2009年04月19日

一瞬の隙間

4月に入り週末はずっと晴天続き。
今週も練習試合が組まれました。

結果から言うと2連勝。得点差もあり、
スコアだけ見れば大勝・完勝と言えるかもしれない。

しかし選手は楽勝ムードに一瞬の気の緩みがあり、ヒヤリとした場面がありました。

大差がついた終盤の守り。2死1・2塁の場面。
2ストライクに追い込み、次の投球は縦に落ちる変化球。

地面スレスレのボールをバッターは空振り。
三振でチェンジのはずでした。

内野は自軍ベンチに戻ろうとし、ゲンジも捕ったボールをサードの選手に渡した。
だがバッターは振り逃げのような感じで1塁へ向けて走っている。

そして球審の判定は 『ストライク・スリー!』のみ。
三振・振り逃げが成立しました。

唖然とする内野陣。私はネット裏のやや3塁寄りで見ていましたが、
ゲンジはしっかりとダイレクトで捕球していました。
だからこそ、本人もチェンジだと思ったのでしょう。

言ってみればミスジャッジなのですが、
それが問題ではなく、プレー後の対応です。

前述のように、「アウト」というコールがされていません。
ゲンジが自分で勝手にプレーを完了させた勘違いから生じている。

ダイレクトでキャッチしても、際どい場合は即座に打者へタッチするか、
ファーストへ丁寧に投げれば、それで済む。

そこまでもしなくてもミットを振りかざし、
主審に『捕りましたよ』というニュアンスを見せてもいい。
その上で主審がアウト宣告をしなければ、
それからタッチなりファースト送球をする。

今回は幸いにも後続を打ち取り、傷口を拡げる事は無かった。
だが公式戦で1点を争う場面だとしたら、今回の場面はかなりのプレッシャーがかかるでしょう。

大差リードの終盤で、気の緩みが有ったとしか言い様がありません。
練習試合で良かったです。いい勉強になりました。

ゲンジはこの日もマルチ安打でしたが、この一件があったので、
私も素直に喜べません・・・

1回から9回まで集中を維持するのが理想かもしれませんが、
実際にはなかなか難しい面もある。
しかし野球は攻撃と守備が平等に与えられている。

攻撃時に自分の出番のない時はある程度リラックスし、
せめて守備の時は集中を持続させてほしい。

『一瞬の隙間』 気をつけないといけません。
そこから大逆転・・ というのも十分に有り得ますから・・





posted by ドラ夫 at 19:01| Comment(20) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。