2009年10月28日

80点の試合と30点の試合

日曜日は準公式戦が2試合組まれていました。

当初に掲げた目標順位は、緒戦のライバル対決に敗北で厳しい状況。

この日に2連勝すれば、まだ望みは残っていた。
ただ第一試合の相手は俗に言う強豪校。

昨年も同じリーグに入り、コールドで大敗した。
今年は少しでも接戦に持ち込みたいところ。

ところが試合は好ゲームになりました。
エースは上々の立ち上がり。中盤以降も時折ピンチに立つものの、
要所をピシっと締めて得点を許さない。

あわよくば勝てるかも?・・
そんな期待も抱きましたが、8回、ついに失点を許す。
自軍も好機を幾つか作りましたが、決定力不足でした。

僅差の敗戦で悔しいものの、逆によく善戦した。
そんな感じのゲームで、甘口ながら相手を考えれば80点くらいの出来。

休憩を挟んだ第二試合。この相手は俗にいう【勝たなければならない相手】
部員数も少なく、今年の公式戦の実績等を踏まえても、
こちらが有利であるのは明らか。

ここを勝てば最終順位も最低限の目標を確保出来る。
誰もが勝利を確信していたのですが・・

序盤に先制を許すも、直後にすぐ逆転。
同点に追いつかれたのはアンラッキーなポテンヒットですが、
まだまだ選手も保護者も余裕を感じていた。

ところが好機を続けて、これもまたアンラッキーな併殺が続き・・
逆に相手に追加点を奪われ、ズルズルと終盤に・・

最終回も粘りを見せる事なく無得点・・
よもやの敗戦を喫してしまった・・

結構ショックでしたね。愕然としてしまいました。
最初の試合とメンバーはほぼ同じ。
にも関わらず、この試合は無様なもの・・ 30点ですねぇ・・

腰痛で大事をとり、この日は代打のみの出場だったゲンジ。
自分の故障がこの結果を招いた。そのような認識も持ってほしいところ。

それにしても、午前と午後でここまで内容が変わるなんて、
まだまだチームに力が足りませんね。

次は最終戦です。エースを万全の形で投入出来る。
ガムシャラな姿勢を見せてほしいものです。





posted by ドラ夫 at 10:52| Comment(20) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。