2009年11月08日

連日のバッセン通い

ちょっと古い話になりますが、先々週の事です。
ゲンジが腰を痛めていた時でした。

ダブルヘッダーを共に代打出場。1三振・1四球
その前週は2三振。その前も2三振。。。

とにかく三振が目立ったこの準公式戦・・
腰痛で無理をさせてはいけない。
朝練は休んで登校前に接骨院に行く毎日。

なんとか翌週の今季最終戦に間に合わせたい。そんな想いでした。
ところが我が家の奥さんが、妙に気合が入っています。

『放課後の部活が終わったら、バッティングセンターに連れてゆく!』

こんな言葉、ゲンジが少年野球の頃から一度も言ったことがない (^_^;)

高校入学前は軟式をしていた事もあり、バッセンには頻繁に通った。
しかし高校入学以降は平日の帰宅も遅く、
週末は練習か試合の繰り返し。硬式野球というのもあり、
バッセンは本当にご無沙汰していたんです。

私が 『腰を痛めているから無理はさせない。』 こう言いますと、

『来週が最後の試合。最近は三振ばかりで情けない!』
『だから今週は毎日特訓させる!!』 
と凄い勢いでまくし立てていました (゜o゜)

ゲンジも守備と走塁時は少し痛むが、打つ時はそれほどでもない。
このように申しますので、奥さんの気の済むようお任せしました^^

それにしても、どういう心境の変化なんでしょうねぇ。。。
昔は私がバッセンに連れてゆくと、どこか冷ややかな視線を送っていた人が・・

夏の大会以降、息子が最高学年というのもあり、
また私が保護者会の役員をしている都合もあるのか、
奥さんもグランドに足を運ぶ回数が増えてきているんです。

以前は大きな大会ぐらいしか来なかったのに・・
それだけやる気が出てきたのかな?^^

不甲斐ない結果ばかりの息子を見て、
なんとかせねば! という想いが働いたのでしょうか?
どうせならもっと早く、そうした気持ちになってほしかった (^_^;)

バッセン通いの成果があったのか、
最終戦は2四球にライトライナー、三遊間の深い当たりの遊ゴロと、
ヒットこそありませんでしたが、三振もなかった^^

中学までは自主練等で私が息子を独占していた。
奥さんはそんな気持ちでいたのか、どこか野球に対する協力というか、
姿勢というか、熱意があまり見えてこなかったんです・・

一種のヤキモチなのでしょうか^^
それが最近は色んな面で息子の野球に関わりを持とうとしてくれる。

ゲンジ自身も、まさか母親がバッセン通いを強要してくるとは、
思ってもみなかった事でしょうね^^
その分、最終戦は気合も高まっていたように見えました。

泣いても笑っても、来年の夏で高校野球は終わり。
短い時間ですが、夫婦揃って楽しませてもらうつもりです^^





posted by ドラ夫 at 18:27| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。