2008年08月19日

身体能力のデータ収集

近年では野球に限らず、多くの競技で科学的な練習メニューが考案されています。

五輪に出場するようなトップアスリートは、
専属のトレーナーを伴い、日々のトレーニングから食事まで、
きめ細かくプログラムを組んでいる。

ただこうしたメニュー、それなりの専門的知識が必要で、
素人考えでの安易な取り組みは、逆効果になる場合もある・・

また身体能力には個人差が有り、全員が一概に同じトレーニングでは、
効率的では無い場合もあるでしょう。

弱点を補うのか? 長所をもっと伸ばすのか?
選手本人や指導者と考え方が一致しない事もある。

ゲンジの野球部ですが、個々の身体能力を測定し、
専門家からアドバイスを頂戴出来るそうです^^

具体的な名前は出せませんが、そうした機関があるとの事。
これは頼もしいですね^^ 私も楽しみです^^

身長・体重の測定から、握力・背筋力など、
学校のスポーツテストのようなメニューに始まり、
身体のあらゆる部分の力や動きを見るそうです。

そこから各人に結果説明。優れている部分、劣っている部分の確認。
今後、どのようなトレーニングをしたらよいのか?
まで、色々と面倒をみてくれるらしい^^

ゲンジはどんな結果が出るかなぁ? ^_^;
予想ですが、持久力系は結構ポイントを稼ぐと思います。
問題は瞬発系かな?。。。。。

このデータを基に、各選手が今後のトレーニングに取り組めば、
効率的な練習が出来そうです。また能力アップも楽しみですね。

思えば私が子供の頃などは、今ではタブー視されている、
ウサギ跳び なんて物もありました (>_<)

『体力を消耗するから、運動中は水分を摂るな』
なんて事もよく言われましたねぇ (ーー;)
科学的に何の根拠も無い事が、しごく当然のように言われた時代でした。

そう考えると、現代は進歩してますね。
前述の事も昔とはいえ、まだ30年位前の事ですがね (~_~)



posted by ドラ夫 at 17:27| Comment(19) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。