2007年12月05日

6年生の体験入部

11月の下旬に6年生を対象にした体験入部が行われました。

これは毎年この時期恒例の行事で、学童部から中学部への移行をスムースに行うのが目的。
学童・中学部共に公式戦の日程は終了していますので、
合同練習を通して親睦を深め、6年生にも中学野球に慣れてもらう。

塁間も長くなり、ボールもC球からB球に変わる。
戸惑いもあるでしょう。まだ入団するかどうか? 悩んでいる子もいるかもしれない。

この日は中3のメンバーも参加したので、4学年分が揃う形になった。
当然ながら人数が多く、見ていて壮観でしたね^^
広いグランドも狭く感じるほどでした。

現在の6年生はゲンジが6年生の時の小3の子。
私も1年ですが彼らを指導した事になります。

久しぶりに対面しましたが、確かに顔つきも精悍になり、
体格も大きくなっていました。
当然ながら選手も私の事は覚えていてくれた^^

冗談を言い合い、緊張した気持ちをほぐしてやる。

アップを全員で行い、折角なので練習試合をする事にした。
体験の6年生と中3の選手を同じチームにし、
中1と中2の子で一つのチーム。面白い組合せだと思います^^

そして先発バッテリーは6年生の選手を起用してみた。
私は6年生・中3チームの監督として采配をふるいました。

勝ち負けではなく、現状でどんな動きを見せるか?
そこを見ておきたかったのです。

投手の子にはいきなりのB球で18mは厳しいと思い、
学童と同じ16mから投げるように言いましたが、
本人がそれを固辞。18mから投げる事に。

なかなかいい心掛けかもしれません^^
ただストライクが入るか心配でしたが・・

しかしそれほど崩れる事なく、ボールのコントロールは良かったです。
ただ中1と中2の先輩が相手ですから、やはり抑えるのは厳しかったですね。

捕手も当然ながら盗塁は刺せません。しかし動きは悪くなかった。
2イニングで6年生バッテリーは退かせ、その後はゲンジをマウンドに。

しかし自らのエラーでピリッとせず、時間の都合もあって4回で終了。
中1.中2連合軍が勝利しました^^

6年生には全員守備につかせて、打席も1回は打たせました。
小柄の子が多いのでまだまだですが、一部の選手は光るものも見せた。

監督もその辺りはしっかりチェックを入れていて、
早くもポジションの構想に入りそうな子も出てきそう。

学童の指導者も引率として参加していた。
私は試合後に6年生を集め、中学野球に対する取組みや心構えの話をしました。

あまり厳しい事は言わず、リラックスさせる事に終始しましたが^^

この学年は大会でもそれなりの成績を残してきた。
それだけに期待も大きい学年です。

体験入部で、まさか試合が出来るとは思ってもみなかったでしょうが、
そのせいか皆も笑顔でしたね。

来年の2月の練習始めの日には、
この日参加した選手全員、顔を見せてくれるのを期待しています^^



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。