2009年04月23日

感心した出来事

先日は野球部で、神社へ戦勝祈願へ出掛けました。
春の大会も近付いていますし、1年生も入部。
毎年この時期に行う恒例行事のようです。

監督・部長の引率のもと、保護者会の三役も同行。

バスを降り、参道を歩く選手達。
この日は他の一般参拝客も多かった。

すると選手達は、すれ違う人達にその都度
『こんちは!』 と挨拶をしていました。

私はちょっとビックリしました ^_^;
同時に身体から喜びが湧いてきましたね^^

グランド内や遠征先などでは、こうした挨拶は当たり前。
今回はそうした場所とは違いますが、ユニフォームを着ているので、
野球部としての団体行動には違いない。

監督から促されての挨拶ではなく、自発的に出ていた。
意識の高まりを感じました。

挨拶を受けた方々も、嬉しそうに微笑んでおられました。
どこの学校の野球部か? 見ればすぐに分かります。
私が言うのも変ですが、模範的な行動だったと思います。

手水の際、傍にいたご婦人が選手達に正式な作法を伝授されていた^^
そのあと全員で 『ありがとうございました!!』 と大きな声でお礼を言う。
見ていて面白かったです^^

選手達が頼もしく見え、本当に感心した出来事でした。