2007年08月14日

格の違い

日曜日は軟式クラブの指導に出掛けました。

硬式スクールも当初は練習の予定でしたが、
私は最初から軟式のほうに顔を出すつもり。

ところが硬式のほうは急遽練習が中止・・
グランド確保が出来なかったのがその理由。

ジプシーチームなので仕方ないか?
この時期は硬球が使えるグランドは確保が難しい。

そこでゲンジをはじめ、硬式に行っている選手も
久しぶりに軟式の練習へ顔を出す事に。

扱うボールが異なるので、本来なら好ましくないかもしれませんが、
身体を動かすという意味合いで参加させた。

アップは一緒に行い、キャッチボールは硬球で行う。
軟式の監督の計らいで、トス打撃やその他のメニューも
下級生達と同じように練習させてもらえた。

この日のメインはシート打撃。
実際に選手を守備につけ、交代で打撃をしていく練習。

全体を4つの班に分けて、打撃と守備の両方をこなす。
打撃のほうは6人で行い交互に打つ。一人が3回打席に立てば交代です。

さてゲンジですが・・
3度の打席、全て柵越えの本塁打でした^^

投手は2年生の第2エース。変化球が持ち味の投手です。
だが現状ではゲンジには全く通用しませんでした。

1打席目に打たれた時は悔しい表情を浮かべていましたが、
3回目に叩きこまれた時は笑ってましたね。

ゲンジも久しぶりの軟球でした。バットも700g近辺の軽いもの。
これまでの900g超と比較すると、相当軽いでしょう。
当然、スイングスピードもかなり速い。

また守備ではマスクを被った。
リードする投手は、先日初めてマウンドに立ったA君。

まだ1塁牽制を本格的に教えていないので、
ランナーも通常より大きなリードをとってました。

キャッチャーにしてみれば、これは相当なハンデですが・・
ゲンジはそれをモノともせず、盗塁を試みるランナーを刺しまくっていました。

まぁランナーの足が遅いのもあるかもしれませんが^^

『おい! 秋の大会に出てくれよ(笑)』
と監督からも冗談でお願いされていた^^

攻守で格の違いを見せつけた形ですが、
1・2年生も何かを掴み、学びとってほしいもの。

中体連の敗戦から2ヶ月。もう遠い昔のように感じる。
久しぶりの軟式にゲンジは何を思ったでしょう?

練習中、ずっと笑顔で声を出していたのが印象的でした^^
もうすぐ硬式でも近隣シニアと練習試合が組まれる。
そちらも楽しみです。





ホットヨガでダイエット&デトックス!

お得な体験レッスン実施中!




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。