2007年12月24日

『継続は力なり』

先週に引き続き、この土曜日もゲンジと二人で親子練習を行いました。

日曜は雪の予報が出ていましたから、これがグランドで行う最後の練習でしょう。
案の定、土曜の深夜に降雪がありました。

気温はマイナスでしたから、アップを念入りに行い身体を温める。
硬球を使ってキャッチボールをして肩を作り、まずはピッチング練習から。

二人ですので当然ながら私がキャッチャー役・・

昨年のこの時期にエントリーした、『久しぶりの親子練習で感じた事』↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/30192316.html

この時にも書いたのですが、素人親父にはもうキャッチングはかなり厳しい・・
ストレートも速くなり、変化球もかなり曲がる。
まして今回はボールが硬球です。。。

恥ずかしい話ですが、座って捕るのはもう無理です (;_:)
防具があればまだ頑張れますが、あいにく防具はマスクだけ。

私も命は惜しいですからね ^_^; 
そんな訳で、キャッチングは中腰の姿勢で行う事に。
これならヤバイボールはすぐに逃げる事が出来ますから^^

前述のように、昨年と比較しますと球速も上がりました。
変化球のキレも更に向上。捕球していて頼もしく感じました。

硬球なので縫い目が指によくかかるのか、カーブの曲がりはかなりのもの。
そしてコントロールも上々でした。

中学軟式では1年生の夏から秋がファースト。
2年の春がライト。2年の夏から3年の中体連がキャッチャー。

このように、ゲンジは投手がメインではありませんでした。
登板の機会も少なく、通算の投球イニングも3年間で15イニングしかない。

しかしこの間も、自宅での練習ではシャドーピッチングは欠かさず取り入れていました。
また時間がある時は私も投球練習に付き合っていた。

エースを狙っていた訳ではなく、不測の事態に備えての事。
投手陣に長期離脱者が出た場合、その代替を任せられるのは、
うちのチーム事情からするとゲンジしかいませんでした。

その時になって慌てないよう、日頃からピッチングにも時間を割いていました。
結局軟式ではそのような展開にはなりませんでしたが、
この取組みに花が開いたのが硬式スクール。

ひょんな事から登板の機会を与えられ、たまたま好投を見せた。
それが認められ、次は先発のマウンド。
そしてあわやノーヒット・ノーランの快投も魅せた。↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/60678205.html

この活躍も日頃の努力があったからこそ。
まさに『継続は力なり』 ですね。

野球は「走・功・守」のどれも大事です。
自主練も万遍なく均等に行うのが理想ですが、
事情や環境によって難しいものもあるかもしれない。

ただ諦めずに継続する事が、近い将来にそれが活きてくる。
ゲンジを見ていてそう思います。

毎日少しづつでもいいので、続ける事が大切。
努力はなんらかの形で報われる。そう思いたいものです。

これを読んで『うちは出来てないな・・』
と思われた方、早速今日から始めてみてはいかがでしょう?^^
素振りでもランニングでも、腹筋・背筋でも、やれる事は沢山ありますよ^^


 


posted by ドラ夫 at 00:10| Comment(26) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。