2009年01月29日

駐車場係の思い出

過去を振り返る 『今だから言えること・・』

第3話 駐車場係の思い出



あれはゲンジが小学3年の秋でした。
地域で1番大きな大会が控えていました。

この大会は入場行進も盛大に行われる。
入団1年目の事でしたので、私も詳細はよく知らなかった。

中学の部。小学校高学年の部。低学年の部。
この3つでそれぞれ試合が行われる。

小3のゲンジは4年生と一緒にBチームでエントリー。
ただこの頃はまだ技術が未熟で、試合出場も少ない頃でした。
特にバッティングは三振ばかり続いていた頃 (-_-;)

この頃の思い出は、別カテゴリの『我が子レギュラー化計画・3年〜4年の頃』
http://syounenyakyu20.seesaa.net/category/235595-1.html
↑ に書き綴ってあります。


規模が大きい大会なので、開会式には各チームに色んな役割が求められた。
まずは塁審を2名出す。自チームの試合ではなく、他のチーム同士の試合を裁く。

そしてグランド整備係1名。出場チームが多いので、会場も当然複数になる。
それぞれの会場で朝1番に集合し、ライン引き等を行う。

そして開会式を行うメイン会場の駐車場係があった。

当日の朝はクルマで大混雑が予想されるので、その誘導と警備ですね。
上記の役割をチームから供出しなければならないので、
保護者会議が行われました。

当時は4年生が大勢いたので、当然これらの役割は4年生保護者が行うだろう。
そう勝手に思って臨んだ会議でしたが、目論見はハズレました ^_^;

なんだかんだと理由をつけて、これらの役割から逃げる人が多いんですよ・・
入団1年目の私に、半ば強制で駐車場係がまわってきたんです。

決まった以上は従うしかありません。
そして当日は開会式の3時間前に集合。早朝です。

息子が試合に出る可能性はほとんど無い。
ならばせめて開会式の晴れ姿である、入場行進だけは見届けたい。
そう思っていました。 

『式の前には駐車場係は終わるから、行進はちゃんと見れる』
こう事前に聞いていましたから、私も楽しみにしていたのですが・・

当日、私が割り振られた場所は一番遠い駐車場でした。
歩くとかなりの時間がかかるところでした。

こういう場合、クルマは会場から近い場所から埋まっていきます。
嫌な予感がしたのですが。。。

案の定、式が始まる時刻になってもクルマが入ってくる。
その場が満車になるか、或いは落ち着くまではその場から離れられない。

花火の音が聞こえた。『開会式を始めます』というアナウンスも聞こえた・・
焦りました。入場行進は低学年の部から始まる。

音楽が聞こえてくる。でもまだクルマは入ってくる・・
それから5分後、ようやく満車になった。
本部に携帯で連絡。『お疲れ様でした』 の言葉をもらった。

私は走りました。息が上がるほど全力で走りました。
ひたすら会場を目指して・・

間に合ってくれ! 心で叫びながら走った。
この距離がとてつもなく長く感じた・・

『○×少年野球・B』 うちのチームの名前が呼ばれた。
ダメだ間に合わない・・ それでも走った。

息を切らして球場の階段を駆け上った。
でも・・ 息子達は行進を終えて、中央で整列してました。

その場で座り込んでしまった私・・
以降の行進を、ただボンヤリ眺めてました。

裏方の役目も必要ですし、大事なので仕方ないのですが、
この時は無性に悲しいというか、虚しい気持ちでしたね。

この後は試合会場に移動。
そこでチームの保護者達と顔を合わせたのですが、
誰一人労いの言葉をかけるでもなく、わいわいと盛り上がってました。

『いい行進だったよね〜』 会議で役割から逃げていた連中の言葉です。
軽い殺意をおぼえましたね (^_^;) まぁそれは冗談ですが。

今となっては懐かしい思い出です^^





2009年01月27日

女子マネージャー

最近は練習見学も出来ず、少々寂しい想いをしています (^_^;)

