2008年12月29日

2008年を振り返って

もうすぐ2008年も暮れようとしています。

今年は高校受験という、息子にとって人生の一大イベントがありました。
運良く第一志望の学校に前期選抜で合格が出来た。

4月より野球部に入部。入学式翌日の練習試合では、
早くも出場の機会を与えられた。

春と夏の大会にもベンチ入り。貴重な体験も出来たと思う。
夏の大会の開会式では堂々の入場行進。
その姿を見た私も、なんともいえぬ感慨に浸った。

秋の大会。新チームになって捕手の座を射止めた。
だが初戦は力を出し切れぬまま敗退。

しかしその後の準公式戦では、予想以上の成績を残してシーズンを終えた。

こうして振り返ってみると、まずまずの1年だったかな?
と私は思っています。 まぁ欲を言えばキリがありませんが ^_^;

私自身の事を言えば、春から3交替勤務になりました。
9月下旬には体調不良で1週間の入院もあった。。。

それを除けば、こちらもまずまずの1年かもしれません^^

ブログのほうもなんとか継続する事が出来ました。
これもここを訪れてくださる、多くのファンの皆様のおかげです。
厚く御礼申し上げます。

息子が高校に入り、なにかとブログネタも制約されますが、
来年もまた楽しんでいただけるような記事をUPしてゆきます。

今年1年、ブログに足跡を残していただいた皆様のお名前を列挙させていただきます。



ケロの父さん K太父さん hitomiさん 少年野球コーチさん
ズンドコ節さん わいさん よっぴーの父さん スマイルヒットさん
Fastballerさん PATさん トラッキーさん(T31さん)

ブラックソックスさん 館長P助の父さん でぃあさん かにさん
ヤマトさん パームボールさん ヨウボンさん 猿さん
月影のオヤジさん 店長さん おちあいさん 穴金空歩人さん

ハッシーさん baseball−oyajiさん winning shotさん
ぶっ叩け〜!!さん シャドウPさん RKさん touchさん
metooさん スミサーズさん maa3さん 満木月風さん

マスオさん にゃんこ先生さん コジローさん とうさん
ゆうちろさん Shinさん とらきちおやじさん サトシさん
Shunさん ハチローさん ]ゲームさん 野球かあちゃんさん

アトムさん gittyo−4さん 背番号29さん うろたすさん
中学野球.comさん たえこさん プーミーさん trytryさん
セン1さん 銀狼さん 球拾いさん つーさん

ナルさん でんすけさん さんま改めoyajiさん 仙人掌さん
ぽんさん ツツ族さん 里中さん セレーノさん
marboさん 古田兼好さん Fさん 0724さん

たろ〜さん 沙希さん 雅さん ギリギリボーイの父さん
新米コーチさん ゆうさん DANさん ベア−ズ5さん
SUKEさん 横浜への道さん cyoukyorihouさん kkさん

応援母さん 声出せ!声!さん 北島さん こやまっちさん
翼さん 星十徹さん 賢介応援隊(黄)さん ★一徹さん
車バカさん 高校野球親父さん noriさん sirubeさん

努力少年さん どかべんさん KAZ君さん KANAパパさん
通りすがりさん dragonさん ベンザエースさん 
我武者羅さん 肉団子3兄弟さん 野球少年の父さん トンキチさん



以上、106名の方からコメントを戴きました。ありがとうございました。
またコメントの書き込みが無くても、見守ってくださる方々も大変多いと思います。

私がブログに熱意を傾ける理由は沢山ありますが、
その一つはアクセス数の多さです。これが励みになり、
「いい加減な事は書けない。」そう自分を戒めております (^_^;)

来年もどうぞよろしくお願いします。
それでは皆様、善いお年をお迎えください^^





posted by ドラ夫 at 15:05| Comment(40) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

アルバイトと自主練

高校も冬休みに入りました。

ただこの休みは以前お伝えしたように、野球部全体でアルバイトがある。↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/110605842.html

