2009年11月30日

三塁手(サード)

高校入学以降、この秋の大会までずっとキャッチャーのゲンジ。
しかしチーム事情でサードでの起用が増えてきました。

春の大会は2年生がサードのレギュラーでした。
しかし夏の大会は1年生が抜擢された。
荒削りな面もあるのですが、将来性を買われたのでしょう。

秋の公式戦も同じ布陣で挑んだのですが・・
前後の練習試合も含め、内野のエラーが目立っていたんです。
特に2年生でレギュラー格の2人が不振。

前述の1年生レギュラーも安定した結果を残せず、
監督も大規模なコンバートに着手。

テスト的にゲンジをサードで起用。無難な結果を残し、
以後はそのポジションが固定されつつある。

勿論、私もゲンジ本人もキャッチャーが第一志望。
ゲンジの代わりに捕手を務めている1年生、
肩に難があり盗塁阻止率が低い。

父兄同士の雑談の中でも、今回のテストには反響も大きい。
大半はゲンジをキャッチャーに と推す方が多い。
ただ内野の守備で試合を落としてきた事実もある・・

野球はセンターライン重視。こういう傾向が多いのは、
先日エントリーした【ポジションの優先順位は?】↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/132756440.html

この時のコメントでもそれは明らか。
その優位性を崩してまで、ゲンジをサードに置く起用は
私自身の考えとしては疑問符がつく・・

そうはいっても起用は監督の権限。
こちらも強く物言いは出来ないので、ある程度は従うしかない。

思い起こせばこのサード、中学軟式のチームの時も
ここがウイークポイントでした。
どの子を起用しても、ファーストへの悪送球が多かったですね。

今回のコンバートも、一番の原因はやはり悪送球。
ゲンジは不慣れなポジションではありますが、
ダッシュと送球は及第点。後はカバーリングや細かい面で課題も多い。

強烈な打球が襲ってくる。またバントの時は前に出なければならない。
サードは長嶋茂雄さんの影響か、華のあるポジション。
そんなイメージが私の世代では多く抱いているかもしれない。

この冬はこのサード、キャッチャー、そしてピッチャーの練習が目標か。
来春の大会ではどこを守っているのか?

現選手の底上げがあるか、新1年生で有望な内野手が入学するか?
これらの部分でゲンジがどこに入るのか、決まってくるかもしれません。

くどいようですが、私はキャッチャーを諦めていません (^_^;)
実力で奪われたなら納得ですが、そうでないなら、やはりゲンジが捕手の座に座らないと。
そうしないと勝てない・・ 自惚れかもしれませんが、私はそう思ってます。



posted by ドラ夫 at 10:11| Comment(29) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

紅白戦

3連休の最終日は暖かい1日でした。

当地は一週間前の早朝に今シーズンの初雪が降ったんです。

大して積もりませんでしたが、以後も寒い日が続いていた。

私もしっかり防寒支度で練習見学に出向きましたが、

あまりの暖かさに拍子抜け^^

こうなると練習試合が組まれていないのが寂しいもの。

皆がそんな想いだったのか、急遽紅白戦を行う事に。

この紅白戦、随分と久しぶりになります。

メンバー分けは主力を双方に配置。

最後の試合から3週間が過ぎていますから、見学に来た甲斐がありました。

一部故障者がいたのですが、偶然OBが来てくれたので、人数的には問題なし。

5イニングだけでしたが、十分に楽しめました^^

ゲンジも2安打。一本は当たり損ねでしたがね (^_^;)

テストも終わって本格的な練習も再開ですが、

来月上旬には修学旅行が控えています。

なかなか本腰を入れて練習 とまでは行かないですね^^



posted by ドラ夫 at 23:58| Comment(16) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

どのポジションもやっぱり大事^^

前回エントリーした【ポジションの優先順位は?】
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/132756440.html

