2009年09月16日

この悔しさを忘れるな

2戦目に敗れた秋の公式戦。
敗戦は勿論悔しいのですが、もう一つとても悔しい事がありました。

初戦は猛打賞のゲンジ。8月は今一つ並に乗れない感もありましたが、
大事な公式戦ではキッチリと結果を残した。

そして2戦目。相手は評判の好投手。
最初の打席はセカンドゴロ。もう少しでセンター前へ抜けそうな当たりでした。

2打席は送りバント。3打席はカウントが2−3。
見送ればボール気味の外角球をファーストゴロ。
ボテボテの当たりではなく、それなりに芯を喰ってました。

8回の攻撃、1番バッターがかなり粘りました。
いい当たりのファールを何本も。
相手投手も疲れの色が見え始めていた。

この日は気温も30℃を越え、真夏のような陽射し。
この時私は、ゲンジの4打席目は期待出来る! そう確信していたんです。

そして最終回の攻撃。打順は2番から。
だが2者連続凡退。打席は4番のゲンジ のはずでしたが・・

ここで監督はゲンジに代えて代打を送りました・・

2死走者無しとはいえ、点差は僅差。
先日の日本文理の例にもあるように、諦めるような展開ではない。

代打に送られた選手も、お世辞にもゲンジより期待出来る選手ではない。
大差がついた場面の【思い出代打】ならまだ判るのですが。

ゲンジが不調のどん底ならいざ知らず、ここまでの内容も悪くはない。
なにより前述のように、この打席はかなり期待が高まっていただけに・・

代打は3球三振に倒れてゲームセット。
私にとって、なんとも言えない終わり方でした。

この回、代打があるなら2番打者の時かな?
と思っていたんですが、まさかゲンジのところでとは・・

練習試合ならともかく、公式戦で4番に代打です。
これは私的にはかなりの屈辱です。

たまたま最後の打者がゲンジだから、その時に出した。
という考えもあるかもしれませんが、もしこの回に同点に追いついた場合、
延長戦をゲンジ抜きで戦っていたかもしれない。

エースは好投を続けていました。
受ける捕手が変わったらどうなっていたか?

控え捕手もまだ心もとない面が多い。
まさかあの場面で勝負を諦めたとは思いたくないが、
代打を送られたという事実は変わらない。

采配批判だと受け取られるかもしれませんが、
そう思われても仕方ないですね。私は釈然としません。

だがそれは私が監督に言える事ではない。
ならばゲンジ本人がこの事をどう捉えているか?

学童野球の高学年から中学軟式、そして硬式スクール、
高校入学後から今日まで、チーム内の同学年の子には、
決してヒケをとらないでここまできた。

勿論、チームのレベルは高くないです。
強豪チームとは比較にならないほど弱いかもしれない。

それなりのレベル環境の野球道を歩んできましたが、
節々で本人の努力もあり、良い結果を残してこられた。

この間、ゲンジの打席に代打を出されたのは今回が初めてです。

本人も帰宅後、相当に不機嫌でした。
この悔しさと怒りは、これから結果を出し続けていくしかない。

春の大会では終盤に6点差を逆転した。
私は未だに、今回の場面でゲンジが口火を切っていたら、
試合はどうなっていたか?・・ と考えてしまう・・

早く忘れたいのですがね。





posted by ドラ夫 at 10:15| Comment(30) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。