バイトは大体5〜6時間勤務。往復の通勤時間も含めても、

なんとか自主練の時間を取る事が出来ます。

親子で話し合い、日中の1時間程度は外で自主練を行う事にした。

天候が悪い時は自宅で室内練習になります。

いずれにしても、毎日息子の練習に付き合う事になりました。

正直、嬉しい気持ちです ^_^;

外は厳しい寒さなのですが、なんとか頑張って取組みたい。

どんなメニューにしようか? あれこれ思案中です^^

初日の今日はバッセンでの打ち込みにしました。

全部で10ゲーム。250球を打ちました。

昨年は塾の冬季講習があったので、思うように練習が出来なかった。

今年の冬休みは、私も退屈をせずに済みそうです^^





posted by ドラ夫 at 23:43| Comment(20) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

罰走付きバント練習 ^_^;

12月も下旬に入りましたが、ゲンジの学校はまだグランドが使えます。

先日の土曜日は私も練習見学に出掛けた。
雪が降れば室内練習。そうなると親の見学も遠慮せねばいけませんから^^

ただあいにくこの日は他の部活とグランドが兼用。
フリー打撃が出来ない状況でした。

そこで集中的に取組んだのはバント練習です。
マシンを2台用意して、2ヶ所で行った。
1台は球速を140k。もう1台はカーブで110k弱の設定。

班を分けて交互のゲージでバント練習です。
ここで監督よりノルマが与えられた。

『1回につき5度連続成功させる。1度でも失敗したらレフトフェンスまで全力疾走!』

なるほど。これなら一層真剣になりますよね^^
5回連続なら案外簡単か? と思っていましたが、
始まってみるとこれがまた・・・

多くの選手が何度も全力疾走をするハメに ^_^;
こう書いてしまうと、うちの技術が未熟だと露呈するようなものですが・・

特に140kのスピードに手を焼いていましたねぇ。
高校野球はバントがとても重要視されます。

うちのチームの場合、3番・4番・5番のクリンナップでも、
状況に応じてバントのサインがドンドン出ます。
そこでの成功・失敗が勝負を決めますので、とても大切です。

さてゲンジですが、最初の1クール目で早くも失敗 (-_-;)
しかし以後は着実に決め続け、6クール連続ノーミスでした。

中学2年の夏から翌年の中体連までの1年間。
ゲンジにバントのサインが出たのは1回だけです。

高校に入ってからは前述のようにバントが何度かあった。
経験が少ないわりに、意外とバント自体は巧い部類に入ると思う。

実際この日も、レフトまで走った回数は1回だけ。
全選手の中で1番少ない数でした。

この日はフェアゾーンに転がせば成功。というパターンでしたが、
完全に打球を殺していないバントや、ピッチャー正面も多々あった。
実戦ならこれらも失敗になりますので、次回はもう少し基準を高く設定してほしい。

チーム全体のバント成功率、もっと高くしたいですね^^




posted by ドラ夫 at 08:13| Comment(26) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

20メートル シャトルラン

【20メートル シャトルラン】


20メートルシャトルランは、体力測定の方法。往復持久走とも言う。

・《測定方法》

・20m間隔で平行に引かれた2本の線の一方に立ち、合図音に合わせて他方の線へ向けて走り出し足で線をタッチする。

・次の合図音で反対方向へ向けて走り出し、スタートの線にタッチする。合図音に合わせてこの走行を繰り返す。

・ 合図音より先に線に到達したときには、次の合図音が鳴るまで線上で待機する。

・合図音は開始当初は時間間隔が長いが、1分ごとに短くなる。

・合図音についていけなくなり、2回連続で線にタッチできなくなったときを終了とし、最後にタッチできた回数が記録となる。


Wikipediaより引用



先日、ゲンジの学校でこのシャトルランが行われたそうです。
全校で一斉に測定との事。男女別、学年別に分かれて行った。

こうした種目というか、測定がある事。
私はゲンジから聞かされるまで知りませんでした (^_^;)
少なくとも私が学生の時には無かったですねぇ・・

自分が経験していないので、どれほど辛い測定なのか?
イマイチ ピンときませんね^^

ゲンジは早生まれなので まだ15歳なのですが、
15歳男子のシャトルラン全国平均は79.15回との事。
野球部の顧問からは、『100回を越えれば大したもの』 と言われたらしい。