多くのご意見を頂戴しました。ありがとうございました^^

同じ野球ですが、小学生、中学生、高校生。
それぞれで優先したいポジションが微妙に異なるようですね。

言われてみれば確かにその通りで、
キャッチボールが出来るようになった低学年と、
身体は大人に近い高校生とでは、求めるものの度合いが違って当然。

質問形式のエントリーでしたが、その辺りの配慮まで行き届きませんでした。

さて投手を除いた8つのポジションの優先順位。
組み合わせの数は40320通りになります (^_^;)
なので同じ答えはほとんど無いのが普通でしょうか。

そんな中、上位に挙がったポジションは、
2・4・6・8 が多かったですね。俗に言うセンターラインです。

特に2のキャッチャーを1番に推すお方がやっぱり多い。
ある程度は予想されましたが、確かに重要でしょう。

次にショートですね。これも予想されました。
面白かったのは、セカンドとの比較。

セカンドをショートより前に順番付けしたお方は・・
なんとゼロでした。これはちょっと意外でした。

ただ学童野球では、セカンドを重要視されない指導者も・・
ファーストから近く、動きよりは肩の弱い子を据えるパターンも。
勿論、大きくなればセカンドも重要な場所です。

評価が割れたのはまず3と5。サードとファーストですね。
特にファーストは、学童野球では高めの順位。
ここがしっかりしないと、アウトがセーフになってしまいます^^

レフトとライトでは、ライトを重要視される方が多い。
学童野球ではライトゴロ。中学・高校ではバックサードの一本返球。
見せ場の多いポジションですね。

レフトですが、まだまだ右打者が多く、打球が多く飛んでくるところ。
このようにどのポジションもそれぞれ大事。
今回は色々なお考えを知る事が出来て、勉強になりました^^

小学3年から野球を始めたゲンジですが、そのポジション遍歴を振り返ってみましょう。

まず小3から小4はセンターでした。
やはり内野に上手な子が多く、入団したばかりの頃は、
フライ捕球の練習に明け暮れて、外野でのレギュラー確保を目指した。

小5の前半はピッチャーとショートの兼用。
投手失格の烙印を押され、後半から中1まではファーストがメイン。

中2は中体連まではライトのレギュラー。同時にキャッチャーも。
中2の夏から今年の秋まではキャッチャー

こうしてみるとセカンドとサード、レフト以外はなんらかの形で経験している。
一つのポジションの専門家。これも良いかもしれませんが、
色々と経験するのも、キャリアを伸ばす意味がありそう。

指導者は適正を見極めて決めますが、自分の気持ちも大事。
やりたいと思ったところがあれば、アピールするのも良いでしょう。

今から思えば、ゲンジをキャッチャーに・・
こう言われた時は、私の本音は嫌でした (^_^;)
それが今はキャッチャーに拘りを持つようになった^^

自分の希望が叶えば一番ですが、それよりまずは、
どこでもいいからレギュラーを狙う。
ここがやっぱり原点でしょうか。

来年の春、ゲンジがどこを守っているのか判りませんが、
どこでも一生懸命がんばってほしい^^



posted by ドラ夫 at 21:41| Comment(22) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

勉強と自主トレ

高校も期末テストの時期を迎えました。
先週の月曜日から部活はオフ。

1学期の期末テストは夏の大会前。ということもあり、
テスト前でも放課後部活は継続された。

2学期はオフに入ったので勉強を優先させるためなのか、練習はお休み。
当面は試合もなく、これはこれで構わないとは思います。
学生の本分は学業にありますから^^

しかし一週間、全く身体を動かさないのも・・

私はゲンジに、勉強の合間にせめて30分くらいは素振り等の練習をするよう。
このように伝えたのですが・・

この期間中はほとんど自主トレはしていませんでした。。。
それでゲームやテレビばかりなら、私もカミナリを落とすのですが、
ずっと真面目に机にむかっていたんですよ (^_^;)

帰宅してから食事以外はずっと勉強。
ここまでされると、さすがに私も『素振りしろ!』 とは強く言えない。

勉強と自主トレ、どちらも大事なのですが、本人は勉強を優先した感じ。
私も嬉しいですが、本音はもう少しトレーニングもしてほしかった^^

こんな事を言うと不謹慎ですかねぇ?・・
どうしても来年が最後。そう考えてしまう。
オフも過ぎてしまえばアッという間。

ここでやるべき事は多いはずなんですが・・
1週間だけトレーニングがなくても、大した影響はない。
そんな考え方もあるかもしれませんが、私はどうも心配性で・・

まぁ勉強をせず、トレーニングばかりでも、それはそれで心配でしょうが^^

前回の中間テストは、本人も周囲も驚くほどの好成績を残しました。
そして各種検定もほぼ順調に取得出来ており、
中学時代の事を思うと、勉強面ではかなり取り組みが変わりました。

