて比較が出来、
この点でも良い組み合わせかもしれない。

他には牽制の練習や、バント処理のメニューも考えているのですが、
2人がじっくり交互に投球練習をしていると、
それだけで予定の時間が終わってしまう(^_^;)

状況に応じて臨機応変に対応していきたいです。
私が付き合う自主トレは、6日の水曜日まで。

それまでに1つでも多く、何かを感じとってほしいものです。



posted by ドラ夫 at 00:36| Comment(16) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

謹賀新年 2010

あけましておめでとうございます。

ついに・・ というか、とうとう高校3年生のシーズンを迎えてしまいます。

中学3年の時は、高校という次のステップが見えていましたが、

今年の場合は進路もまだ未定ですので、学生野球最後のシーズンになるかもしれません。

小学3年から続けてきた野球生活の集大成の年。

本人はもとより、私も並々ならぬ決意で挑まなければならない年。

泣いても笑っても、残り半年強で終わりです・・・

月並みな言葉ですが、悔いの残らないシーズンにしたい。

このブログもひょっとしたら、今年で終幕になるかもしれません・・

先の事はまだ判りませんが、とにかく今は1日1日を大事に・・

そんな想いで一杯です。

本年も当ブログ、よろしくお願いします。



posted by ドラ夫 at 00:00| Comment(44) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。