さて結果ですが・・

2位の子が115回だったそうです。
そして・・ その子がリタイアした後は、ゲンジの一人旅が続いたとか^^

結局136回 が記録だったみたいです。ただ本人はまだ余力があったらしく、
『自分一人になったので、最後はかなり緩めた。真剣にやれば後20回はいけた』
との事。どうせなら限界まで挑戦してほしかった・・ (-_-;)

前述のように私はこの測定をよく理解していません。
ただ136回という記録は、かなり誇ってもよいとの事らしい。。。
顧問からも賞賛のお言葉を頂戴したらしく、本人もとても喜んでいました。

持久力は人並み以上に備わっているようです。
昨年は駅伝でも好タイムを出した。中距離・長距離は得意のようです。

この勢いで、後は短距離もタイムを縮めてほしいですね ^_^;






posted by ドラ夫 at 08:53| Comment(26) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

ベルボール




bellball.jpg


スポンジで出来たボール。ベルボールです。

我が家ではこのボールをずっと自主練で使っております。

春から夏の日中の練習では、外で普通のボールを使うのですが、
寒い季節や夜では室内で練習になる。

家の中でボールを打つのは困難ですが、これなら室内でもOKです^^
スポンジの中にパチンコ玉と似たような球体が1個入っており、
バットで芯を捕らえると、『パチン』と音が鳴ります。

これならガラスが割れる事もありませんし、
当たっても痛くないので怪我の心配もありません。

トスバッティングやスタンドティーに使っていますが、
便利なので長年重宝しております。

安全面も確かですが、芯を捕らえないと音が鳴らないのもいいですね。
画像は1ダースですが、3個入りや6個入りも発売されている。

うちはこの5年で3ダース分ほど使用しました。
長く使っているとスポンジが部分的に破れて、
中に入っている球体が外に出てきます。そうなったら寿命ですね。 

小学生のお子さんなら、オモチャのプラバットとこのボールの組み合わせで、
室内で気軽に打撃練習が出来ます。

天井が高くて広い部屋なら、金属バットでも大丈夫かもしれません。
うちは普通のバットを使ってますが (^_^;)

前述のように当たっても痛くありませんから、
私は正面から息子にむかって投げています。
普通のボールなら、ネットがないと危なくて出来ません。。。

冬の室内練習にピッタリのアイテムだと思います。








posted by ドラ夫 at 00:08| Comment(24) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

3連敗後の4連勝

プロの将棋界には7つのタイトルがあります。

7つのうち名人戦・竜王戦・王将戦・王位戦の4つは7番勝負。

先に4勝したほうがタイトル獲得です。

野球の日本シリーズや大リーグのワールドシリーズと同じしくみです。

日本シリーズでは過去に西鉄ライオンズ、西武ライオンズ、読売ジャイアンツが

3連敗の後に4連勝という大逆転勝ちを成し遂げた。

しかし年に4回の7番勝負がある将棋界では、

これまでこの3連敗後の4連勝を成し遂げた棋士はいない。

ところが本日、この偉業を初めて達成した棋士が誕生しました。


watanabe.bmp

渡辺 明 竜王


今回の竜王戦、挑戦者は将棋界のスーパースター、羽生善治名人。

出だしは羽生名人の3連勝。一気にタイトル奪取か?

と思われましたが、渡辺竜王がここから奮起!

3連勝して星を五分に戻し、迎えた最終局も激戦の末勝利!