これは親として喜ぶ事なんでしょうが、
それでも私は心のどこかで野球を優先させたい気持ちがあるみたいです^^



posted by ドラ夫 at 22:49| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

東京行きが中止・・

今季の最終戦が終わってから2週間が過ぎました。

こちらでは霜が降り、クルマのガラスが真っ白になる日もあります。

冬が来るのも目前ですが、14日の土曜日は東京へ出掛ける予定でした。

明治神宮野球大会を野球部全員で観戦するつもりだったんです。

高校の部と大学の部がある神宮大会。

高校の部では優勝校の地区に【神宮枠】が与えられ、

来春のセンバツ甲子園にその枠から1校出場。

大学の部では【日本一】を決める大会として知られる。

このような大きな大会を観戦する機会は多くない。

生で観る事で吸収するものも多いと思っていたのですが・・

あいにく土曜日は雨・・ しかも当地は土砂降り。。。

一応は集合時間に合わせて登校。しばらく様子を見ていたのですが、

天気には勝てませんね。8時過ぎに中止が決まり断念。

本当に残念でした。選手達も楽しみにしていたんですがね。

昨年の5月にも東京遠征の予定が中止になり、

どうも東京には縁がありません (^_^;)

来春の予定はまだ決まっていませんが、

出来ればどこか遠くへ宿泊遠征を企画したいと思ってます。

ただ学校側の意向もあるので摺り合わせも必要ですが。

まだ11月。ちょっと気が早い話ですがね^^



2009年11月13日

ポジションの優先順位は?

野球には9つのポジションがあります。
誰をどこに配置するか? それは監督が決める事です。

例えば選手が20人いるとして、どの選手をどこに置くか。
10人の監督がいれば、10通りのパターンがあるでしょうね。

好みの問題。目指す野球。考え方は人それぞれ違いますから。
ゲンジの野球部も、この1年で多くの選手が色んなポジションで起用された。

様々なパターンで練習試合を組み、どれが最適なのか?
監督も頭を悩ませていることでしょう。

父兄同士の会話の中でも、互いに意見を交換。
監督の起用に共感を抱く人、疑問を投げかける人。
勿論、我々保護者は起用・采配面で口出しは出来ない。

そこで思ったのですが、9つのポジションで敢えて優先順位をつけるなら、
どんな意見が多いのか?

夏の大会でレギュラーだった選手2人が、
この秋の準公式戦ではレギュラーから外れた。

他の選手の躍進・台頭もあるのですが、そこにはコンバートの話も絡んでいる。
外された選手は夏とは違うポジションにチャレンジ中。

その余波を受け、不動と思われたゲンジのキャッチャーも、
ここへきてどうなるのか? 先行きが見えない状況です。

ゲンジの名誉のために言いますと、
決して実力面で他の子に抜かれた訳ではないんです。
ここではあまり詳しくは書けないのですが・・

投手を除外した8つのポジション。
どれも大事なポジションで、優越をつけるのは不謹慎かもしれません。
それでも敢えて順位をつけるなら、どんな順番がいいですか?