中学の時は私も役員で、練習時も指導者達のお手伝いをしていました。
時にはノックを打ったりもした。

息子が高校に入り、そうしたお手伝いとは無縁になった。
親はただ外から眺めているだけです。

しかし、そうしたお手伝いというか、
補助的な役割をこなしてくれる人達がいます。
女子マネージャーの方々です^^

ゲンジの野球部には4人の女子マネージャーがいます。
見ていると本当に有り難い。感心しますね。

マシンにボールを入れる係とか、選手達の水分補給用の飲み物の用意。
ほつれたボールの糸の縫い付けや、練習道具の清掃。

試合時には一人がスコアラーでベンチ入り。
自校での練習試合ではウグイス嬢も務めてくれる。

その他にも多くの雑用が有り、それぞれ精力的にこなしてくれます。
もし彼女達がいなければ、これらの作業は選手がやらなければならない。

そう考えると、マネージャーのおかげで効率的な練習が行える事になる。
本当に助かりますよね (^^) 

1年生はスコアの記入も勉強ですが、今ではもう完璧のようです。
どんな理由でマネージャーを志したのか? 一度質問したいですね ^_^;

まさに縁の下の力持ち といった感じの女子マネージャー。
良い試合をして、彼女達の苦労に報いてほしいものです。





2009年01月25日

室内練習場

厳しい冷え込みが続いていますね。
野球部の練習も今は完全に室内。
外での練習は当分無理でしょう。

さてこの室内ですが、練習が出来る場所が3ヶ所あります。
まずはハウスと呼ばれる場所。
マシンを設置して打撃練習も出来ますし、マウンドも2つある。

ネットも沢山ありますから、数ヶ所でティー打撃も出来る。
室内では一番メインの場所ですね。

もう一つはブルペン。これもビニールで覆われているので、
雨風は凌げます。温風ヒーターもあるので寒さ対策もOK。

そして最後は筋トレルーム。
各種器具が設置してあり、主に朝練で使用している。

3ヶ所がそれぞれ離れているのが少し不便ですが、
無いよりはマシ。班を分けてそれぞれ別行動も出来る。

中学の頃は冬の部活は休止でしたが、
シーズン中の雨降りの場合、練習場所は校舎の階段でした (^_^;)

野球部用の室内練習場など有るはずもなく、
体育館は他の部活が使用。

それと比較すると、うちの高校野球部は恵まれていますよね。
こちらは田舎なのでまだ良いのですが、
都市部の学校の中には、こうした施設に恵まれていない野球部もあるようです。

春が来るまでもう少し。
それまでは室内練習でみっちりと鍛えてほしいです。





posted by ドラ夫 at 23:49| Comment(20) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

退団した選手の事

過去を振り返る 『今だから言えること・・』

第2話 退団した選手の事



あれはゲンジが5年生の時でした。
一つ上の学年の6年生は人数も多く、単独でAチームでした。

ゲンジ達5年生は、単独ではギリギリ人数が足りず、
一つ下の4年生達とBチームになる。

この年の新4年生、多くの入団がありました。
前年から参加していた選手を含めると、4年生だけで単独チームも作れるほど。

5年生と4年生で実力的に抜けていたのは6人。
残る3つのポジションは、他の5年生と4年生の争いでした。

こんな状態でしたので、チームはとても活気に満ちていました。
競争意識が働いて、選手達も上達に必死だったと思う。
3つの枠を巡り、監督も交互に試合出場の機会を与えていた。

しかし・・

残念ながら、力量が落ちてしまう4年生が2人いました。
二人とも代打でチャンスは貰ったのですが、
何度も三振で結果が残せませんでした。

無理もありません。基本が十分に出来ていないので、
まずはそこをしっかりと覚えないと、なかなか良い結果は出ないものです。

通常の練習日にこうした事をみっちりやりたいのですが、
よく練習を休むのです。。。。
そのくせ、試合の日は必ず来るんです (^_^.)

