2009年11月30日

三塁手(サード)

高校入学以降、この秋の大会までずっとキャッチャーのゲンジ。
しかしチーム事情でサードでの起用が増えてきました。

春の大会は2年生がサードのレギュラーでした。
しかし夏の大会は1年生が抜擢された。
荒削りな面もあるのですが、将来性を買われたのでしょう。

秋の公式戦も同じ布陣で挑んだのですが・・
前後の練習試合も含め、内野のエラーが目立っていたんです。
特に2年生でレギュラー格の2人が不振。

前述の1年生レギュラーも安定した結果を残せず、
監督も大規模なコンバートに着手。

テスト的にゲンジをサードで起用。無難な結果を残し、
以後はそのポジションが固定されつつある。

勿論、私もゲンジ本人もキャッチャーが第一志望。
ゲンジの代わりに捕手を務めている1年生、
肩に難があり盗塁阻止率が低い。

父兄同士の雑談の中でも、今回のテストには反響も大きい。
大半はゲンジをキャッチャーに と推す方が多い。
ただ内野の守備で試合を落としてきた事実もある・・

野球はセンターライン重視。こういう傾向が多いのは、
先日エントリーした【ポジションの優先順位は?】↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/132756440.html

この時のコメントでもそれは明らか。
その優位性を崩してまで、ゲンジをサードに置く起用は
私自身の考えとしては疑問符がつく・・

そうはいっても起用は監督の権限。
こちらも強く物言いは出来ないので、ある程度は従うしかない。

思い起こせばこのサード、中学軟式のチームの時も
ここがウイークポイントでした。
どの子を起用しても、ファーストへの悪送球が多かったですね。

今回のコンバートも、一番の原因はやはり悪送球。
ゲンジは不慣れなポジションではありますが、
ダッシュと送球は及第点。後はカバーリングや細かい面で課題も多い。

強烈な打球が襲ってくる。またバントの時は前に出なければならない。
サードは長嶋茂雄さんの影響か、華のあるポジション。
そんなイメージが私の世代では多く抱いているかもしれない。

この冬はこのサード、キャッチャー、そしてピッチャーの練習が目標か。
来春の大会ではどこを守っているのか?

現選手の底上げがあるか、新1年生で有望な内野手が入学するか?
これらの部分でゲンジがどこに入るのか、決まってくるかもしれません。

くどいようですが、私はキャッチャーを諦めていません (^_^;)
実力で奪われたなら納得ですが、そうでないなら、やはりゲンジが捕手の座に座らないと。
そうしないと勝てない・・ 自惚れかもしれませんが、私はそう思ってます。





posted by ドラ夫 at 10:11| Comment(29) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。