見事に大逆転勝ちを遂げて、連続5期の防衛で永世竜王の称号も得ました。


野球も同じ勝負の世界です。最終回に得点差が開いていても、

何が起こるか分かりません。高校野球でも過去に、

歴史に残る大逆転勝ちをした学校も沢山あります。

報徳学園やPL学園は有名ですし、近年では松坂投手がいた

横浜高校vs明徳義塾の試合が有名ですね。

最後まで諦めない事。 この竜王戦で再認識しました。

野球をしている子供達にも、この精神は語り継いでいきたいですね。




posted by ドラ夫 at 20:39| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

キャッチャー失格?

このブログで久しぶりに新しいカテゴリを作りました。
題して 過去を振り返る 『今だから言えること・・』

ブログを始めて3年と10ヶ月になります。
当時は色んな部分で書くの躊躇した事や、
書きたくても書けない出来事があったりしました。

でも時が過ぎれば、それも思い出の一つです。
今なら言える事 結構有るかもしれません。
今でも書けない事もありますが ^_^;

オフシーズンになり、ブログネタも少なくなっていますから、
この冬はこのカテゴリで乗り切りたいと思います^^


さて第1話は 『キャッチャー失格?』

あれはゲンジが中学2年の6月でした。
中体連が終わり、新チームが始動した頃。
中体連では3年生が正捕手でしたから、ゲンジはライトで先発フル出場。

新キャプテンに就任し、部活顧問からもクラブチームの監督からも、
ゲンジはキャッチャーとして起用される事を明言されていた。

守りの要のキャッチャー。加えてチームを引っ張るキャプテン。
私も親として気合が入りましたし、ゲンジにもアレコレと心構えなどを説いた。

学童時代は捕手以外のポジションは全て経験した。
中学入学直後、監督からその学年では捕手として育成すると告げられる。

これには色んな側面があるのですが、他に適当な人材が無かった・・
というのもあります。 体格面で小柄な子が多く、
エース候補の球を受ける選手が、ゲンジ以外には見当たりませんでした。

私も期待よりは不安が多かったですね。出来れば他のポジションが希望でした。
でもチーム事情もありますから、そうと決まれば実行するしかありません。

ただレギュラー捕手が上の学年にはいますので、
ゲンジも試合ではファーストがメイン。日々の練習では時折防具を装着して、捕手の練習もしていた。

初めて捕手として試合に出たのが中1の秋。練習試合でした。
ここから経験を積んで、少しづつステップアップを目指していた。

2年生に進級。ポジションはライトのレギュラー。
練習試合では2試合目にマスクを被るパターンが定着。

試合を通して勉強。こんな感じでした。色々と不備もありました。
リード、セカンド送球、まだまだ完璧ではありません。
でも顧問も監督もそれは承知。いきなり上手くなるはずもありませんから。


中体連の試合を負けた後、残念会がありました。
その席上で、部活の副顧問がこう言いました。

『新チーム、ゲンジはキャッチャーから外したほうがいい。』

部活は顧問と副顧問の2人体制。
実はこの副顧問、前年まで正顧問でした。

この年の4月に若い顧問が着任。これに伴い副顧問になったのです。
しかし年齢が上なので、まだ実権を握っているというか、
事実上は副顧問のほうが発言力が上。傀儡政権と言えるかもしれない。

『なぜゲンジを捕手から外すのですか?』 こんな声が当然上がる。

『ゲンジは捕手には不向き。今から1年生を据えて鍛えたほうがいい』

1年生に相応の実力がある捕手候補がいれば判るのですが、
1年生ではまだまだ。といった状況。
どんな部分が不向きなのか? 色々と持論を展開されていました。

これをうけてクラブの監督が言った。
『クラブの試合ではゲンジをメインの捕手で起用します。』
『1年生ではまだ役不足。育成してきたゲンジをここで外すのは、これまでの取組みが無意味になる。』

