2009年10月12日

頑張れ2年生!

新チームが始動してから3ヶ月になろうとしています。

各選手がポジション確保を目指して凌ぎを削っています。
当然2年生が中心にならなければいけませんが・・

その2年生が今はピンチ・・ 
昨年の秋は部員も少なく、この時期は出場の機会も多かった。
ゲンジなどは故障をおしての出場もあったほど。

しかし今年の秋は違います。
現状ですが、練習試合で1日2試合をほぼフル出場している2年生は、
最近ではゲンジを含めて2人だけ。

春に3年生がいた時でさえ、5人は常時フル出場に近かった。
残りの3人を含め、それ以外の2年生は出場機会が激減。

逆に春はほとんど出場機会の無かった1年生控え組が、
ここへきて多くのチャンスを与えられている。

今の段階でほぼスタメン確保が約束されているのは、
2年生で2〜3人。そして夏の大会でもスタメンだった1年生2人。

残る4〜5のポジションを巡り、残った選手が競い合う形。
この中には夏の大会でレギュラー格だった3人の2年生も含まれている。

チーム内に競争原理が働くのは良い事だとは思います。
しかし1年生の台頭に、私は頼もしく思える反面、
伸び悩んでいる2年生達に喝を入れたい気持ち・・

またレギュラー確保組の中でも、ポジションが絞りきれていないところもあり、
誰がどこを守るのか? 流動的な面も残っている。

ゲンジも捕手がメインではありますが、
監督からはサード・ピッチャーとしても起用が増える事を告げられたらしい。

今はまだレギュラーを固定する必要はない。
色々と試す段階なのでしょう。
ただ下降気味の数名の2年生は、なんとかしないと・・

来春にはまた新入生が入ってくる。
その中には有望な選手もいるかもしれない。
ですからボーダーの2年生、この冬は正念場です。

ゲンジとて油断は出来ない。今は主力として起用も多いですが、
それにアグラをかいて努力を怠れば、すぐに落ちてしまう。

年末年始の自主練も、既に私の構想は固まりつつある。
天候の条件にもよりますが、今年は同じ中学出身の子も交えて、
3〜4名の合同で行いたい。

準公式戦も始まりますから、良い成績を残してシーズンを締め括りたいものです。





posted by ドラ夫 at 01:38| Comment(24) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。