夏から秋に入ると、この2人はほとんど出場の機会がありませんでした。
他は熾烈なポジション争いを展開しており、
技術の差は益々開くばかり・・

そして相変わらず、練習参加率が低い・・ 悪循環ですね。
『コーチ 俺も試合に出たい・・』
私にこうポツリと呟きました。

『試合に出たいなら、まずは練習をしないと。 練習もしないで上手にはならないよ。』
私はこう言いました。

翌年、彼らは5年生に進級。チーム編成は前年と同じ。
しかし3年生が数人入部してきました。

この年は人数の関係で1チーム体制。
春先はこの3年生も試合に帯同していました。
ところが帯同しても、やる事は応援だけ。

出られる見込みの無い試合に連れていくより、
グランドに残って練習をさせたほうがいい。
そんな意見が出て、3年生専属コーチを設けて、彼らは別行動になった。

その時にチームの会長が・・
『5年生でも出られない子が二人いる。彼らも3年生と一緒に練習させてはどうだろう?』
私は賛成しました。

この時でも、まだボールを怖がったりしていた彼ら。
キャッチボールも満足に出来ない状態でした。
翌年は6年生。その時にレギュラーを取れるよう、
今からでも手を打たないと、そのままの状態で卒団になってしまう。

監督も同意見で、彼らは3年生と基本からやり直す事に決まった。
だが・・ ほどなく彼らは退団してしまいました。

戦力外通告ではなく、上達を願った上での決定でしたが、
プライドを傷付けてしまったのでしょうか・・

そこから這い上がるガッツを見せてほしかったのですが。
後から聞いた話ですが、彼らの父親もこの決定には立腹していたらしい。

しかし、あのままで彼らのためになったのでしょうか?
練習は休みが多く、試合の日は欠かさず来る。
帯同しても、出してあげる事も出来ないレベル。

もしこうした決定をせず、そのままにしていても、
彼らはそれで楽しかったのかなぁ?・・

実はゲンジが4年生の時にも、上の5年生を半分に分けて、
AチームとBチームに割り振った事がありました。
6年生が3人しかいない。という特殊な事情がそうさせたのです。

この時も波紋がありました。特にBチームになった父兄から・・
でもちょっと待ってほしい。
プライドやステイタスが優先で、実力はどうでもいいのか?

プレーする人数が限られてしまうのは、団体種目ならどれも同じ。
だからこそ、その枠に入れるよう努力しなければならない。

だが子供のスポーツでは、どうしてもシコリが残るのか?・・
チーム編成、メンバー分け。 難しいですね。





2009年01月20日

シュプリームスウィング



sup1.jpg


トレーニングバットのシュプリームスウィングです。

ずっと以前、このブログの開設当初にパワースラッガーというトレーニングバットを紹介しました。↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/2675568.html

構造はよく似ていますが、微妙に違う ^_^;
画像で比較すると・・



sup2.jpg



下がパワースラッガーです。
こちらはグリップ部が固定。オモリが手元から先端へ移動します。

一方のシュプリームスイングは、グリップ部が動く。




supreme-swing-use.jpg



ギミックは上の画像のような感じ。

効果としては、インサイドアウトのスィングが身につく。
スピードアップ 体力増強等が挙げられる。

冬の自宅練習用に購入しました。
私が夜勤の時は自主練に付き合う事が出来ない。

そこで目先を変える面と、前述の効果を期待して導入を決めた。
重さとサイズで4種類があり、これは総重量2400gの一般用。

かなり重たいですね。オモリが動くとはいえ、真剣に振ると結構疲れます。
軽いタイプの少年用もあります。

スイングの軌道が遠回りになる、いわゆるドアスイングですと、
このバットではオモリが移動しません。
最短距離で振り出さないとインパクトで支点が変わらないために、
音が出ない。という事です。