そして若手の顧問も続いた。
『まずは2年生中心でチーム作りをしたい。ゲンジには当然キャッチャーを任せるつもり。』

これまでポジションや打順など、アレコレと副顧問に指摘され、
それに従ってきた正顧問でしたが、ここでは屈せずに持論を述べた形。

私は敢えて口を挟まず、成り行きを見守った。
ただ監督と顧問が後ろ盾というか、擁護してくれた事は嬉しかった。
同時にその責任の重さも実感。

帰宅後、この話をゲンジにしました。

『副顧問を見返してやれ。練習を重ねて見返すしかない。』
『監督や正顧問の先生の意気を感じろ。期待に応えろ!』

選手の起用、指導者によって好みが違うのは分かります。
もしこの副顧問が正顧問だったら、中体連の試合では別のポジションだったかもしれません。

結果はどうなっていたか? それは分かりません。
別のポジションで花が開いていたかもしれませんし。

ただこの時はやはり悔しかったですね。
闘志に火がついた感じです。今から思えば、この出来事には感謝したい。

ゲンジもこれ以来、少しづつ進歩していきました。
3年生の時には副顧問も何も言わず、もうキャッチャーが当たり前の状況。
この経験で高校でもキャッチャーとして起用されている。

何がどう転ぶか? おかしなものですね^^




2008年12月14日

短いトレーニングバット


オフシーズンの自主トレ用に短いトレーニングバットを購入しました。


mijikai1.bmp



比較用に通常の長さのバットも一緒に撮影しました。
下の短いバットが通称短尺バットです。

ミズノ製で長さは65cm 重さは850gです。
こうした短いバットでのトレーニング目的は何か?

色々と有ると思いますが、我が家の場合はこれで片手打ちを行います。

実はこうした用途のバット、以前から所有しており、
今回は買い増しなんです。



mijikai2.bmp



下に写っているバットが、これまで使っていたもの。
正確に言えば、これはトレーニングバットではありません。
少年用のバットです。65cmで450g

今回購入したバットと長さは同じですが、重さは約半分。
これまではこの軽いバットで、片手トス打撃の練習をしていました。

このブログを始めた頃、ゲンジが中学入学を目前に控えた時でしたが、
その時にあるブログで片手打ちの話題がありました。

私はこの練習メニューに着目。自主練で導入する事を決めた。
当時にも重くて短いトレーニングバットはありましたが、
中学1年のゲンジには、まだ重過ぎる・・

手首等の故障も懸念し、導入を諦めかけていた時に、
この軽い少年用バットを見つけた。

以来このバットで練習を続けてきましたが、
さすがに今は高校1年生。450gでは軽すぎます ^_^;
そこでようやく通常の重さのバットになったわけです。

片手のトス打撃ですが、この練習を否定される人もいると思います。
ただ当時の私はアレコレと練習メニューを模索しており、
『良いか悪いか? 取り敢えず試してみよう』 という事で導入。

それなりの結果が出たような気がしたので継続しています (^_^;)

ゲンジは右バッターですから、右手が添え手。左手が引き手になります。

片手トスは左右の手で同じ数だけ打たせました。
この練習で目指したのは、左手の時はバットコントロールと手首の返し。
右手の時はバットの押し込みです。

引き手の時は、ボールにキチンと当てる事。ボールを捌く感じです。
添え手の時は、テニスのように思い切り叩く。

普段は両手で打ちますから、当然片手だと窮屈で不便です。
でも慣れてくると普通に打てるようになります。

両手だと当たり前に出来る動作が、片手だと難しい。
そうした事を理解させる上でも、この練習は意味があると思う。

しかしバッセン等で実戦形式のボールは片手で打たないでください。
勢いのあるボールを片手で打つのは、手首や肘に負担がかかります。

トス打撃のように、ボールに勢いが無ければ大丈夫ですが・・
テニスボールよりはるかに重い野球のボールです。やはり危険です。

さて今回購入のバットでは、片手だけでなく両手でも打たせてみたい。
先日エントリーした『好きなコースは外角低め』
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/110991321.html

