2009年12月02日

チーム存続の危機・・

ゲンジの古巣である中学軟式のクラブチームですが、
チーム存続の危機に直面しています・・

10月下旬の準公式戦では、中学時代に一緒だった父兄と久しぶりに再会。
近況報告等で話が盛り上がっていたのですが・・

そこで中学チームの現状を知らされた。
昨年は近年では稀にみるほど多くの選手が集まった。

ところが今年は極端に少ない。
そしてこの秋には、なんと全員の1年生が退団したとのこと。

何が原因なのか? そこまでは聞かされませんでしたが、
もともと少ない学年。面白くなかったのでしょうか・・

私もここ最近はすっかりご無沙汰しており、
今年はゲンジがオフの日に一度だけ顔を出したのみ。

その時の様子は別段変化があるようには見えなかったのですが。
この学年が空白になると、なにかと不都合が多くなる。

現2年生は人数が多いので問題ありませんが、
来春に9人以上の入団がないと、秋以降の試合が成り立たなくなる。

だが学童野球に目を向けると、今年の6年生もさほど多くはないらしい。
いよいよ困った事になりましたねぇ。

選手不足ではチーム運営も成り立ちません。
活動休止、もしくは解散という事にもなりかねない。
それだけは阻止したいのですが・・

少子化の影響もありますが、子供にスポーツをさせない家庭も増えているそう。
サッカーなどは安定した人数を常に確保のようですが。

今春のWBCの優勝で、野球人気復活にも期待したのですが、
当地ではその恩恵も無かった形か。

息子がお世話になり、私もスタッフとして3年間関わってきた。
卒団したからとはいえ、無関心でいられるわけもない。

ただどのようにして選手を勧誘するのか?・・
なんとかして手を打たないといけません。

困った事になりました。もともと田舎なので子供の数も少ない。
近隣チームとの合併も視野に入れなければならないかも。

いいアイデアはないですかねぇ?。。。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。