2009年04月21日

ノーサイン

先日の練習試合ですが、第一試合はノーサインだったそうです。

帰宅後にゲンジから聞いたのですが、なるほど・・
確かに思い当たるフシがありました。

試合前に監督から
『場面に応じて何が最善か? 自分達、或いは個人で考えながらやってみろ。サインは出さない。』
このように言われたようです。

高校野球に限らず、学童からプロ野球まで、ベンチには必ず監督がいる。
スタメン、打順、選手交代、試合中の作戦に関するサイン。
これらは全て監督が権限を持っている。

今回はそのうちの攻撃面でのノーサイン。
皆が好きなように打っていれば、監督の意図を察していない事になる。

見ていて感じたのは、右打者の右方向へ打とうという意志。
それと送りバントでしょうか。

無死1塁で4番。ここでバッターは送りバント。
続く5番のゲンジ、2球続けてバントをミス。
3球目はなんとスリーバント。これを決めて2死3塁。

こんな場面がありました。下位打線が当たっていないので、
この采配にはちょっと疑問を感じたんです。
4番の場面での送りバントはともかく、1死2塁で5番にバントは・・

しかしこれもゲンジの判断だったようですね。
練習試合ですから、色々と試みるのも良いかもしれません。

前述の右打者の右方向狙いですが、これも徹底していた感じ。
勿論、ランナーが2塁にいる場面に関してですが。

ゲンジもこの試合は2本のヒットを打ちましたが、
2本ともライト前ヒット。
2試合目も含め、凡退はライトフライ ファーストフライ
セカンドゴロ、センターへの犠牲フライ、三振。

三振を除き、他は全て右方向でした。
引っ張ってもいい場面、右へ打って最低でも進塁打が欲しい場面。
状況により色々ありますが、選手なりに考えてプレーしたんでしょう。
ノーサインなので、余計に意識したのかもしれませんね ^_^;

『サインを出してくれたほうが気楽・・ 自由にされると逆に気を遣う・・』
ゲンジの本音です^^ 確かにそうかもしれません。

この試合、結果は相手のミスもあったが大勝。
監督はどう思ったでしょうか? 今度聞いてみたいと思います^^



'09 WORLD BASEBALL CLASSIC TM 日本代表 V2への軌跡 [期間限定生産] [DVD]



posted by ドラ夫 at 16:26| Comment(16) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。