このエントリーの中で、苦手なコースは内角高めとありますが、
この短いバットで実戦練習をして、何かを掴んでくれるのを期待したい。

色んな練習メニューでこの短いバットは、
これからも活躍してくれそうです (^^)





posted by ドラ夫 at 15:40| Comment(20) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

【走り込み】の季節到来

当地も寒さが本格的に厳しくなってきました。

放課後の練習も、夏とは違ったメニューに移行しつつあるみたいです。
今週は主に走り込みを行っているらしい。

寒いですから、身体を温めるにはいいかもしれません^^
ただジョギングのように走るのではなく、色んな工夫があるとの事。

グランドはまだ使えるので、ボールを使った練習も織り交ぜてある。
ずっとそのままだと身体が冷えるのでしょう。
それを避けるために、合間に走るメニューを入れてあるんですね。

メニューの区切りにはとにかく走る! こんな感じだそうです^^
ゲンジ曰く、『冬の練習のほうが身体は辛い・・・』

夏は夏で暑くて大変ですが、冬の寒さもこれまた辛い。
でも走る練習はスポーツの基本ですから、めげずに頑張ってほしい。

冬に貯金を作っておかないと、夏の連戦のスタミナが心配。
強い足腰を作る事も必要ですし。

チーム内で中距離走のタイムトライアルも行ったようです。
駅伝で実績のあるゲンジ、ここではやはりダントツのタイムだった^^

でも・・ 短距離は相変わらず下位に沈んでいます (^^;
来春には少しでも速くなっていてほしいなぁ。。。





posted by ドラ夫 at 07:44| Comment(26) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

好きなコースは外角低め

ゲンジは帰宅後の自主練も、今のところ継続出来ています。
私も勤務に差し障りのない時間帯は付き合っている。

その時、ふと思った事がありました。

『そういえば、お前は好きなコースはどこなの?』

長年息子の野球に付き合ってますが、
得意なコース、苦手なコースがどこなのか?
あまり考えていませんでした ^_^;

親バカコメントになりますが、どのコースもそれなりに打っているような気もする。
ただ本人はどこが好きななのか? これまで聞いた事も無かった。

質問に対する返答は、『外角の低めが好き』との事でした。

うーん・・ ちょっと人とは違いますねぇ^^
外角の低めといえば、一番打ちにくいコースとも言われています。

ただ一概に言えない部分もある。
ストレートがそのコースにいくのか、カーブが縦に曲がって落ちるのか、
スライダーが横に曲がって外角低めに決まるのか。

捕手がキャッチする場所は同じでも、そこに到達する道程はそれぞれ違う。
それらを踏まえて、外角低めが好きなんだそうです。

意外な答えでしたが、振り返ってみれば思い当たるフシもある。
6年生の時は放ったヒットの半分以上がセンターから右方向。

また中2から中3にかけては、右中間からライトオーバーの長打を連発していた時期もあった。

ゲンジは右打者ですが、右方向に長打が多いのが特徴。
レフト方向には、三遊間を強いゴロで抜ける当たりが多い。

スタンスがオープンスタンスというのもあるかもしれません。
本人が好きなコースと、結果を出しているヒットゾーンが一致しているので、
まぁそれほど悪くない結果かもしれない。

ちなみに嫌いなコースは『内角の高め』 だそうです^^
この苦手ゾーンを克服しないと、ホームランの数は増えないでしょう。

私は外角低めのほうが嫌だけどなぁ。。。。





posted by ドラ夫 at 00:53| Comment(22) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

