2009年08月06日

野球部所有のミット

ゲンジの高校ですが、
今月に入って野球部所有のミットを新たに購入したそうです。

キャッチャーミットにファーストミット。
当然硬式用ですが、モデル的には下のクラスの品。

両ミットともかなり使い込まれていましたから、新規購入となった。

新品なので当然革はまだ固い。試合に使うには慣らしが必要。
そこでキャッチャーミットの慣らし担当は、ゲンジが指名されました。

このカテゴリにも以前に書きましたが、
ゲンジは自分専用のミットを2つ所有しています。

一つは高校入学前に買った入門モデル。
そして今年の4月に購入したオーダーミット ↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/117427551.html

このオーダーミット、やっと試合に使える柔らかさになりました。
暇があればパシパシと叩いていましたからね^^

これが落ち着いたと思ったら、今度は部の所有ミット担当 (^_^;)
ご苦労様な事ですねぇ^^

マイミットがあるので、本来なら部のミットは
1年生の捕手候補に預けるのが良い。そう思うのですが、
監督は何故かゲンジにその役目を・・

まぁゲンジも喜んではいます。
もともとグラブいじりが好きな奴ですからね^^

私の母などは、
『学校が買ってくれるなら、オーダーミットは買わなければよかったな』
などと申しております。。。

確かにそうした側面もありますが、部のミットは皆の共有物。
自分だけでなく、色んな選手が使うわけです。
それでは何かと不都合もありますし・・

ですから私はオーダーミット購入を後悔はしていません^^
ただポジションが明確ではない場合は、グラブ購入も慎重さが必要かも。

無難なのはオールラウンドタイプですが、
高校生にもなると、大概は各ポジション用のグラブを購入するのが多いですね。

投手の選手は投手用の他に内野用、あるいは外野用のグラブも所有している子もいます。
ゲンジもミットの他に、普通のグラブも1つ所有。

今回の2つのミット、多くの選手が使う事になるでしょう。
少なくとも2〜3年はこのミットは使えるはず。
ポジションが確定した選手はマイミットを購入すればいい。

学童野球では、ミットはやはりチーム所有が多いのでしょうね。
うちのチームもそうでした。 

管理面では色々とありそうですが、皆が使うものなので、
全員で大切に使ってほしいものです。





posted by ドラ夫 at 20:13| Comment(20) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする