2007年10月30日

背筋が凍る想い・・

土曜は雨が降り続けましたが、翌日の日曜は秋晴れでした。

硬式スクールの練習に参加しましたが、そこでちょっとヒヤリとする場面が・・

昼食後は打撃練習に入りました。
私は所用で1時間程その場を離れていました。

用事を済ませてグランドの戻ると、打席にはゲンジが。
そしてその直後、投球が頭部に直撃!

目の前が真っ暗になりました・・
ストレートでかなり速いボールだった。音もかなり響いた。
背中から倒れたゲンジ。バッタリと倒れている・・

慌てて皆が駆け寄る。だがゲンジはすぐに立ち上がった。

幸いな事に、投球はヘルメットのツバの部分に当たったとの事。
痛みは全く無かったそうです。

無事でなによりでした。一瞬心臓が止まるかと思いました。
軟球ならまだしも、硬球で頭部というのは、
幾らヘルメットを被っていても怖いものです。

偶然上手く避けられましたが、間が悪いと直撃でした。
人は己の身に危機を感じると、本能的・反射的に避けるものです。

ただその避け方にも上手い・下手があるかもしれない。

死球の避け方。これをチーム練習の中で取り入れているチームはあるのでしょうか?
私はこうした事を想定した練習には、関わった事はありません。
また考えた事もなかった。

一つ間違えば命にも関わる事かもしれません。
何かエピソードがあればお聞きしたいですね。

プロの場合、頭部への危険球は一発退場になる。
投手も意図的に投げる訳では決してなく、大概は手元が狂っただけ。

打者側も上手く避ける術を持っていれば、被害も少なくなるかもしれない。

私が子供の頃、プロ選手で避け方が上手いなぁ と思ったのは、
来季からヤクルトの監督に就任する高田繁さんですね。

背中から上手く倒れていたのを、何度か見た記憶があります。
清原選手などは、厳しい内角攻めで何度も死球を受け、大きな怪我に繋がった事もある。

死球の避け方、一考の価値がありそうです。


posted by ドラ夫 at 00:44| Comment(35) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

仕切り直し

予定されていた軟式の大会ですが、
台風による雨の影響で中止となってしまいました。

残念ですが、自然の力には逆らえないですね。
金曜の夜から降り続き、おそらくダメかも?
と思っていましたが、翌日も雨足が弱まる事はありませんでした。

11月中旬に延期となりますので、仕切り直しですね。
久々の3年生の試合。そして私の初采配? もあったので、
やりたかったのが本音ですが、1ヶ月後にお預けです^^

中止が決まった後、室内で練習を行いました。
練習後に3年生を集め、改めて気合を入れ直すよう伝えた。

一部の選手は硬式に進んでいたので、ここ最近は一緒に活動する機会も少なかった。
チームとしては準備不足と言ってもいいかもしれない。

また選手・保護者の間にも、この大会に対する意気込みに温度差もあった。
今回の中止、良い方向に切り替える事にしたい。

技術面・心理面をもう一度高めるチャンスと思いたい。
楽しみが先に延びた。そう思えばいい^^

試合は卒団式の前週。なんとか好成績で卒団式を迎えたいです^^
この先の1ヶ月、新たな目標が出来ました。

posted by ドラ夫 at 18:54| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

それぞれの想い

急に話を貰った軟式の大会、この週末に行われます。

3年生は中体連以来の揃い踏みです^^

私はなんとかベスト4以上を、何がなんでも叶えたい。

しかし・・ 肝心の選手、そして父兄の中には、

そこまでの想いを持っていない人もいます。

『 楽しめて、思い出に残ればいいでしょ』

あるお父さんにもこう言われた。試合に対する位置づけに温度差があります。

まぁ仕方がないかもしれません。試合が始まれば、きっと変わってくれるでしょう^^

天気が心配ですが、頑張ってきます!!

posted by ドラ夫 at 23:11| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

初采配 かも?・・

先日お伝えした、3年生参加の軟式の試合ですが・・

まだ正式に決まった訳ではありませんが、

私が采配を揮う事になるかもしれません (*_*;

取り敢えず、打順とポジションは私に一任されました。

ゲーム中の作戦は?? そこはまだ明確な話をしていませんが、

おそらく任せてもらえるかもしれません。

くどいですが、まだ未定です。 ^_^;

まぁ誰がやっても最善は尽くします^^ 当然ですが。

サインの出し方、一応練習しておきます。。。

2007年10月22日

今年は駅伝に出場します

マラソン大会は8位に終ったゲンジですが、
今年も駅伝の参加要請が学校からありました。

昨年より若干早い時期ですが、幾つかある大会のうち、
一番大きな大会への出場要請です。

昨年は色んな想いが交錯したのか、駅伝のお話は本人が断りました。
昨年書いた、『駅伝選手に推薦されましたが・・』 のエントリーは↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/29517049.html


去年は現役の野球部員という事もあり、
色んな気遣い等で辞退したようです。

今年も最初は乗り気ではありませんでしたが、
今年の陸上部は中距離の得意な選手が少なく、
是非にも助っ人に。との事でしたので、
多少の気兼ねはあるものの、そのお話を受ける事になりました。

一定の順位をクリアすれば、学校として更に上の大会へ出場出来ますので、
『勝ち』を狙った人選かもしれません。

3年生のゲンジですが、これから大会まで朝練と放課後練習にも参加します。

野球では叶える事が出来なかった、大きな大会への出場。
それを駅伝という種目でその舞台に立つ事が出来、私も素直に嬉しいです。

また身体を動かすトレーニングは、野球の練習にも繋がります。
この点も魅力の一つですね^^

先日は競技用のレーシングシューズも購入しました。
晴れの舞台ですから、用具面でもサポートを。と思いまして ^_^;

中距離は最も得意なので、大いに力を発揮してほしいです^^

2007年10月20日

中日ドラゴンズ 日本シリーズへ!



cdr.jpg


セントラルリーグのCS第2ステージは、中日が3連勝で巨人を退けました!
2年連続で日本シリーズ進出は、中日は球団史上初めての事。

この3日間、我が家は家族皆でテレビに噛り付いていました^^
私、そして私の両親は大の中日ファン。息子ゲンジは巨人ファン。

アレコレとボヤいたり喜んだりしながら、テレビを囲んで楽しかったです^^

ただ今年からセントラルでも導入されたチャンピオン・ステージですが、
やはりなんとなく釈然としませんねぇ・・

リーグを制したチームが日本シリーズに行くほうが、ハッキリして分かり易いです。
D党の私も素直に嬉しいですが、胴上げも無くいつもと違った雰囲気に戸惑いもある。

2007年のセントラル覇者は紛れもなく巨人。
中日はセの代表として日本シリーズへ駒を進めたわけですが、
今年こそ悲願の『日本一』を成し遂げてもらいたい!!

相手は昨年と同じく日本ハム。
昨年の悔しさを是非晴らしてもらいたい!

いい試合を期待したいです^^

2007年10月19日

悔しい8位 頑張った8位

今年も中学のマラソン大会がありました。

20キロ超に及ぶロングラン。
1年生から3年生まで一斉にスタート。男女別に順位を競います。

1年生の時は全校で10位 ↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/9934895.html

昨年は全校で4位。学年では2位 ↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/27489971.html

今年の目標はズバリ優勝! でした。

最高学年ですし、当然でしょう。
ただ・・ 中体連以降は平日の部活もなく、走り込みもご無沙汰。

また例年このマラソンは2年生が好成績を残す。
どうしてもこの時期の3年生、運動不足は否定出来ない。

身体がどこまで動くか? ここが焦点でした。
私は仕事でしたが、妻が応援に駆け付けました。
逐一メールで近況報告が入る。

しかし・・ やはり甘かったようです。

トップ集団には入っていたものの、次第に離されていく。
終盤は昨年と同じ4位を走っていました。
ここでアクシデントが!

ゴール手前1キロのところで足が痙攣・・
歩くのがやっとの状態になってしまった・・

後続に抜かれていく・・ 幸いゴール間近だったので、
なんとか歩きぬいてリタイアは免れたが、順位は8位。
タイムも昨年の5分落ちに終わる。

順位・タイム共に昨年を下回り、目標には及びませんでした。
でもよく頑張ったと思います。

本人も相当悔しがっていましたが、諦めない姿勢は褒めてあげました。
3年生ともなると、適度に手を抜きながら走る子が多いですが、
目標に向かって全力を尽くしたのは評価したい。

『持久力、かなり落ちてるね・・』 レース後に本人はこう語ったそうです^^
この冬は、もう一度は走り込みを続け、全盛の頃の持久力を取り戻したいですね^^

2007年10月17日

1日だけの復活

中体連の敗戦で、部活を引退してから四ヶ月が過ぎました。

翌日から1・2年生中心の新チームになり、
3年生は硬式に移籍した子。野球を取り敢えず中断した子。に別れた。

その時のエントリーにも、私は『中学軟式にピリオドを打ちました』
と書いたのですが・・・

しかしもう一度だけ、あの時のメンバーが揃って試合をするチャンスが巡ってきました。

晩秋のローカル大会に、3年生が参加出来る大会があり、
それに参加する事になったんです^^

『1日だけの復活』になりますが、とても楽しみです。

そして本当に今回こそ最後ですから、なんとか好成績を残して終りたい。
願わくば優勝! と言いたいですが、せめて3位は狙いたい!

来週から硬式が無い土日のどちらかは、軟式チームの練習に参加する。
異なるボールを扱うのは弊害があるのは理解している。

でもこの機会は逃したくない。選手も同じ想い。
今回の件は、1・2年生の保護者からもバックアップしてもらえる事になった。

下級生も一部の選手は試合に出るので、いい経験になるはず。
3年生はこれらの気持ちを無にしないよう、また楽しんで試合に臨んでほしい。

久々に揃うあの時のチーム。本当に楽しみです^^

2007年10月14日

『あと一人・・』まで行きましたが・・

およそ1ヶ月ぶりに硬式の練習試合がありました。
学校行事や雨で試合が組めない状況が続いていました。

今回はバスを借りて遠征。
バスの車中は選手同士も賑やかに過ごしていました^^
同じ釜の飯を喰う間柄になって3ヶ月。今では皆が友達です。

夜明け前に出発し、現地では3試合を組んだ。
今日はその3戦目のお話を・・

先発マウンドにはゲンジが上がりました。
前回の好投で株を上げたせいでしょう。

ただこの日は足に違和感を抱え、また直前の試合では捕手でフル出場。
スタミナに不安があったのですが。

いつものように打たせてとるピッチング。
高めは禁物。低め中心にコントロールするよう伝えました。

試合は淡々と進み、相手打線も手を焼いている。
ノラリクラリとかわす投球で、的を絞りきれていない感じ。
内野ゴロが続き、またこの日はバックもエラー無し。

回がどんどん進んでいき、ついに最終回を迎えた。
得点は2対0で自軍のリード。ゲンジはまだ無失点で切り抜けている。

しかも・・

まだ相手打線にヒットを許していない。
あと1イニングで大記録達成。私も身震いがしました。

そして簡単に2アウト。後一人・・・・

色んな事が頭をよぎりました。
まさかこんな内容になるとは、夢にも思わなかった。
ここまで来たらなんとか! そう思った矢先・・

最後にやられてしまった (>_<) 痛烈なヒットをついに許してしまう。
そして次打者にも外野に運ばれ連打。

ここで一気に緊張が切れ、崩れてしまうかと心配でしたが、
なんとか後続を打ち取りゲームセット。

偉業は目前で逃しましたが、終ってみれば被安打2の完封勝ち^^
予想を遥かに上回る結果に、ベンチからも賞賛の声が。

私もとても嬉しかった。学童時代は投手失格の烙印を押され、
中学軟式でも捕手のために登板機会は少なかった。

それがまさか・・ 完封勝利とは。
5年生以来の勝利投手。しかも偶然なのか、あの時も最後までノーヒット。
記録達成間際に2安打を許したところまで同じ。

面白い巡り合わせですね^^

試合後はゲンジを労いましたが、そこで意外な返答が・・

『惜しかったな。あと一人だったのに』 こう伝えると、
『えっ? なにが?・・』 と本人。

『ん?? お前ノーヒットに抑えていたの知らなかったの??』
『えっ? そうだったのか。知らなかったよ』 との返答^^

まるで記録の事など関心が無い様子でした ^_^;

よく投げたと思います。奪三振はゼロ。。。
バックもよく守ってくれました。

ストレートのMAXは 110〜115K。
決して速くはありませんが、コーナーを丁寧に攻めた結果でしょう。
変化球もうまく決まってました。

次の登板も期待ですが、捕手との絡みもあるのでどうなるか?
本人はどちらが希望なのか? 私は外野か内野がいいのですが。

どこでも勉強になるので、いずれにしても次の試合が楽しみです^^


2007年10月12日

久々の試合

今週は仕事や家庭で多忙な日々を過ごし、

ブログ更新が滞ってしまいました。申し訳ありません。

13日の土曜日は、ゲンジも久しぶりの試合になりそうです。

ここ2週続けて雨で試合を流していますので、私も楽しみにしています^^

ただゲンジのコンディションが気懸かり・・

ちょっとした理由で足を痛めています。

まぁ大した事ではないと思いますが、どうなるか?・・

試合場所は遠方です。硬式チームになって初めての遠征。

シーズンも残り僅かですから、大いに頑張ってもらいたいです!

posted by ドラ夫 at 22:20| Comment(13) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

新人戦は完敗・・

期待していた部活の新人戦ですが、残念ながら完敗でした。

良いところはほとんどありません。
『打てず・守れず』 といった内容。

ここまで完敗ですと、逆に切換えも早く済んだ。
思えば昨年の新人戦も同じような内容。
そこからドン底を経験して翌春を迎え、クラブの重要大会では接戦を演じ、
中体連では初戦に強豪を撃破。一瞬の夢が見れた。

昨年と違うのは、今年のチームは周囲の期待が大きい事。
事実ここまでは順調に来ていました。

昨年のチームは、期待される以前の状態。
『負けて当たり前』 といった雰囲気が少なからずあった。

同じ完敗でも昨年は 『やっぱりな・・』 という諦めがあった。
今年の場合は 『何故こんなところで・・』という失望。

勝てば次に対戦するはずだったチームの父兄から、
『まさか。と思ったよ・・』 と声をかけられてしまうほど。

これで重要大会は終わり。残るは小さなローカル大会のみ。
我々関係者、そして選手に多少の慢心があったかもしれない。

ここでもう一度気を引き締め、次の試合に臨みたい。

posted by ドラ夫 at 20:29| Comment(22) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

新人戦始まる

中学部活の新人戦がこの3連休に始まります。

6月の中体連では1勝を挙げた野球部。

その流れで今回の新チームもまずは初戦突破を狙いたい!

そして悲願の上部大会進出を是非にも果たしてほしいところ。

今週の放課後部活は、3年生も練習の手伝いに参加したらしい。

後輩達に自分達の想いを託したのでしょう。

土曜日はこの3年生達を引き連れ、私も応援に行きます。

頑張ってもらいたいです^^

2007年10月03日

『ホームランの打ち方を教えてください!』

先週の土曜日、硬式の練習があったのですが、
そこから少し離れたグランドで、学童野球の大会が行われていました。

練習の合間に少しだけ見学に行ったのですが、
偶然職場の同僚がいました。

部署が違うので、ほとんど話をした事がない人でしたが、
雑談をしていると息子さんは小学3年生とか。

私が野球に関わっている事は初めて知ったらしく、
あれこれ相談や悩み話を打ち明けられました。

まだ試合開始前だったので、息子さんを私に紹介してくれた。

『何か質問があったら聞きなさい』
同僚が息子にそう言うと・・

『ホームランの打ち方を教えてください!』
と元気な声で言いました。(^_^)

