2008年10月23日

高野連の用具規制、緩和の要望(^_^;)

高野連には選手が使う野球用品に、様々な規制がかけられています。

プロのような派手な色彩のグラブや、リストバンド等の小物。
これらも認めれていません。

この点は私も賛成です。学生ですし、プレーするにあたり不必要でしょう。
まぁリストバンドは手首の保護を兼ねていますが。

でも個人的に認めてくれたらいいなぁ・・と思う項目が幾つかあるんです。

遊び心といった部分ではなく、機能面を考えた部分なんですが。

まずはキャッチャーミットとファーストミットに
ターゲットマーカーを認めてほしい。


rowmi.jpg


画像にある白い部分の事です。

2色にする事により、「的(まと)」 のような感覚になる。
うちの投手、コントロールはイマイチなので、
心理面、視覚面で効果があるかな? と思いまして (^_^;)

強豪校には不要かもしれませんね・・

高校の場合、グラブ・ミットは単色でなければならない。
また認められているカラーも制限があり、
青や赤は違反になります。

本体の色と紐の色の組み合わせにも制限があります。
グラブのカタログを見ると、これらの組み合わせが掲載されています。
また高野連のHPにも載っている。

ですからこのターゲットマーカーも不許可。なんとかならないかなぁ。


もう一つはホッケー型マスク


masuku.jpg


これは以前にもこのカテゴリーで取り上げましたが、
現行のマスクとヘルメットの2つのパーツ。
試合中にも外したり付けたり、何かと面倒。

このホッケー型マスクなら、帽子のように被るだけ。
扱いが楽になりますから、捕手の負担も減るように思うのですが。

メジャーリーガーでは愛用者も多く、
日本でもリトルリーグでは認められているとの事。
ならば高野連も認めてもらいたい ^_^;

これは好みやフィーリングの問題もあるので、
選手によっては現行の物を支持する場合もあるでしょう。


なんだか2つともキャッチャー関連ですね^^

この他には、例えばツートンのユニフォームとか、
エナメルのスパイク。これらも認めてほしいなぁ。

規則ですが、以前に比べると結構緩和されているんです。
昔は打撃時の手袋着用、守備手袋の使用も禁止でした。

今回書いた私の戯言も、数年後には認められるかもしれませんね。
出来れば息子が現役の時に認可されるといいのですが ^_^;




posted by ドラ夫 at 09:10| Comment(16) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。