2009年10月01日

盗塁阻止は共同作業

先日の遠征は故障者もあり、
2試合ともゲンジはマスクを被りませんでした。

控えの捕手には絶好のチャンスを与えられた形。
実戦の経験も必要ですから、色々と勉強になったことでしょう。

この日、ちょっと気になる事がありました。
盗塁をいとも簡単に許す場面が多かったのです。

このように書くと、その原因のほとんどは捕手の責任。
こう思われても仕方がないのですが、全部が捕手の責任でもない。

この日のエース、ランナーに対する注意感が欠如していた。
ようするに完全に盗まれていたんです。

どんなに強肩でインサイドワークの優れたキャッチャーでも、
投手がモーションを完全に盗まれては、盗塁阻止は困難です。

逆に言えば、捕手の能力が多少劣っていても、
投手が出来る限りランナーを釘付けにすれば、
ランナーも迂闊に走る事は出来ない。

捕手の仕事の部分が、阻止するための比重は大きいですが、
二遊間も含めて、盗塁阻止は共同作業であるという事を再確認したい。

牽制球やクイックモーションなど、あらゆるものを駆使し、
捕手も最高の送球をして、そのうえで盗塁を決められたら、
これはもう相手ランナーを褒めるしかない。

こうした対策もせず、みすみすと盗塁を許していては・・

試合の途中でキャッチャーを呼び、私は言いました。
『全部が全部、お前だけの責任じゃない。』

この事は帰宅後、ゲンジにもしっかりと指摘し、
今後の対策を練るよう伝えました。

エースもいつもとは違う女房役だったので、
多少の戸惑いがあったのかもしれません。

捕手の父親からすると、『走られるのは捕手の責任だ』
と全てに思われるのは悲しい・・
そう思って、今回のエントリーになりました (^_^;)





posted by ドラ夫 at 20:26| Comment(14) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。