2009年09月24日

初マウンドでしたが (^_^;)

前回の続きです。http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/128592771.html

1点リードされた9回の守り。マウンドに向かったのはゲンジでした。

この試合はこれで4人目のピッチャー。
練習試合とはいえ、ゲンジにとっては久々の実戦登板。
中3の秋に硬式スクールで投げた以来。

表情はニコヤカで、余裕すら感じられた。
初球、2球目とポンポンとストライクが入る。

いい出足でしたが、直後にレフト前へ運ばれた。。。
次の打者にも連打を浴び、いきなりピンチの局面 (ーー;)

3人目には厳しいコースを攻めながらも、見極められて四球。
無死満塁のピンチを背負いました。

普通なら私も見ていて冷や冷やするハズですが、
案外と冷静に見ていました。ボール自体は走っていたからです。

いきなり正念場を迎えましたが、4人目は追い込んでから見逃しの三振。
続く打者を空振りの三振に打ち取り、2死までこぎつける。

決め球は2人ともスライダーでした。
ここで代打が登場。1・2塁間へのゴロでしたが、
セカンドが飛びつくも捕球出来ず、2点タイムリーを喰らいました。

後続は抑え、高校でのマウンドデビューは、
1イニングで被安打3の2失点。

結果だけを見れば不合格ですが、ブランクと実際の内容を勘案すると、
ギリギリ合格点を与えてもいいかな? と思ってます (^_^;)

まずはリズムとテンポが良かった。
四球もありましたが、キビキビと放っていたので。

それとクイックモーションの投球も良かったです。
エースでさえ、この前の試合ではセットポジションとはいえ、
のんびりと足を上げて投球し、みすみすと盗塁を許した場面が何度かあった。

試合後は監督からも『良かったぞ』 と声をかけられたそうです。
私もこれで思い残す事はありません^^

故障者が復帰してきたら、またキャッチャーに戻る。
今度はいつ登板の機会があるのか?
これが最初で最後かもしれませんが (~_~;)

色々あった2試合でした。いつもと違うところを守り、
色々と勉強になったでしょう。気晴らしにもなったかな^^

さて問題は打撃・・・
この日はノーヒットで犠牲フライが1つあったのみ。

どうも打球が芯を喰わず、外野フライが目立った1日でした。
次の試合では本職の打撃でも調子を上げてもらわないと。。。





posted by ドラ夫 at 01:35| Comment(27) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。