2008年10月26日

ワイルドピッチとパスボール

秋も深まり、高校も対外試合が出来るのは11月末まで。
来年の2月末までの3ヶ月間は、規則で試合を行う事が出来ない。

息子が高校に入学し、4月からここまで50試合近くを消化。
新チームになった7月以降は、全ての試合に出場している。

私はほとんどの試合を観戦していますが、
今年は当然ながら観戦はベンチ外です。

6年生のシーズンから中学軟式、そして硬式スクールまで、
私はスコアラーとして全ての試合にベンチ入りしました。
唯一、中体連の公式戦だけはスタンドからの応援でした。

ベンチ内で見る野球。ベンチ外で見る野球。
色んな部分に違いがありますね。

今回はワイルドピッチとパスボールについて。

今の私は他の父兄さんと一緒の席で応援しています。
近くには対戦相手の父兄も座っています。

ここで表題のワイルドピッチとパスボールですが、
(以降はWPとPBと表記します。)
明らかなWPを 『あ〜・・ パスボールだよぉ・・』
と嘆くお人がかなりおられますね ^_^;

WPは暴投です。
これはピッチャーの投球がキャッチャーの捕球可能なコースから外れ、
キャッチャーが捕球できなかったために走者を進塁させることです。

PBは捕逸です。
これはピッチャーの投球がキャッチャーの捕球可能なコースにありながら、
捕球できなかったために走者を進塁させることです。

ようするにWPは投手のミス。
PBはキャッチャーのミスですね。

キャッチャーが捕球出来なかったという部分は共通してますが、
そこに至る責任がどちらにあるか? という事です。

スコアラーの判断でどちらかを記入する訳ですが、
その判断は各自で異なるのかもしれません。

飛び上がっても捕れないような場合は明らかにWPですが、
ショートバウンドの場合は難しいでしょうか。

私の基準はホームベースでした。
ベースからマウンド寄りでバウンドした場合、
これはWPと記録しています。

反対にベースより捕手寄りでバウンドした場合は、
PBとして記入しています。

スコアを記入されている皆さんは、どんな基準をお持ちでしょうか?
コースの違いや変化球の絡みもありますので、
なかなか難しい部分もあるかもしれません。

そしてWPによる進塁は自責点の要素に加わります。

ちなみに内野ゴロの送球が逸れてしまい、
1塁手が捕球出来なかった場合は悪送球と呼び、
この場合は暴投とは言いません。

さて話は戻りますが、WPとPBの区別をつけず、
すべて「パスボール」で片付けるお方。
キャッチャーの息子を持つ親の立場で言うと、少々困惑です ^_^;

まぁ悪気があって言うのではなく、何気なく出る言葉でしょうけど。
思い当たるフシがある人は・・・
次の試合からは気をつけたほうがよいかもしれませんね^^



posted by ドラ夫 at 20:41| Comment(29) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。