ドアスイングを矯正するには、よいアイテムだと思います。
ボールを手元まで呼び込み、それを強く跳ね返す。
それを素振りで疑似体験出来る。そんなバットです。

うちではこれとパワースラッガー、そして通常のバット。
3種類を順番に振っていく。そんな感じで使っていきたい。

普通のバットで黙々と素振りを続ける。これも悪くありません。
ただどうしても単調というか、飽きてしまう面もありそう ^_^;

違ったタイプで交互に振れば、ある程度楽しみながら振る事が出来そう。
それぞれの長所も体感出来る。

今回の2種類のトレーニングバット、
どちらか1つを導入したい。 というのであれば、
私はパワースラッガーを最初に勧めます。

こちらのほうが色々と考えず、どんどん振れば
小学生には結果が出やすい。或いは効果を実感しやすい。
そう思います。あくまで私の考えですがね ^_^;








posted by ドラ夫 at 18:25| Comment(28) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

勉強も順調です^^

1月も下旬になろうとしてます。
高校に入って1年目も、もう少しで終わり。

このカテゴリもこれまでは、野球関連を中心に書いてきましたが、
勉強面はどうなのか? という部分にも触れておきたいと思います ^_^;

クラスの順位ですが、まぁまぁのポジションにつけています。
進学校ではありませんが、喜ばしい事です^^

中学の時はそれなりに苦労した事もありました。
昨年の冬には最悪の事も考えて、塾にも通った。

2学期の通知表も、いい意味で予想外。
卒業後の進路の事はまだ考えていませんが、
色んな推薦枠等の絡みで言えば、今の調子を維持すれば期待も持てそう。

また各種検定も順調に取得出来ており、これもまた結構な事。
なにより本人が意欲的で、机に向かっている姿も多く見られるようになった。

時には部活の疲れで、そのまま寝てしまう事もありますが^^

中学の頃は正直、勉強はテスト前に集中していたくらいで、
普通の日はあまり取組んでなかったように思う。

それが高校に入り、帰宅も遅くなった環境でこの変化。
それだけ意識が高くなったという事でしょうか。

送迎時の車中でも、最近は勉強の話題も増えてきた。
私も積極的にそうした話題には付き合うようにしている。

野球も大事ではありますが、それだけでは困る部分もある。
今は私がとやかく言う前に、自分から進んでやっているところが嬉しいです。

シーズンに入れば野球も忙しくなりますが、
勉強面も今のレベルを維持してほしいものです^^





posted by ドラ夫 at 01:03| Comment(32) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

1日 1000スイング

最近はゲンジも帰宅後はクタクタになってます ^_^;
夕飯を食べると横になり、うたた寝みたいな感じ。

学校がある日は、1日30分の自主練をずっと続けてきましたが、
昨日と一昨日はそれもやらなかった・・

駅へのお迎えの車中で話を聞いたところ、
放課後の部活ではこれから毎日 1日・1000スイングをする事になったらしい。

外は雪ですので、室内練習場でのティー打撃や素振りで、
この1000スイングを行うとの事。

他校の事は知る由もありません。1000回なんて当たり前だよ。 
というところもあるかもしれませんし (^_^;)

でもゲンジ達には今のところ、かなり堪えているようです。
まだ始まったばかりなので、少しづつ慣れてくるとは思いますが。

練習メニューはこれ以外にもあり、ただ1000回振って終わりではない。
ゲンジは捕手ですから、ブルペンで投球を受けるのも役目の一つ。

ですから結構ハードなんですね。まぁ冬ですから、これぐらいは頑張ってほしい。
『夏も暑くて疲れるけど、冬のメニューも大変だぁ・・』
とゲンジもボヤいていました^^

環境的に全体の連携練習は、この時期には難しい。
今は個々の身体的・技術的レベルのアップに取組むのがメイン。

お休みにしていた帰宅後の自主練、今夜から再開しました。
身体に負担のかからない、柔軟系のメニューで続けていきます。

春が来るまでは大変かもしれません。でも毎日1000スイングは、
きっと何らかの成果が有る。そう思っています。





posted by ドラ夫 at 23:00| Comment(26) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

ハットトリック (^_^;)

当地はずっと晴天が続いていましたが、
10日の土曜日はついに降雪がありました。

大雪にはなりませんでしたが、ゲンジの学校のグランドも、
一面真っ白の状態になりました。

まぁこちらの場合、冬はこれが当たり前ではありますが ^_^;

土日の練習は室内か? そう思っていましたから、
私も練習見学は見送る事にしました。ところが・・

土曜日は外で練習があったとの事。
ゴロのノックは無理ですが、フライのノックは可能。
雪が積もった場所でフライを追う。足腰を鍛えるには良いのかも?

そこで日曜は少しだけ見学に行く事に。
体操の後、最初の練習はサッカーでした (^_^.)

これは意外でしたねぇ^^ でも身体を温めるには丁度いい。
なにしろこの日の気温はマイナス6℃でしたから。。。

2組に分かれて試合開始。常日頃は野球をしている選手達。
そんな彼らがサッカーに興じる。見ていて面白いです^^

30分ハーフで、負けたチームは試合後にグランド5週のペナルティ^^
和気藹々の中に、少しだけ真剣みもある感じ。

明らかなオフサイドは取りますが、際どいのは流す^^
サッカーの素人の試合ですが、見所もありました。

そんな中、ゲンジはなんと3得点! ハットトリックを達成しました^^

以前はバスケやサッカーは苦手にしていました。
手でも足でも、ドリブルが下手だったんです ^_^;
見ていて情けないほどでした。。。

ところが昨年のクラスマッチ、サッカーがあったのですが、
その時にもハットトリックを決めた。
急にドリブルが出来るようになったのかなぁ??

私は野球よりも、むしろサッカーのほうがオタクなのですが、
ゴール前の嗅覚は、見ていてなかなかのものでした^^

他の選手もそれなりにゴールを決めていた。
走り回っていたので、汗も沢山出たようです。
試合はゲンジ達のチームが勝ちました。

オフシーズン、敢えて違うスポーツをするのもいいですね。
いつもと違う筋肉を使ったり、感覚が変わるのも練習の一環になりそう。
勝負事には変わりませんが、これはこれで勉強のうちかも?

この後は室内練習になりましたので、私も引き上げました。
でもとても面白いものを見させてもらいました^^





posted by ドラ夫 at 16:21| Comment(24) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

【野球神社】へ参拝

12日の月曜日は部活がオフでした。私も勤務は休み。
そこで以前より訪ねてみたい場所へ出掛ける事にした。


nakanotake.jpg



群馬県甘楽郡下仁田町にある、妙義山 中之嶽神社です。

この神社、別名は【野球神社】とも呼ばれている。

神社の由来はHPに詳細が載っています。↓↓
http://www.nakanotake.com/

私がここを知ったのは2年前。あるブログで紹介された記事を見てから。
ずっと参拝したい気持ちでいたのですが、機会に恵まれなかった。

この日、自宅近辺は雪でした。
道中が心配でしたが、途中で雪は止み、神社は晴天でした。



daikoku.jpg



日本一大きい大黒様です。高さ20m 重さ8.5t。凄い迫力です^^




omamori.jpg



参拝の記念に購入したお守りと絵馬。 
この他にバットの形をした「願いバット」もありました。

遠方で参拝出来ない方のため、郵送での受付もあります。↓
http://www.nakanotake.com/omamori.html

ずっと参拝したかったので、ようやくそれが叶いました。
ゲンジも神妙な顔つきでしたね。
どんな願いを込めたのでしょうか?・・

帰りは近くにあるアウトレットモールで買い物。
これもまた楽しかったです^^
有意義な休日となりました。良かったです^^






posted by ドラ夫 at 19:50| Comment(28) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

『親父のモノは俺のモノ』

今月中に誕生日を迎えるゲンジ。16歳になります。

4月から高校2年生ですが、昨年と大きく変化した事があります。

それはファッションに敏感になった事 ^_^;

着る物、履く物、身に付ける物。それぞれに拘りを持つようになりました。

中学まではそうした部分には無関心で、

服も母親が買った物を文句も言わず着ていました。

しかし今はそういう訳にはいきません^^

自分でお目当ての物を買ったり、それなりに楽しんでいるようです。

そして彼は、私のコレクションにまで興味を示すように・・

私は道楽というか、スニーカーやジャージ類、小物等を結構所有している。

サッカーのレプリカユニフォームは50着を越え、

メジャーリーグのオーセンティックユニも数枚 ^_^;

これまではサイズの関係で無理がありました。

しかし今は・・ 私が181の70キロ 靴のサイズは28.5

ゲンジは175の65キロ 靴が28。

着る物、履く物、共有が可能なんです。。。

先日も大事にしていたスニーカーを無断で履いていった (-_-;)

ベンチコートやトレーナー等も、いつの間にか彼の部屋に・・

私のタンス、何者かが物色した形跡も見えたし・・・

『親父のモノは俺のモノ』 という感覚なんでしょうかねぇ。。。

私が中学の修学旅行で履いていった、オニツカタイガーのスニーカー。

それが30年近く前の品だと聞いて驚いてました。

大事にしていたので、今でもピカピカなんです^^

そういう物を何も考えずに履いていくんですよ (-_-;)

一応釘をさしておきましたが、目を光らせねばなりません^^

それにしても困ったもんです。。。





posted by ドラ夫 at 01:04| Comment(41) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

充実した冬休みでした^^

5日から仕事が始まった私ですが、
ゲンジの冬休みも今日で最後。8日から3学期が始まります。

昨年の今頃は受験生。塾の冬期講習で勉強を頑張っていました。
今年は野球部全体で郵便局のアルバイトがあった。

バイトは他校の生徒もいますので、幾つかの班に分かれたそうです。
ゲンジは午後から夕方までの勤務でした。

午前中は時間がありましたので、元旦を除いて全て自主練を行った。
私も老体にムチを打って付き合いました (^_^;)

体力アップ、技術向上。といった目的ではなく、
現状維持が目標。ようするに身体や感覚が鈍らないように。という事です。

追い込む練習も考えたのですが、バイトもありますからね。
あまりいじめても気の毒なので^^

それにしても、全ての日が快晴でした。こんな年も珍しいですね。
おかげで毎日グランドで練習が出来ました。

午前は練習。午後はバイト。夜は自由時間。
こんな感じでした。ですからとても規則正しい生活が送れましたね。

ダラダラした長期休みにならず良かったです。
バイトは1日だけ休みがあったのですが、
運良くゲンジの班は元旦がお休みになりました。

3日は練習の後に初詣に出掛けた。
夜は奥さんの実家で従兄弟達と遊んでました。

バイトは4日の日曜で終わり。
お年玉でお気に入りのスニーカーを買って喜んでいた。
休み期間中は私もゲンジの部屋で、一緒にテレビゲームに興じた ^_^;

色んな面で充実した冬休みだったと思います。
あっ 宿題も全て終わりました。勉強もそれなりに頑張ってます^^




posted by ドラ夫 at 00:15| Comment(22) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

フィンガープロテクター フィンガーガード

高校も3学期が始まります。
年末から年始にかけて、元旦以外は全て自主トレを行いました。

私も毎回付き合ったのですが、とても難渋する出来事がありました・・
キャッチボールの際、とにかく手が痛かったんです (-_-;)

ボールは当然硬球なのですが、私のミットは軟式用。
加えてこの寒さです。夏に比べて手の痛みというか、痺れというか・・
とにかくハンパじゃない痛さでした (T_T)

守備用手袋も装着していましたが、それでも痛い・・
このままではヤバイ・・ そう思った練習初日。
すぐに行きつけのショップに走りました。



mizunopurotekuta.jpg
ミズノ フィンガープロテクター



手のひらの上部から、人差し指と中指を保護するプロテクターです。
一種の守備手袋でしょうか。全体にスポンジのような物で構成されている。
これは指に装着するものですが、それ以外にこんな物も購入↓



hatake.jpg
ハタケヤマ フィンガーガード



これはグラブ側に装着するパッドのような物。
画像の品は親指用ですが、これ以外に人差し指・中指用もある。

これらの品で重装備し、翌日のキャッチボールに備えました。
結果は上々^^ 保護具のおかげで痛みはかなり軽減されました^^

痛みを我慢していると、そのうちに恐怖感が先に出てしまう。
そうなると逆に危険なんですよね・・
真冬ですから特に痛みは厳しい。。。

また軟式から硬式のチームへ行く選手も、
硬式用グラブが馴染むまでは、こうしたプロテクタを装着し、
しばらく軟式用グラブで練習するのもいいかもしれません。

これらで武装すれば、軟式用グラブで取り敢えず硬球も扱えそう。
硬球でキャッチボールに付き合うお父さんも、これなら安心ですよ^^





posted by ドラ夫 at 22:20| Comment(32) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

球速測定ボール

今回の年末年始は、お天気にとても恵まれています。
そのおかげで、外での自主トレも順調に消化出来ています。

そして本日はちょっと趣向を変えた練習をしました。



ouji.jpg
球速測定ボール 【速球王子】




このボールは文字通り球速を測定できるボールです^^
以前から気になる用品だったのですが、値段も手頃なので購入に踏み切りました。



ouji2.jpg


重量と大きさは普通の硬球とほぼ同じです。
詳しい取扱い説明書が付属していますから、すぐに測定が可能。

少年用の16メートルモードと、一般用の18メートルモードがあります。
どちらかを選び、各々の距離からボールを投げる。
すると球速が表示されます。とてもシンプルな構造です。

安全性を考慮して、電池は埋め込み形式。電池交換は出来ません。
電池が切れたら寿命という事でしょう。
連続使用可能時間は240時間ですので、これだけあれば十分かもしれない。

さて念入りに肩を温め、いよいよ測定開始 ^_^;
最初は新品特有の滑りがあり、ゲンジも本調子が出ませんでしたが、
徐々に慣れてきました。

MAXは124キロでした。10球ほど真剣に測定し、
およその平均は大体120キロでした。
まぁ予想通りでしょうか^^

欲を言えば130キロを期待したのですが、やはり甘くないですね〜
究極の目標は140キロなんですが、それは遠い道程かも。。。
足腰を鍛え、1年後には135キロぐらいは記録してほしい^^

今回の記録、あくまで一つの目安と考えています。
実際のスピードはどうなのか? 精度の問題もありますからね。

ただ本格的なスピードガンは高価ですので、
それを考えるとこのボールは手軽でしょうか。

チームでスピードガンがあるところなら、こうしたボールは不要ですが。

個人で一つ所有していれば、子供の記録を残す役目も出来そうです。
数字で表れるので、目標設定も可能。もっと早く買えばよかったなぁ。
と今は思ってます^^





posted by ドラ夫 at 00:00| Comment(25) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

謹賀新年 2009


新年あけまして おめでとうございます。

昨年は中学生から高校生へ。

また軟式野球から硬式野球という遷り変わりがあった年でした。

この4月から2年生。部活にも学校生活にも慣れた事でしょう。

新1年生も入ってきます。『先輩』と呼ばれる立場にもなります。

そして夏の大会終了後は、いよいよ自分達が中心のチームになる。

ゲンジにとって2009年は、いわゆる過渡期の年になりますが、

重要な年である事は間違いありません。

まずはゲットした捕手のポジションをキープする事。

また打撃面でも一層精進して、クリンナップの一角を守ってほしいところ。

3月にはこのブログも開設4周年を迎えます。

本年も当ブログをよろしくお願い申し上げます。





posted by ドラ夫 at 00:00| Comment(44) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。