これには私もビックリ。そしてなんとなく笑みがこぼれた。
無邪気な質問のようにも思えますが、彼の目は真剣そのもの。

この場合の返答、色んな種類があると思います。
相手はまだ小3。しかも私は彼のスイングを見た事がない。

クソ真面目に技術論を展開するのは、この場合は的外れ。
『打ちたい!』という気持ちを尊重してあげたいところ。

でもこうした気持ち、なんだか嬉しいですよね^^
ホームランは子供にとって憧れでしょう。

純粋にそれを叶えたい。達成したい! という気持ちが伝わってきます。

『君はどうしてホームランが打ちたいの?』

『カッコいいからです!』

『ホームランって、打つの簡単? それとも難しい?』

『難しい・・・』

『じゃあ君はお家で素振りをしてるかな??』

『・・・・・ あまりしてない・・』

『そっか^^ じゃあまずはそこからだよ。 毎日お家で50回素振りをしようよ。そうすればホームランが打てるようになるよ。』

『ホントですか?』

『ああ。ホントだよ^^ 毎日努力をすれば、きっと打てるようになる。早速今日から実行してみよう』

『ハイ!!』


こんな感じのやり取りがありました。
彼は目標が出来ました。そしてそれを達成するには、
素振りが必要だという事が判ったはずです。

後はチームの指導者が上手く導いてくれるでしょう。

ゲンジが6年生の時の学童チーム、バントという作戦はありませんでした。
善い悪いをここでは言いません。そういうチームだったのです。

『小学生のうちはバットを思い切り振る野球を教えたい。小細工は中学からでもいいじゃないか。』

当時の監督さんのお話です。私もこの意見には今でも賛同している。
強い・弱い はあるでしょう。目指す目標もチームによって異なる。

バントを多用するのも否定はしない。むしろ高度な野球を
小学生段階で実行するのも有意義かもしれない。

でも原点である「フルスイング」 その究極の目標である、
「ホームラン」 を目指す野球も良いと思う。

技術論はその後からついてくるもの。
そして子供の成長に伴い、野球観も変わってくる。

学童の低学年レベルなら、バントをさせるより打たせたい。
私はそう思います。 

色んなご意見があるとは思いますが、
やはり子供はホームランが打ちたい。
その喜びを与えられる指導も良いのでは?

冒頭の同僚の悩みの一つがこれでした。
『バントや[待て] のサインで縛っているように見える』

監督さんの目指す野球があるんでしょうが、
この子が存分にホームランを狙える指導もあると良いのですがね。

ちなみに以前にも書きましたが、うちのゲンジに
『ホームランを狙え』 と言って送り出すと、
とんでもないクソボールに手を出します ^_^;

中学生はやはり欲が出るんでしょう。
学童とはどこか違うんですよね〜

それだけ考え方が大人に近いんでしょう。
操縦法が難しくなりました^^



posted by ドラ夫 at 02:24| Comment(24) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

体調管理に注意しましょう。

10月に入りましたね。
衣替えの季節になりました。

9月下旬には各地で30℃以上を観測。
残暑が厳しい日々が続きました。

当地は涼しいのが自慢の地域ですが、
それでも日中は暑かったですね。

しかしここ数日は雨のせいもあるのか、気温がグッと下がってきました。
朝夕はかなり冷え込み、半袖では寒いほどです。

寒暖の差が激しいと体調管理も重要になります。
そしてゲンジですが・・ 案の定、体調を崩してしまいました・・

声がガラガラしていたのですが、今夜ついにダウン・・
自主練もお休みにしました。

この時期は野球も重要大会を控えているご家庭もあるでしょう。
運動会や文化祭、遠足や修学旅行等、学校行事も多い。

ゲンジも薄着でうたた寝をしていたのが響いたようです。
油断というか、認識がまだまだ甘いですね。

見過ごしていた私も悪いのですが・・

季節の変わり目は風邪をひきやすいです。
皆様も子供さんの体調には十分にご注意を。


posted by ドラ夫 at 00:20| Comment(28) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。