攻撃型の野球を目指す人。守備面を重視する人。
これでも好みは変わってくるでしょうね。

捕手2 一塁手3 二塁手4 三塁手5 遊撃手6
左翼手7 中堅手8 右翼手9

このように番号があり、順番に並べてほしいのです。

【例】 64285973

といった感じで、出来ればコメント欄にお寄せ願えればと思います。

選手にはそれぞれ個性があります。
足の速い子。肩が強い子。右利き・左利き。
なのでこうした順位付けは意味がないのかもしれませんが、
そこを敢えて付けるなら?・・

正直、私もゲンジ達のチームの今後には、期待と不安が交錯してます。
これからオフですので、ポジションを固定するには早いですが、
多くの方々がこのポジション順位をどう捉えておられるのか?・・

参考にさせてもらいたいです。
数字のみでもかまいませんので、ご協力をお願いします。



posted by ドラ夫 at 01:37| Comment(66) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

奉仕活動と親子交流会 2009

練習試合は終わったシーズンですが、
雪が降るまでは外での練習があります。

昨年もあった【奉仕活動と親子交流会】を今年も行いました。

グランドやその周辺の整備、やはり1年経つとあちらこちらで不具合が。
応援席やベンチのペンキ塗り、電球の交換、グランド整備など、
保護者が協力して作業をしました。

今年は1年生部員が昨年より多いので、
こうした作業も人数が多くスムースに進んだ。

建設関連の仕事に従事された方もいて、専門的作業もお任せ。
私も役員として、本当に助かりました^^

お父さん達が作業を進めるなか、お母さん達は昼食の準備。
今年は会長が奮発して焼肉をする事に。

ガスや鉄板をレンタルし、オニギリや豚汁も用意。
選手・監督を交えて賑やかな昼食になりました。

肉も全て平らげて満腹 (^_^;)
休憩後は交流のソフトボール大会。

私は昨年と同じくセカンドで出場。
左打席でセンター前のポテンヒット。
右打席でレフトライナーと、内容はまずまずかな^^

両翼60メートルでネットを敷設。
ゲンジはそれを越える柵越えの本塁打を含む3安打。
私も翌日は太腿が痛くなるほどハッスルしました (^_^;)

年に一度の交流会。保護者同士の絆も深まり、有意義な1日でした。

毎年3年生の保護者は来賓扱い。
私も来年はお客様の立場になります。

今年の3年生は人数が少ないので、来年はもっと総数が増えるでしょう。
来年の役員さんはもっと大変になるでしょうね (^_^;)



2009年11月08日

連日のバッセン通い

ちょっと古い話になりますが、先々週の事です。
ゲンジが腰を痛めていた時でした。

ダブルヘッダーを共に代打出場。1三振・1四球
その前週は2三振。その前も2三振。。。

とにかく三振が目立ったこの準公式戦・・
腰痛で無理をさせてはいけない。
朝練は休んで登校前に接骨院に行く毎日。

なんとか翌週の今季最終戦に間に合わせたい。そんな想いでした。
ところが我が家の奥さんが、妙に気合が入っています。

『放課後の部活が終わったら、バッティングセンターに連れてゆく!』

こんな言葉、ゲンジが少年野球の頃から一度も言ったことがない (^_^;)

高校入学前は軟式をしていた事もあり、バッセンには頻繁に通った。
しかし高校入学以降は平日の帰宅も遅く、
週末は練習か試合の繰り返し。硬式野球というのもあり、
バッセンは本当にご無沙汰していたんです。

私が 『腰を痛めているから無理はさせない。』 こう言いますと、

『来週が最後の試合。最近は三振ばかりで情けない!』
『だから今週は毎日特訓させる!!』 
と凄い勢いでまくし立てていました (゜o゜)

ゲンジも守備と走塁時は少し痛むが、打つ時はそれほどでもない。
このように申しますので、奥さんの気の済むようお任せしました^^

それにしても、どういう心境の変化なんでしょうねぇ。。。
昔は私がバッセンに連れてゆくと、どこか冷ややかな視線を送っていた人が・・

夏の大会以降、息子が最高学年というのもあり、
また私が保護者会の役員をしている都合もあるのか、
奥さんもグランドに足を運ぶ回数が増えてきているんです。

以前は大きな大会ぐらいしか来なかったのに・・
それだけやる気が出てきたのかな?^^

不甲斐ない結果ばかりの息子を見て、
なんとかせねば! という想いが働いたのでしょうか?
どうせならもっと早く、そうした気持ちになってほしかった (^_^;)