細いトレーニングバット

厳しい冷え込みが続きますね・・
まだグランドは辛うじて使用出来ますが、
雪や霜柱で使用不可になるのも時間の問題。

その場合は外で走り込みになるか、室内練習になります。

室内練習のメニューも沢山ありますが、来るべき日に備えて、
息子の野球部では一つの練習器具に注目。大量購入になりました。


ssktore.jpg



SSKのトレーニングバットです。
画像をご覧のように、とても細いバットです。

84cm・1000gの物と、同じ長さで1400gの2種類があり、
それぞれ5本づつ導入する事になりました。

これと同じバットが3本ほどあるのですが、新たに買い増しですね。

試合用バットと比較すると、大きく異なる形状と重さ。
一番の違いはヘッド部分の細さ。

通常のバットは大体、60〜69φmmの太さですが、
このトレーニングバットは30φmm。およそ半分の細さ。

フリー打撃では使用不可ですが、トス・ティー打撃には使える。

細い分だけ芯を捕らえるのは難しくなる。
繰り返し使う事で、正確なミート力を身に付けるのが狙い。

この類のバットはバリエーションも多く、
100cm以上のロングタイプもあります。
今回は通常と同じ長さの物ですが、いずれロングタイプも導入かもしれない。

以前から個人的に欲しいなぁ と思っていましたので、
今回は部費での一括購入でラッキーでした^^

理屈で言えば、細いバットで芯を狙い打てれば、
太いバットなら更に容易になるはず。
実際はそんなに甘くはないでしょうが ^_^;

それはともかく、練習は頑張ってもらいたいものです^^





posted by ドラ夫 at 23:48| Comment(28) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

アホな父親 (-_-;)

先日息子と久しぶりにバッティングセンターに行きました。

その時のひとコマ・・

ある親子連れがいました。お子さんは4年生くらいでしょうか。

父親は結構熱いお方のよう。大声でアドバイスをしている。。。

気になったのは、一つのゲージを独占している事。

料金箱の上にコインが数枚積んである。

1ゲームが終わっても、続けてコイン投入。

閑古鳥の時ならいいですが、その日はそれなりに来客があった。

別の親子が後ろに並んでも知らん顔 (-_-;) マナーが悪いですね。

さてそのお父さん、息子の調子が悪いのか? 次第にエキサイト。

興奮してゲージの中に入っていきました・・

当たり前の事ですが、ゲーム中にプレイヤー以外がゲージに入るのは危険。

大体私なら怖くて出来ないです ^_^;

そして悲惨な結末が・・

案の定、息子のファールチップが顔面を直撃!

その場で倒れこんでいました ^m^

いい大人のくせに、情けないですねぇ。

まぁ大した怪我ではなかったようですが。

色んな人がいるものですね (^^)




posted by ドラ夫 at 11:55| Comment(36) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

年末年始のアルバイト

師走に入りましたね。
私は昔から世間が慌ただしいというか、
ザワザワした12月の雰囲気が好きなんです ^_^;

さてゲンジ達の野球部は、全員が年末年始にアルバイトをします。
働く場所は郵便局。年賀状の仕分けや配達ですね^^

うちの学校は以前からこのバイトが恒例になっているそうです。
近隣の学校も幾つか同じようなところがある。

稼いだ給料の半分は部費に充てて、残りの半分は自分の物。
なかなか良いシステムだと思います^^

社会勉強にもなりますし、配達ならトレーニングにもなる。
部費も潤い、自分の小遣いも増える。良い事づくめですね〜

ただ正月が潰れるので、うちの奥さんは寂しいみたいですが^^
まぁ夜は家にいますので、それで我慢してもらいたい。

事前に説明会と研修が有るとの事。
内務と外務があるそうでして、外務のほうが若干時給が高いらしい。
内務じゃトレーニングになりませんから、
ここは外務で自転車に乗り配達をしてほしいですね (^_^;)

生まれて始めてのアルバイト、頑張ってほしいものです。

yuusei.bmp





posted by ドラ夫 at 07:27| Comment(26) | TrackBack(0) | ゲンジ・高校生活編 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。