2007年12月12日

ご意見ありがとうございました。(体罰の件)

12月10日にエントリーした『体罰』について ご意見をお願いします ↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/72119287.html

おかげ様で多くの貴重なご意見が寄せられました。
誠にありがとうございました。

今回のテーマ、ひょっとしたら同じようなチームが他にもあるやもしれない。
そう考え、敢えてここで取り上げる事にしました。

今回は最初に私の考えを詳しく述べるのではなく、
設問に対して、広く皆様のご意見をお聞きする方式をとりました。

またコメントを控えておられた方々も、多くは今回の件には高い関心を示された事だと思います。

この話をまとめる前に、私がこの相談者のお母さんに宛てたメールを公開します。



コブが出来るほどバットで・・
信じられない話ですね。

そのお方の良識を疑います。
またこれは酷な物言いで恐縮ですが、それを黙認している周囲も理解できません。
ご主人のお考えも、私には到底理解出来ません。

愛情があるから叩く。これは否定ばかりするものではないかもしれませんが、
文面を読む限り、監督の個人的な癇癪から来るものにしか見えません。

気分次第の感が拭えないですね。
私に言わせれば、手を出すまでの問題には見えないのです。
愛情のカケラも見えてこないです。

指導者としての資質に疑問があるとしか思えないです。
子供達が怯え、萎縮してまでしながらやる野球にどんな意味があるのか?

大いに疑問を感じます。

前回の相手チームへの整列無視にも感じましたが、
(注釈↑: 自チームのグランドで練習試合を行い、結果は大敗。試合後は怒号交じりの説教が始まり、相手チームが整列し、挨拶をして帰ろうとしていても説教を止めず、役員がそれを知らせても無視・・ 相手チームを見送る事もせず、とても後味の悪い想いをされたそうです・・)

どうもこの監督は指導者としては欠陥がありすぎます。
問題を提起し、必要なら監督の更迭も視野に入れたほうが善いかもしれません。

他の保護者はどう思っているのか? まずはそこを知りたいところです。
おそらく。多くのお方は○○さんと同じ考えではないでしょうか?

もしそうなら連名で書面を渡すか、もしくは直接会談をされてもいいと思います。
それで話がこじれるようなら、所属する連盟に話を通すのもいいかもしれません。

いずれにせよ、これは放置すべき問題ではないと思います。
どこかで釘を打っておかないと、益々酷くなる懸念すら有ると思います。

監督が改めるか? 去っていただくか? この2点しか答えはないでしょう。

もし上記の2点が叶わず、現体制のまま進むしか道が無いなら、
○○さんだけでもチーム移籍をお考えになる事をお勧めします。

そうした監督の行為すら、自浄出来ないチーム体質なら、私はそうしたチームに魅力を感じません。

手厳しい事ばかり申し上げますが、『監督に言わないで・・』と言った息子さんが不憫でなりません。




これが私の考えです。

ちょっと難しいのですが、私は体罰を全て否定する訳ではありません。
条件付きで容認派かもしれません。

ただその条件というか許容範囲というか、線引きが各々で異なる。
ここが難しいというか悩ましいところなんですよね・・

私は自分の息子には、時に叩いて叱った事は何度かありますが、
他の家庭の子供さんを叩いた事は、昨年まで一度もありませんでした。

しかし今年に入り、選手を叩いて諭した事があります。

あれは今年の中体連前。
平日の部活に顔を出した時でした。

その時は顧問がノックを打っていました。
私がグランドに姿を見せても、選手は誰一人として私に挨拶をしませんでした。
主将のゲンジが本来なら最初に挨拶をするべきでしたが、
1年生も含め皆が知らん顔です。

練習終了後、私は2年生と3年生を全員集めました。
そして凄い勢いで叱りました。

以前からグランドに大人が来たら、誰であろうと挨拶をしろ。
そう言いきかせていたんです。
週末のクラブチームの練習では概ね出来ていた事が、
放課後の部活でどうして出来ないのか?

その事を烈火の如く指摘しました。

私は上部大会進出に執念を燃やし、またこの時は中体連の大一番の目前。
まして前週のクラブの重要大会を、無残な敗戦で終えていた。
そんな大事な時に、たかが挨拶一つ出来ない状態。

まずは主将のゲンジの頭を思い切り平手で叩きました。
主将ですから当然です。勿論、それは我が子だからこそ手加減せずに出来た事です。

次に他の3年生全員に一言づつ声をかけて、痛くない程度にコツンと叩きました。
そして2年生の中で、新チームで主将をやりたい子は手を挙げろ。
こう言いますと、2人の子が手を挙げました。

『主将をやりたい気持ちがあるなら、挨拶ぐらいは自分からしないとダメだ。』
こう言ってコツン と叩きました。

私は自分の目に涙が浮かんだのが判りました・・
叩きたくて叩いている訳じゃない。とても切ない気持ちだったんです。
でもそんな私を見て、叩かれた選手が同じように涙ぐんでいました。

私の想いが通じた・・ そう思ったら救われる気持ちになりました。


上の事例も、厳しいと感じる人もいれば、甘いと思うお方もいるでしょう。
ただ双方に信頼関係が築かれているなら、叩かれたほうも相手を恨む事は無いと思います。

しかし『叩き方』の度が過ぎるのはいけません。
ましてバットでコブが出来るほど というのは、どう見ても変です。

少年野球は勝つ事も大事ですが、野球を通じて多くの事を学ぶ要素もあります。

一人でも多くの選手が、野球によって心身共に成長してもらいたい。
また指導に携わる大人も、責任をもって取組んでほしい。

このエントリーが今後、何らかのお役に立てれば幸いです。



posted by ドラ夫 at 23:11| Comment(21) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。