バッセン通いの成果があったのか、
最終戦は2四球にライトライナー、三遊間の深い当たりの遊ゴロと、
ヒットこそありませんでしたが、三振もなかった^^

中学までは自主練等で私が息子を独占していた。
奥さんはそんな気持ちでいたのか、どこか野球に対する協力というか、
姿勢というか、熱意があまり見えてこなかったんです・・

一種のヤキモチなのでしょうか^^
それが最近は色んな面で息子の野球に関わりを持とうとしてくれる。

ゲンジ自身も、まさか母親がバッセン通いを強要してくるとは、
思ってもみなかった事でしょうね^^
その分、最終戦は気合も高まっていたように見えました。

泣いても笑っても、来年の夏で高校野球は終わり。
短い時間ですが、夫婦揃って楽しませてもらうつもりです^^



posted by ドラ夫 at 18:27| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

2年目の個人成績

この秋の試合日程は全て消化しました。
ここでこの1年の打撃成績をまとめてみます。

4月から7月までの成績は以前エントリーしました。↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/123822034.html

8月からの新チームでの成績は・・

打席数96 82打数32安打 四死球6 打率.390
出塁率 .422 三振10 内野ゴロ22 フライアウト13 ライナーアウト2 
犠打6 犠飛2 敵失2


この数字は悪くはないですが、内容的には少々不満です・・
この秋は強豪校との試合が少なく、相手を考えるともう少しかな・・

また最後の5試合がスランプになり、キープしていた4割代を下回ってしまう。
そして三振の数もゲンジにしては多い。

1つ上の学年がメインだった4〜7月の成績が良かっただけに、
この新チームは自分達と同い年の相手が主力。
そう考えるとやはりこれは物足りない。

4〜10月のトータルでは・・

打席数218 189打数80安打 四死球17 犠打・犠飛12 打率.423 


前半の貯金もあり、トータルでは良い数字かもしれません。
打つほうは最低限これをキープしてほしい。

打撃以外では、大きな目標を持ちました。
それはまだここでは言えませんが、時期が来たらまたお話します (^_^;)

来年の春、心身共にどれだけ成長しているか?
楽しみでもあり、不安でもあります。。。



posted by ドラ夫 at 00:44| Comment(24) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

有終の美は飾れず・・

この週末は今シーズンの最終戦がありました。

規則上は11月末まで練習試合は出来るので、
なんだか勿体無い気分ですねぇ・・

昨年はこの時期でもかなり冷え込んだので、
試合を組まないのも理解出来る部分もあったのですが、
皮肉なもので土曜日はポカポカ陽気でした (^_^;)

さて前週は腰痛のためスタメンから外れたゲンジですが、
毎日接骨院に通ったのもあり、なんとか最終戦に間に合いました。

専用球場での試合でもあり、なんとか勝利に拘ってほしいものでしたが、
発表されたスタメンオーダーは・・ ??・・

主力が2名ほど漏れており、ベストの布陣とは言い難い・・
まぁ監督の方針には口を挟む訳にもいきませんが・・

ゲンジは腰の具合を感じさせないプレーを見せた。
この日もサードで出場。ファインプレーもあって復活をアピール。

このところ気持ち面でのスランプが尾を引き、
打撃面でも精細を欠いていましたが、
この日は2四球を選び、いい当たりの凡退が2度。

結果は残せませんでしたが、内容は少し向上した。
試合はエースの制球がかなり悪く、中盤で降板。
一時リードを奪っていたのですが、投手交代が裏目に出て逆転を許す。

終盤はゲンジもマウンドに立ちましたが、
甘いボールを痛打されて失点が広がる・・

点差が開いたので、ベンチ入り全員を起用。
最後の試合は勝って終わりたかったですが、残念でした。

これで来年の3月上旬まで試合がありません。
長いオフシーズンに入ります。

7月以降の新チーム、はっきり言って期待ハズレでした。
詳細はまた後日にエントリーしますが、
このオフは各自、やる事が多いでしょうね。

ここで伸びない子にスタメンの道はありません。
現状で確実にレギュラーを保証されているのは、
私が見るところ4名か。

残り5つは誰が掴み取るのか予想がつかない。
いい意味でチームが更に活性するのを願いたいです。



posted by ドラ夫 at 21:01| Comment(20) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。