2009年07月15日

2度目の夏が終わりました

初戦を苦しみながらもなんとかモノにし、
2回戦へ駒を進めたゲンジ達の高校。

2戦目も頑張りましたが敗戦となり、ゲンジの2度目の夏は終わりました。

序盤まではいいムード。心配された立ち上がりも無難に切り抜けた。
中盤に差し掛かった時、悪夢が襲いました。

そこまでしっかりと守っていましたが、1イニングに3つのエラーが出てしまう・・
一度崩れた歯車は、簡単には戻りませんでした。

次のイニングは選手交代を行い、なんとか流れを引き寄せるつもりでしたが、
相手の投手・守備陣は堅く、容易に崩れません。

逆にこちら側に焦りが出て、記録に乗らないミスも幾つか・・
追加点を重ねられ、そのまま終戦となりました。

完敗でした。自軍の放ったヒットは3本。
そのうちの2本はゲンジのバットからでした。

戦前の予想では、苦しいながらも接戦に持ち込める。
そんな想いでしたが、エラーでの自滅ではそれも叶わない。

タラレバを言っても始まりませんが、エラーが無ければ
スコアはもっと緊迫していたでしょう。

攻撃では四死球を足掛かりに、
何度かスコアリングポジションへランナーを進めるも、
後1本が遠かったですね。これも力の差でしょうか。

さてこれで3年生も引退です。

試合終了後、荷物をまとめて外へ出てきた選手達。
部長の挨拶に始まり、そして3年生・・

だが悔し涙で言葉にならない・・
泣きじゃくりながら、必死でお礼の挨拶を・・

これにつられ、後輩達も改めて泣きじゃくる・・
毎年見る光景ですが、天国の時もあれば地獄の時もある・・
そして勝ち負けを超越した【感動】がそこにある。

ゲンジは口を真一文字にし、必死の形相で涙をこらえていた。
だがそれもわずかな時。ほどなく泣き崩れ、放心状態でした。

私もここでは泣くまい そう思って己を鼓舞していました。
しかし最後の監督の挨拶を聞き、たまらず目頭が熱くなってしまった。

監督は少ない人数で頑張った3年生を称えた後・・
感極まったのでしょう、人目をはばからず号泣でした・・

それを見た私、もう持ち堪える気力はありませんでした。
自然に任せるがまま、涙を流しました。

良い指導者に恵まれた。そう思ってます。

3年生とは1年と4ヶ月の付き合いでした。
現エースは、ことのほかゲンジを可愛がり、見ていて微笑ましいものでした。
ゲンジもエースからは多くの事を学んだに違いない。

皆があれだけ泣けるのは一体何か?
試合に負けた悔しさか? それも当然あるでしょう。

でもやはり夏は最後の大会。やり遂げた達成感。
残ってしまった悔い。そして別れ・・
これらが交錯した、儚くも美しい涙なんですね。

そしてついに・・ ゲンジ達の学年が主軸になる。
早速明日から始動です。

つい先日高校に入ったばかりなのに、
もう自分達の代がやってきました。

今まで頼ってきた先輩は、明日からはもう来ません。
レギュラー争いも1からのスタート。
あっと驚くコンバート話もチラホラ・・

この日だけは悲しみと思い出に浸っていい。
だけど明日からは、気持ちを新たにスタートです。

私も一種の燃え尽き症候群ですが、まだ1年楽しめる。
息子の良きアドバイザーとして、これからも手助けしていくつもりです。

念を送っていただいた皆様、どうもありがとうございました。
ご期待に応える事は叶いませんでしたが、
来月下旬には早くも秋季大会が始まります。

その時にはもっと良い結果が残せるよう、選手達も頑張ってほしいです。

今月末から8月上旬は、県外チームを中心に多くの練習試合が組まれています。
新主将は誰か? 打順は? ポジションは?
チーム内も新たな関心事が増え、活気に満ちる事でしょう。

さぁ! 私のほうが早く気持ちを切り替えないと (^_^;)



posted by ドラ夫 at 15:04| Comment(43) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。