2009年07月19日

よく頑張った個人成績

夏の大会も終わり、1・2年生のみの新チームがスタートです。

区切りになりますので、今年の春から夏までのゲンジの個人成績をまとめてみました。

昨年の成績は下記のエントリーで書いた↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/110460537.html

この時にも書きましたが、私的には少々不満の残る結果でした。
前年の結果を踏まえ、シーズン前にはゲンジともよく話をし、
打率4割を目標に挑んだシーズンでした。


打席数122 107打数48安打 四死球11 打率.449
出塁率 .492 三振10 内野ゴロ19 フライアウト18 ライナーアウト9 
犠打2 犠飛2 敵失3


目標を超える打撃成績を残せました。よく頑張ったと思います。
冬を越し、相手投手のレベルも上がっていたはず。
目標達成は厳しいかとも思いましたが、好調を最後まで持続しました。

ヒットの傾向ですが、レフト・センター・ライトと、
3方向に万遍なく放っています。広角に打てるのは中学時代からの強み。

また5割近い出塁率は大いに評価したい。
主軸としての役割は十分にこなしたと思う。

48本のヒットのうち、長打は10本。
本塁打は残念ながらまだありません (~_~;) 惜しい当たりは幾つかありましたが。

春夏の公式戦4試合の結果は、


12打数7安打 打率.583 2四球 1犠打


本番でも上手く力を出し切れたと思う。

昨年は夏に肩、秋に膝を痛め、それが低調の一つの理由でしたが、
今回は大きな故障もなく、それがこの数字に繋がったともいえる。

新チームでもこの勢いを持続し、どんどん周囲を引っ張ってほしい。
ゲンジの課題は守備・走塁ですね。
この二つはまだ伸び代があるはず。もっと勉強が必要です。

打撃も慢心するとすぐに数字は下がる。
少なくとも今回の数字を維持し、日々の練習は怠りなきよう願いたい。



posted by ドラ夫 at 15:33| Comment(24) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする