2008年12月23日

20メートル シャトルラン

【20メートル シャトルラン】


20メートルシャトルランは、体力測定の方法。往復持久走とも言う。

・《測定方法》

・20m間隔で平行に引かれた2本の線の一方に立ち、合図音に合わせて他方の線へ向けて走り出し足で線をタッチする。

・次の合図音で反対方向へ向けて走り出し、スタートの線にタッチする。合図音に合わせてこの走行を繰り返す。

・ 合図音より先に線に到達したときには、次の合図音が鳴るまで線上で待機する。

・合図音は開始当初は時間間隔が長いが、1分ごとに短くなる。

・合図音についていけなくなり、2回連続で線にタッチできなくなったときを終了とし、最後にタッチできた回数が記録となる。


Wikipediaより引用



先日、ゲンジの学校でこのシャトルランが行われたそうです。
全校で一斉に測定との事。男女別、学年別に分かれて行った。

こうした種目というか、測定がある事。
私はゲンジから聞かされるまで知りませんでした (^_^;)
少なくとも私が学生の時には無かったですねぇ・・

自分が経験していないので、どれほど辛い測定なのか?
イマイチ ピンときませんね^^

ゲンジは早生まれなので まだ15歳なのですが、
15歳男子のシャトルラン全国平均は79.15回との事。
野球部の顧問からは、『100回を越えれば大したもの』 と言われたらしい。

さて結果ですが・・

2位の子が115回だったそうです。
そして・・ その子がリタイアした後は、ゲンジの一人旅が続いたとか^^

結局136回 が記録だったみたいです。ただ本人はまだ余力があったらしく、
『自分一人になったので、最後はかなり緩めた。真剣にやれば後20回はいけた』
との事。どうせなら限界まで挑戦してほしかった・・ (-_-;)

前述のように私はこの測定をよく理解していません。
ただ136回という記録は、かなり誇ってもよいとの事らしい。。。
顧問からも賞賛のお言葉を頂戴したらしく、本人もとても喜んでいました。

持久力は人並み以上に備わっているようです。
昨年は駅伝でも好タイムを出した。中距離・長距離は得意のようです。

この勢いで、後は短距離もタイムを縮めてほしいですね ^_^;








posted by ドラ夫 at 08:53| Comment(26) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。